ソウルの季節別天気(気温/降水量)|服装と旅行前の準備のポイント

ソウルの気候と地理概要

  • 気候:亜寒帯冬季少雨気候(Dwa)
  • 緯度:北緯37.57度
  • 経度:東経126.95度
  • 高度:標高86m

ソウルの天気(気温と降水量)

ソウルの気温

  • 春:3月下旬~6月
  • 夏:7月~8月
  • 秋:9月~11月
  • 冬:12月~3月下旬

ソウルは 新潟県(新潟市)とほぼ同緯度にあたりますが、東京と同じように夏は暑く、冬は寒い気候になります。ところが、ソウルの7月と8月の降水量は日本のどの都市よりも多く、蒸し暑くなるのが特徴です。

例年5月~8月くらいまでは東京と同じような気温と考えてよいでしょう。また、ソウルは東京と比べると春の到来は少し遅く、秋の到来は少し早くなります。

そして、冬は東京よりも気温が下がり、東京を基準にすると11月~3月月くらいまでは北海道や東北地方の冬の時期と同じくらい寒く冷え込みます。また、ソウルの12月~2月までの平均最低気温は氷点下になり-6度まで下がりますので、朝晩の冷え込みは厳しくなります。

ソウルの降水量

ソウルの年間の天気のまとめ

  • 一年で最も暑い時期は8月で平均最高気温は30度を超える
  • 12月~2月の冬の時期の平均最低気温は-3度~-6度と氷点下
  • ソウルは東京と同様に夏期は暑さが厳しく冬は寒さが厳しいのが特徴
  • 気温の面で最も過ごしやすい時期は4月、5月、10月
  • 年間を通して最も降水量が多いのは7月と8月
  • 秋から春までの時期(10月~4月)は雨が少ない
  • 特に7月と8月の時期は豪雨になり東京の2倍くらいの降水量

ソウルの気温と降水量の統計データ

 最高気温平均気温最低気温降水量
1月1.4-2.4-6.121
2月5.30.6-2.925
3月10.85.71.747
4月17.512.57.863
5月24.017.813.9106
6月28.022.219.2133
7月28.924.922.5373
8月30.325.723.3364
9月26.521.218.1169
10月20.614.811.052
11月11.87.23.853
12月3.50.4-4.023

ソウルへの旅行前のチェックポイントと服装

ソウルを旅行する場合、旅行に最適なベストシーズンは4月~5月、10月~11月で、12月から2月までの冬の時期は日本の東北地方や北海道と同じくらい寒さが厳しくなりますので、この時期に旅行へ行く場合は防寒具が必要になります。

特に夏の時期は日本では考えられないくらい、雨が多く降りますので、旅行日程を組む場合は降水量にも注意しましょう。ソウルの梅雨の時期は6月下旬から7月までの約1ヵ月間程度続きます。

冬の時期(12月、1月、2月)にソウルを旅行する場合は、雪が降る日も多くなります。特に、一年のうちで最も寒さが厳しい1月には氷点下になる日が多くなりますので、気温も東京よりもかなり低くなります。

そのため、一旦雪が降り始めると積雪になりやすく、積もった雪は解けにくいというのがソウルの冬の降雪に関する特徴です。そして、積雪日も東京と比べると多くなり、年間では25日から30日程度が降雪日とされています。

ソウルを旅行する場合の服装

3月下旬~5月

3月下旬頃から冬の寒さが緩み、徐々に春の到来を迎えます。そして4月になると更に気温が上がり春らしくなります。そして、4月中旬以降になるとソウルでも桜が開花し花見の時期になります。

ただし、日中は暖かい日が続いたとしても、朝晩は寒くなりますので、薄手のニットやカーディガンなどの温度調節がしやすい服装がよいでしょう。

また、5月になると平均最低気温は14度程度に対して、平均最高気温は24度になり、日中の寒暖差は10度と大きくなります。そのため、5月は日中はTシャツでも過ごせる日が多くなりますが、長袖シャツや薄手のニットが一枚あると快適でしょう。

6月~8月

ソウルでは6月下旬頃から7月まで約1ヶ月近く梅雨の時期が続きます。この時期にソウルを訪れる場合や7月や8月までは梅雨の影響と豪雨の心配があり降雨が非常に多くなります。そのため雨具の用意は必須です。

7月下旬頃になると梅雨が明け、本格的な夏の時期に突入します。梅雨が明けても豪雨になりやすく、ソウルの地形は京都と同じように3方向が山に囲われており地理的に盆地状になっています。

そのため、ソウルの夏の時期は高温多湿で緯度の割には気温が高くなり、雨も多いため蒸し暑くなります。7月と8月はこのような気候の特徴のため、半袖とショートパンツなど風通しの良い服装が快適でしょう。

9月~11月

ソウルの秋の時期以降は、移動性高気圧が上空を覆い比較的乾燥した大気に覆われます。そのため、晴れの日が多くなります。雨の日が少なくなり空気が乾燥するため湿度も比較的低めになります。

そして、ソウルを旅行するには9月から11月までの秋の時期がベストシーズンになります。特に、10月下旬~11月までがソウルでは紅葉シーズンになります。

この時期の服装は、9月は秋の時期とは言え、まだ残暑が厳しく、10月になるとようやく暑さが癒え始めます。そのため、9月は日中は半袖でもOKですが、朝夕は長袖シャツなどの上に羽織る服を用意しましょう。

10月になると長袖シャツで丁度良く快適に過ごせます。また、11月になると、朝晩は寒く感じる日も多くなりますので、ジャンパーや薄手のダウンジャケットがあると安心でしょう。

12月~3月

ソウルの冬の時期は、シベリア高気圧が上空を覆い空気が乾燥し気温が低くなるのが特徴です。1月には最高気温でも氷点下になる日も多くなり、寒さが厳しくなりますので、防寒具の対策が必要になります。

韓国では冬の時期は屋内はオンドルという独特の暖房設備によって暖められ部屋の中は乾燥しておりますので、乾燥した空気が苦手な方はマスクなどの準備も必要でしょう。

屋内と屋外の気温差で体調を崩さないように、防寒具の対策は必須になります。またソウルの冬は、積雪量は少ないものの1月には雪が降ることを前提に服装の準備をしましょう。

ソウルの冬の時期に旅行する場合は、ダウンジャケットなどの厚手の上着、ボトムスは厚手の生地のもの、あるいはズボンの下に履くタイツやパッチなどを用意しておくと底冷えを避けられます。ソウルではこのような寒い天気は2月末から3月上旬頃まで続きます。

韓国の他の都市の年間の気候と旅行時の服装を確認してみましょう!

ここまで、ご覧頂きありがとうございます。 最後に、海外旅行を予定している方へ向けてですが、持ち物の準備は進んでいますか? もし、まだ旅行の準備が終わっていないようでしたら… コンパクトに海外旅行で必要なものだけに絞って、持ち物リストを作ってみましたので、ご覧ください。

海外旅行の持ち物
海外旅行の際の機内持ち込み手荷物とスーツケース(受託手荷物)に分けて、必要なもの、持って行くと便利なもの、持って行かなくてもよいものを紹介します。海外旅行の準備で持っていくべきか迷わないように詳しく解説します。

シェアする

フォローする