オーストラリアの2月の気温と服装は?豪州の天気や気候に合った装い

オーストラリアの2月の気温と服装について、気象統計データや現地の気候を参考に詳しく紹介します。

2月には真冬の寒い日本を離れて、夏から秋に移り変わろうとしているオーストラリアへの旅行を計画してみてはいかがでしょうか?

そこで、2月のオーストラリアの各都市の天気と気温、旅行時の服装と準備、この時期のオーストラリアのイベントやちょっとした旅行情報をご紹介します。

この記事のポイントを最初に挙げておくと、下記のようになります。

  1. オーストラリアの2月の気温は15度~33度程度
  2. オーストラリアの2月の降水量は26~454mm/月
  3. 2月のオーストラリアの気候は都市によって大きく違う
  4. オーストラリアの2月の服装は夏の装い+羽織ものでOK

 

オーストラリアの2月の気温

オーストラリアへ2月に旅行をする予定の方にとって、現地の気温や天気は旅行前に最低限知っておきたいことですね。

以下では、オーストラリアの東西南北の主要な各都市の気温(最高気温/平均気温/最低気温)に関する気象統計データをもとに、分かりやすいグラフと表にまとめましたので参考にしてみてください。

オーストラリアの年間の平均気温

グラフはオーストラリアの主要都市である、シドニー、ブリスベン、メルボルン、ケアンズ、パースの各都市の月別の平均気温の一年間の推移を示しています。

また、日本との比較がしやすいように、東京の月別の平均気温との対比で、気温の違いが一目で分かるようにしてあります。

オーストラリアと日本の気温は南半球と北半球では全く反対になっていることがよく分かりますね。

オーストラリアの各都市の2月の気温

2月シドニーブリスベンメルボルンケアンズパース東京
最高気温27.028.727.331.533.010.4
平均気温22.924.819.827.424.65.7
最低気温20.121.114.924.118.31.7

オーストラリアの2月の気温の特徴

  • オーストラリアの2月の最高気温は27度~33度程度
  • オーストラリアの2月の最低気温は15度~24度程度
  • 南半球の豪州では2月は夏の時期で比較的暑い都市が多い
  • 夏のオーストラリアでは多くの都市で東京と比べ20度以上高い

オーストラリアの2月の気温の推移

みなさん、豪州旅行にはいつごろ出発されるか、もう決めましたか?

2月のオーストラリアでは地域により気温の変動が大きい都市とあまり変動がない都市があります。

以下では、観光地として人気が高い「シドニー」と「ケアンズ」について、オーストラリアの2月の1ヶ月間の気温の推移を紹介します。

下記の気温は2月1日~28日までの日ごとの過去の最高気温と最低気温の平均値です。

オーストラリアと日本では、気温差がどれくらい違うのか分かりやすいように、東京の最高気温と最低気温で比較しています。

シドニーの2月の気温の推移

シドニーの2月の気温の推移グラフ
シドニーの2月の気温の推移

シドニーの2月の日ごとの気温の推移

シドニーの2月の上旬・中旬・下旬の最高気温と最低気温

下表はシドニーの2月の上旬、中旬、下旬の最高気温と最低気温で、(カッコ)内は東京との気温差を示しています。

シドニー最高気温最低気温
2月上旬26.9 (+17.0)18.5 (+17.3)
2月中旬29.6 (+19.1)21.4 (+19.6)
2月下旬27.3 (+16.4)18.7 (+16.5)
上旬・中旬・下旬の気温差

シドニーでは2月の上旬と下旬では2℃~3℃の気温差しかないことが分かりますね。

最高気温と最低気温の気温差

2月のシドニーでは最高気温と最低気温では8℃~9℃の気温差があります。日中と朝晩との寒暖差も小さい時期ですが、朝晩はやや涼しく感じる日もあるでしょう。

シドニーと東京の気温差

東京とシドニーを比べると16℃~19℃の気温差がありますので、冬の日本から夏のオーストラリアへ到着すると、東京との気温差によって暑く感じることでしょう。

ケアンズの2月の気温の推移

ケアンズの2月の気温の推移のグラフ
ケアンズの2月の気温の推移

ケアンズの2月の日ごとの気温の推移

ケアンズの2月の上旬・中旬・下旬の最高気温と最低気温

下表はケアンズの2月の上旬、中旬、下旬の最高気温と最低気温で、(カッコ)内は東京との気温差を示しています。

ケアンズ最高気温最低気温
2月上旬30.9 (+21.0)23.1 (+21.9)
2月中旬31.9 (+21.4)23.1 (+21.3)
2月下旬31.0 (+20.1)24.0 (+21.8)
上旬・中旬・下旬の気温差

ケアンズでは2月の上旬と下旬では気温差がほとんどないため、上旬と下旬では寒暖差を感じないでしょう。

最高気温と最低気温の気温差

2月のケアンズでは最高気温と最低気温では7℃~9℃の気温差がありますが、日中と朝晩では寒暖差を感じる日は少ないでしょう。

ケアンズと東京の気温差

ケアンズは東京と比べると、20℃~22℃もの気温差があるため、冬の日本から常夏のケアンズに到着時には非常に暑く感じることでしょう。

 

オーストラリアの2月の天気

海外旅行が充実したものになるのかどうかは現地の天気が最も影響するのではないでしょうか?

そこで、以下ではオーストラリアでの雨の状況を、オーストラリア各地の年間の降水量と2月の各地の降水量をまとめてみましたので参考にしてみてください。

オーストラリアの年間の降水量

グラフはオーストラリアのシドニー、ブリスベン、メルボルン、ケアンズ、パースの各都市の月別の降水量について、一年間の推移を示しています。

オーストラリア各都市と日本との雨の状況の違いが分かりやすいように、東京の降水量を併せて表示しています。

年間を通して、東京と比べると、ケアンズ以外の都市では降水量が比較的少ないことが分かりますね。

オーストラリアの2月の降水量

2月シドニーブリスベンメルボルンケアンズパース東京
降水量121140444542656

※上表は一ヶ月間の降水量(mm/月)を示しています。

  • シドニーの2月の降水量:121mm/月
  • ブリスベンの2月の降水量:140mm/月
  • メルボルンの2月の降水量:44mm/月
  • ケアンズの2月降水量:454mm/月
  • パースの2月降水量:26mm/月

オーストラリアの2月の降水量の特徴

  • 豪州の2月の降水量は26~454mm/月
  • 豪州の2月の降水量は各都市で全く異なる
  • 豪州の北部エリアでは雨が非常に多くなる

 

オーストラリアの2月の気候

  • シドニー :温暖湿潤気候
  • ケアンズ :熱帯モンスーン気候
  • パース  :地中海性気候
  • タスマニア:西岸海洋性気候

オーストラリアの気候区分は、各地で地理的条件が違うため、上記のように大陸のエリア区分や都市により異なります。

ご存知の通り、オーストラリア大陸は東西に広いだけではなく、南北にも広いのが地理的な特徴です。

オーストラリア大陸の最北端は赤道のすぐ南に位置していますが、最南端はどうでしょうか?

オーストラリア最南端の緯度は南北の違いはありますが、日本に例えると、東北地方に相当するほど南緯の緯度は高くなります。

そのため、オーストラリア大陸では最北端の都市と最南端の都市では地理的条件が全く異なり、それぞれの都市で様々な気候を形成しており、同時期でも季節が全く異なります。

例えば、冬でもオーストラリアの最北端では海水浴が楽しめる都市もあれば、緯度の高い南部エリアでは積雪がありスキーが楽しめたりします。

オーストラリアでは旅行をする都市により様々な自然を体感でき、バラエティに富んだ楽しみ方が出来るのがオーストラリアの魅力でしょう。

それでは、オーストラリアの2月の気候は、どのような感じなのでしょうか?

オーストラリアは南半球のため、北半球の日本とは全く反対の季節になります。

2月のオーストラリアは夏の時期の真っ最中となり、各都市とも一年で最も気温が高い時期にあたります。

ただし、上述した通り、地理的な条件により、北部エリアと南部エリアでは異なる季節になるため、オーストラリア大陸全土で暑いわけではありません。

以下では、具体的にオーストラリアの2月の気候に適した旅行時の服装を紹介します。

 

オーストラリアの2月の服装

夏期シーズンのオーストラリア各都市では、どの都市でも気温が高いため、この時期の服装は夏の装いで問題ありません。

ただし、緯度が高いメルボルンなどの南部の都市へ旅行をする予定の方は長袖の上着を一着持参しましょう。夏の時期でも朝晩は冷え込む日も多くなります。

また、ケアンズなどのオーストラリア北部の海岸沿いの都市を旅行する場合は、一年の内でも最も降雨が多くなる時期ですので、降雨対策が必要でしょう。

雨具だけではなく、足元が悪くなりますので靴だけではなくビーチサンダルなどのサンダルを持参すると出歩く時に便利です。

オーストラリアの2月の服装

アウター

  • 薄手のカーディガン
  • 薄手のパーカー
  • ラッシュガード

※どの都市でも屋内はエアコンで肌寒いことがありますので、上着を一着持って行くことをおススメします。

トップス

  • Tシャツ
  • 半袖シャツ
  • 半袖ポロシャツ

ボトムス

  • ハーフパンツ
  • ショートパンツ

履物

  • スニーカー
  • ビーチサンダル

その他

  • 帽子
  • ショール
  • サングラス
  • 日焼け止めグッズ

服装や持ち物の注意点

紫外線対策

夏のオーストラリアは紫外線が強く、海に近い沿海部や砂漠の内陸へ行く予定の日光の照り返しが強いです。

紫外線から皮膚を守るためにも、下記のような紫外線防止グッズを持っていくとよいでしょう。

  • UVカットサマーカーディガン
  • UVカット帽子
  • UVカットクリーム
  • サングラス
  • UVカット日傘(雨晴れ兼用)

雨対策

特に、オーストラリア北部へ旅行をされる場合はスコールのような大雨に遭ってしまうことを覚悟しておきましょう。

持ち運びがしやすいコンパクトな雨カッパやポンチョの用意と、足元が濡れてもOKなように、サンダルやビーチサンダルが便利です。

虫刺され対策

ミジー(midge)やサンドフライ(sandfly)と呼ばれる虫がいます。

虫除け対策として、虫除けスプレーや虫刺され薬を持参しましょう。

また、虫刺されを防止する目的でも、長袖や長ズボンは役立ちますね。

 

2月の豪州旅行のイベント

オーストラリアの2月のイベントや行事は下記の通りです。

  • チャイニーズ・ニューイヤー(1月下旬~2月中旬)
  • ワイン収穫祭(2月、場所:ヤラバレー(Vic州)&マーガレットリバー(WA州))
  • アデレード祭り(2月、場所:アデレード)
  • マルディ・グラ(2月下旬~翌月上旬、場所:シドニー)

2月は一年の内では比較的航空券が安い時期だとされています。特に、旅行時期とイベントが被らない限り、比較的安く航空チケットを予約できるでしょう。

その一方で、オーストラリアでは上記のようなイベントや行事が毎年開催されますので、イベントがある時期の前後はホテルなどが繁忙期になりますので宿泊料金が高くなる傾向です。

航空券やホテルを予約する場合は旅行時期が一週間違うだけで、料金がかなり異なる場合もありますので、上手にお得な旅行を組んでみてください。

ここまで、ご覧頂きありがとうございます。 最後に、海外旅行を予定している方へ向けてですが、持ち物の準備は進んでいますか? もし、まだ旅行の準備が終わっていないようでしたら… コンパクトに海外旅行で必要なものだけに絞って、持ち物リストを作ってみましたので、ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました