海外旅行の持ち物

みなさん、海外旅行の準備は進んでいますか?

旅行前日に慌てて準備すると、思わぬ忘れ物をしたり、機内に持ち込めないものを機内持ち込み手荷物に入れてしまったりと、トラブルの原因になってしまいます。

そのようなことにならないように、機内持ち込み手荷物とスーツケース(預け入れ受託手荷物)に分けて、海外旅行の際の持ち物をリストにしました。

みなさんの海外旅行がより楽しいものになり、充実した旅になれば、とてもうれしく思います。

機内持ち込み手荷物

必要なもの

パスポート

パスポートは自宅を出る前に必ず再確認しましょう。

出発前にパスポートの有効期限が十分か確認しましょう。

ビザ(査証)

ビザの取得が必要な国へ行く場合は事前に確認し取得しましょう。

手続きをする時間がない場合は代行会社に依頼することもできます。

海外旅行保険保険証

海外旅行保険はクレジットカードで代用が可能ですが、保険の不足部分は加入しましょう。

パスポートのコピー

パスポートの紛失のトラブルなどに備えてパスポートのコピーは取っておきましょう。

航空券

航空券はスマホでも対応していますが、スマホの紛失や故障も考えられます。

そのような場合のために紙のコピーも用意しておきましょう。

現金(日本円)

日本国内での往復交通費と空港での食事代などのために必要分だけ用意しましょう。

海外で現金の大金を持ち歩くのは非常に危険です。

財布

財布は2つに分けておくと、セキュリティー上、安全です。

重要なクレジットカードなどを入れた財布はポケットに入れないようにしましょう。

クレジットカード

クレジットカードはカードトラブルに備えて複数枚持って行きましょう。

海外旅行保険が付帯したクレジットカード便利でお得です。

海外旅行の現地での現金の調達はクレジットカードによる海外キャッシングが便利でお得。

スマホ

スマホは様々なシーンで役立ちますので忘れずに。

スマホで代用できるものを、下記に挙げておきます。

  • カメラ
  • 電卓
  • 懐中電灯
  • 音楽プレーヤー
  • 航空券
  • その他多数

歯ブラシ・歯磨き粉

長時間のフライトの場合は手荷物に入れておくと、すぐに取り出せて都合がいいですよ。

筆記用具・メモ帳

入国カードの期中などにはボールペンが必要になりますので、手荷物に一本入れておきましょう。

ビニール袋、ジップロック

機内持ち込み手荷物として、液体(化粧品)のものなどを持ち込む場合は必須です。

持って行くと便利なもの

ノートパソコン

現地でスマホでは対応できない仕事などをする場合はパソコンを持って行きましょう。

海外プリペイドカード

海外プリペイドカードはもしものために現金の代用として利用できます。

セキュリティポーチ

肌身離さず持ち歩くための服の下に隠しておくポーチです。

パスポートなどはホテルのセキュリティーボックスに預けますが、信用できない場合は自分で持ち歩きましょう。

タオル

出来ればタオルを一本、かばんに入れておきましょう。

長時間のフライトでは、顔を洗ったり、歯を磨いたりする時に重宝します。

ポケットティッシュ

何かと、ポケットティッシュはあると便利です。

リップクリーム

飛行機内は乾燥しますので、気になる方はリップクリームをかばんの中に入れておきましょう。

マスク

飛行機内は乾燥しますし、他人の咳が気になる方はマスクを持って行きましょう。

現地到着後、場合によっては街が埃っぽいことも多いですよ。

コンタクトレンズ(保存液)・眼鏡

コンタクトレンズや眼鏡を使う方は、機内持ち込み手荷物として持って行きましょう。

コンタクトレンズの保存液は液体物のため、ジップロックなどに入れます。

化粧品

女性の方は化粧品も機内持ち込み手荷物のかばんに入れておきましょう。

長時間のフライトの場合は洗顔料やメイク落としも持ち込みましょう。

カメラ

スマホで代用できますが、写真や動画を多く撮影するばあいは持って行きましょう。

スマホの充電切れなどの際には助かりますよ。

帽子

普段は帽子を使わない人も海外旅行では何かと重宝します。

雨や風などが強い場合には帽子一つあるだけで一時しのぎが出来ます。

サングラス

必要な方は持っていきましょう。

ガイドブック

ガイドブックはスマホでも代用できる場合もありますが、軽い本であれば持って行っても良いでしょう。

電子辞書

スマホで代用できますが、外国語に興味がある方は持って行ってもよいかもしれません。

折畳傘

現地の空港に到着早々に雨だったという時に備えて、折り畳み傘は持ち込み手荷物で持って行きましょう。

トラベル枕(首用)

長時間のフライトの予定の方はあると随分と楽になります。

腕時計

スマホで代用できます。

高額な腕時計は盗難に遭いやすく、狙われやすくなります。

持って行かなくてもいいもの

現地通貨

現地の空港にある銀行で小額の両替をしましょう。

現地のATMで海外キャッシングをすることをおすすめします。

多額の現金(日本円)

多額の現金を持っていくのは控えましょう。

盗難や置き引きに遭ってしまった場合には戻ってきません。

スーツケース(受託手荷物)

必要なもの

スーツケース

旅行目的により、最適なスーツケースを選びましょう。

一人旅の場合は登山用リュックが移動する時に便利です。

衣服

着替えの枚数は滞在日数を考慮して決めましょう。

持って行く主な衣類は下記の通りです。

  • 上着
  • ズボン・スカート
  • 下着
  • 靴下
  • 防寒具(マフラー、手袋、ニット帽:必要な場合)
  • ルームウェア

履物(靴・スリッパ)

旅行先に適した履物を持って行きましょう。

寒い国の場合はブーツなど、暑い国の場合はサンダルやビーチサンダルも持って行きましょう。

アメニティグッズ

  • ヘアーブラシ
  • 石鹸・ボディソープ
  • シャンプー・リンス
  • 整髪料

ドライヤー・ヘアーアイロン

一般的には、ホテルに備えられていますが、ヘアーアイロンが必要な方は持って行きましょう。

紫外線・日焼け止め

紫外線が強く、暑い国へ行く場合は持って行きましょう。

生理用品(女性)

現地でも調達可能ですが、日本製のものがよい場合は持って行きましょう。

髭剃り(男性)

ホテルに備え付けられていない場合もあります。

カミソリは現地調達も可能です。

持って行くと便利なもの

目覚まし時計

スマホで対応可能です。

電源プラグ変換アダプター

パソコンやスマホを持っていく場合、電圧やプラグが異なる国では必要になります。

海外Wi-Fiルーター

いつでもインターネットをサクサク使用したい場合は海外専用のものをレンタルしましょう。

おすすめ海外WiFiルーターの詳細

水着

ホテルのプールやビーチで海水浴をする予定の場合は持っていきましょう。

なお、プールの使用時は水泳キャップが必須の場合もあります。

虫除けグッズ

暑い国へ行く場合は感染症防止のためにも、蚊などの虫刺されに注意しましょう。

ビニール袋

買い物時のビニール袋を何袋か持って行くと、荷物の小分けをしたりするなど役立ちます。

ゴム・紐

ゴムや紐もあると便利なグッズです。

旅行目的にもよりますが、滞在が長くなる場合は、紐を持っていくと洗濯物の部屋干しをする時に役立ちます。

持って行かなくてもいいもの

大量の衣類

滞在日数以上に過剰な衣服は持っていかなくても大丈夫でしょう。

現地で下着や靴下くらいは洗えば、荷物を少なくできますので工夫しましょう。



シェアする

フォローする