韓国の1月の【気温】と【服装】を冬休み・お正月の旅行出発前に確認

1月と言えば、年末年始の大型連休、学生は冬休みの時期のため、海外旅行へ出かけられる方も多いでしょう。

海外旅行の中でも注目される海外旅行先として、ソウルや釜山などの韓国旅行が人気ですね。

飛行時間も短く、近くて、旅行費用も比較的安く、短期間でも楽しめる韓国旅行へ行かれる方も多いでしょう。

  1. 韓国の1月の気温は何度くらいなの?
  2. 韓国の1月の天気は良いの、悪いの?
  3. 1月の韓国では雨や雪は大丈夫なの?
  4. 韓国の1月の気候はどれくらい寒いの?
  5. 1月の韓国での服装はどんな感じなの?
  6. 1月の韓国旅行での注意点は何かあるの?

1月の韓国旅行を予定している方の中には、上記のような疑問を持っている方も多いことでしょう。

そこで、以下では1月の韓国の気温、気候、天気、天候、旅行時の服装と準備、この時期の韓国のイベントや旅行情報を紹介します。

韓国の1月の気温

韓国の1月の気温は何度くらいなのか?

以下では、韓国の主要な各都市の年間の平均気温を概観して、韓国の1月の最高気温、平均気温、最低気温を紹介します。

また、1月の一ヶ月間の月内でも上旬、中旬、下旬では気温が異なるため、グラフと表で一ヶ月間の日ごとの最高気温と最低気温も紹介します。

韓国の年間の平均気温

上のグラフはソウル、釜山(プサン)、済州(チェジュ)、仁川(インチョン)の各都市の月別の平均気温についての一年間の推移を示しています。

また、韓国と日本の平均気温の違いが分かりやすいように、東京の平均気温を併せて比較しています。

年間を通して見ると、韓国の気温の特徴として、秋から冬に掛けて、随分と気温が低くなっていることが分かりますね。

韓国の1月の気温

韓国の1月の最高気温・平均気温・最低気温

1月ソウル釜山済州仁川東京
最高気温1.48.08.21.09.6
平均気温-2.43.25.7-3.05.2
最低気温-6.1-0.23.5-5.70.9

上表はソウル、釜山、済州、仁川の1月の月平均の最高気温(℃)、平均気温(℃)、最低気温(℃)です。

また、韓国と日本の気温差の違いが分かりやすいように、東京の1月の気温を併せて比較しています。

韓国の1月の気温の特徴

  1. ソウルや仁川などの韓国北部の都市の最高気温は1度~2度程度
  2. ソウルや仁川などの韓国北部の都市の最低気温は-6度前後と寒冷
  3. 釜山や済州島の最高気温は8度程度と比較的温暖
  4. 釜山や済州島の最低気温も0度~3.5度
  5. 東京と比べ、韓国各都市(済州島除く)は最高・平均・最低気温のいずれも低い

韓国の1月の気温の推移

韓国の1月の気温は上旬、中旬、下旬でどれくらい違うのか?

以下では、韓国の1月の日ごとの最高気温と最低気温の一ヶ月間の推移を見てみましょう。

ソウルの1月の気温の推移

ソウルの1月の気温の推移

ソウルの1月の一ヶ月間の日ごとの気温の推移

グラフはソウルの1月の上旬、中旬、下旬の日ごとの最高気温と最低気温の1ヶ月の推移(2018年実績)を示しています。

また、ソウルと日本の気温の違いが分かるように、東京の最高気温と最低気温と比べています。

ソウルの1月の気温は一週間単位くらいの間隔で大きく上がったり下がったり気温差が大きいことが分かりますね。

ソウルの1月の上旬・中旬・下旬の気温
ソウル最高気温最低気温
1月上旬1.1 (-8.9)-6.6 (-7.9)
1月中旬3.4 (-6.1)-4.4 (-5.4)
1月下旬-3.5 (-12.8)-12.1 (-12.8)
ソウルの1月の気温の特徴
  1. ソウルの1月の上旬と下旬の気温差は4度~5度程度
  2. 最高気温と最低気温の気温差は8度~9度程度
  3. ソウルの1月の気温は週間で上下に変動する
  4. 1月のソウルと東京との気温差は-6度~-13度
  5. 1月にはソウルではほぼ毎日氷点下になるほど極寒

釜山の1月の気温の推移

釜山の1月の気温の推移

釜山の1月の一ヶ月間の日ごとの気温の推移

グラフは釜山の1月の上旬、中旬、下旬の日ごとの最高気温と最低気温の1ヶ月の推移(2018年実績)を示しています。

また、釜山と日本の気温の違いが分かるように、東京の最高気温と最低気温と比べています。

釜山の1月の気温も一週間ごとに気温が大きく上がったり下がったり寒暖差が大きいことが分かりますね。

釜山の1月の上旬・中旬・下旬の気温
釜山最高気温最低気温
1月上旬7.4 (-2.6)-0.8 (-2.1)
1月中旬8.3 (-1.2)-0.2 (-1.2)
1月下旬4.3 (-5.0)-5.5 (-6.2)
釜山の1月の気温の特徴
  1. 釜山の1月の上旬と下旬の気温差は3度~4.5度程度
  2. 最高気温と最低気温の気温差は8度~10度
  3. 釜山の1月の気温は一週間ごとの寒暖差が大きい
  4. 1月の釜山と東京との気温差は-1.2度~-6.2度程度
  5. 1月には釜山でも氷点下になる日が多い

韓国の1月の雨の状況

韓国の年間の降水量

韓国のソウルの降水量

韓国のソウルの月別の降水量の年間推移

グラフは韓国の降水量の一例として、ソウルの月別の降水量(mm/月)の一年間の推移を示しています。

また、韓国と日本の降水量の違いが分かりやすいように、東京の月別の降水量を併せて比較しています。

ご覧の通り、韓国北部では夏に雨が多く、冬には雨が非常に少なくなることが分かりますね。

韓国の1月の降水量

1月ソウル釜山済州仁川東京
降水量2137652652

表はソウル、釜山、済州、仁川の各都市の月別の降水量(mm/月)を示しています。

また、韓国と日本の1月の降水量の違いが分かりやすいように、東京の1月の降水量を併せて比較しています。

韓国の1月の雨の状況

上表をご覧の通り、韓国の1月の降水量は非常に少なく、東京と比べて、チェジュ以外の都市では降雨が随分と少ないことが分かりますね。

  1. ソウル、釜山、仁川での1月の降水量は非常に少ない
  2. 済州での1月の降水量は東京と同じ程度

韓国の1月の気候

  • 亜寒帯冬季少雨気候
  • 温暖湿潤気候

上記は韓国の気候区分(ケッペンの気候区分)で大きく2つの気候の特徴があります。

韓国は各都市により地理的な条件が異なるため、それぞれの都市の季節ごとの気候や天気も各地域で違います。

例えば、韓国北部に位置するソウルや仁川などの都市は北海道や東北地方と同じ気候区分に属しており、一方、韓国南部の釜山や済州は日本の本州と同じ温暖湿潤気候に属しています。

一般的に、韓国は夏期には暑く、冬期には非常に寒さが厳しいとされています。冬期の韓国の各都市では氷点下になることが多く、積雪になる都市もあります。

その一方で、沿岸沿いの都市は冬でも比較的暖かく、防寒具が必要ないくらい気温が高めで過ごしやすい都市もあります。

韓国の1月の気候は一年でも気温が最も下がる時期で、寒さが非常に厳しくなります。一方、済州島では東京など同じく、そこまで寒さが厳しくなることはありません。ただし、沿岸部のため、日によっては風が強いのが特徴。

以下では、1月の気候に適した現地の服装について詳しく紹介します。

韓国の1月の服装

韓国の1月の服装選びのポイント

韓国の1月は一年の内でも最も気温が下がり、ソウルなどではマイナス20度になるくらい寒さが厳しくなる日があります。

また、上記で確認したように、1月の気温は一週間間隔で変動して、東京と同じくらいの日もあれば、凍りつくような寒さが到来することもあります。

このような現地事情を考慮すると、服装選びのポイントは気温が下がり最も寒くなった時に備えることでしょう。

一般的な冬の装いに加えて、足元からの寒さ対策として、女性の場合はレギンス、男性の場合はパンツの中に穿けるようなロングタイツを持っていくことをおすすめします。

また、体の芯から冷えるのを防ぐためにヒートテックは必須でしょう。外出時には重ね着ができる服が便利で、室内では脱ぎ着がしやすい服で体温調整ができるとよいでしょう。

以下では、韓国現地の気候に適した服装の目安やコーデを画像を交えながら紹介します。

韓国の1月の服装の目安

アウター

  • ロングコート
  • ダウンコート
  • ダッフルコート
  • フード付きコート

トップス

  • ウールセーター
  • ハイネックセーター
  • ニットカットソー

ボトムス

  • 厚手のロングパンツ
  • ジーンズ
  • ニットワンピース&レギンス

  • ロングブーツ
  • ハーフカット

その他

  • マフラー
  • 手袋
  • ニット帽

韓国の1月の行事と旅行情報

韓国の1月の主要な行事やイベントは、下記の通りです。

  • 旧正月/ソルラル(1月中旬~、旧暦に基づき年により異なる)

年末年始は韓国では連休ではなく、1月1日のみが祝日休みとなります。

この時期には日本からの海外への航空券の値段は高騰する時期ですが、韓国では特に年末年始の大型連休はありません。

そのため、現地では特にホテルは繁忙期にあたるわけではないため、宿泊料金が高くなるということもないでしょう。

お正月時期の韓国行きの航空券は数ヶ月前から予約が埋まってしまうため、直前での予約は非常に難しくなりますので、この時期に韓国旅行をする予定の方は事前予約が必須です。

逆に言えば、お正月明けの予約は取り易く、航空券の運賃やホテルの宿泊料金もそこまで高くはありません。

また、韓国ではお正月休みといえば、旧暦に基づく旧正月(ソルラル)になります。旧正月は1月下旬から2月上旬と、旧暦により決まるため毎年異なります。

旧正月の時期は韓国では繁忙期になりますので、航空券もホテルも高騰するけいこうですので、韓国旅行は控えたほうがよいかもしれません。

新年が明けて、年始の休みが終わった頃には、航空券やホテルの料金も値下がりすることが多く、同時にこの頃から冬のセールスが始まります。

上手に日程を組み合わせれば、セールス価格で格安で冬季の商品を手に入れられるチャンスです。是非、韓国のお得な旅行にチャレンジしてみてください。

この記事が韓国旅行の計画の一助となり、みなさまの韓国旅行が充実した楽しいものになることを願っています!

その他の時期の韓国の気候と服装を確認

ここまで、ご覧頂きありがとうございます。 最後に、海外旅行を予定している方へ向けてですが、持ち物の準備は進んでいますか? もし、まだ旅行の準備が終わっていないようでしたら… コンパクトに海外旅行で必要なものだけに絞って、持ち物リストを作ってみましたので、ご覧ください。

海外旅行の持ち物
海外旅行の際の機内持ち込み手荷物とスーツケース(受託手荷物)に分けて、必要なもの、持って行くと便利なもの、持って行かなくてもよいものを紹介します。海外旅行の準備で持っていくべきか迷わないように詳しく解説します。

シェアする

フォローする