パース(豪州)の天気(気温/降水量)と気候|旅行の服装と準備をCheck

パースの気候と地理概要

  • 都市:オーストラリア連邦 西オーストラリア州 パース
  • 気候:地中海性気候(Csa)
  • 緯度:北緯31.57度
  • 経度:西経115.51度
  • 高度:標高20m

パースの天気(気温と降水量)

パースの気温(最高 / 平均 / 最低)

パースの降水量(mm/月)

パースの季節

  • 春:9月~11月
  • 夏:12月~2月
  • 秋:3月~5月
  • 冬:6月~8月

パースの年間の天気のまとめ

  • 一年で最も暑い時期は1月~2月で平均最高気温は33度程度
  • 一年で気温が最も低い時期は6月~8月で平均最低気温は8度~9度程度
  • パースでは夏季は乾燥し暑く、冬季は比較的温暖な気候が特徴
  • パースでは標高が低く、インド洋の海流の影響を受け冬でも温暖
  • 気温の面で最も過ごしやすい時期は秋から冬も含めた春(4月~11月)
  • 降雨は夏季には少なく冬季には多い、年間降水量は726mm

パースの気温と降水量の統計データ

 最高気温平均気温最低気温降水量
1月33.224.418.311
2月33.024.618.326
3月30.522.816.319
4月26.419.513.536
5月22.216.310.285
6月19.613.78.8139
7月18.512.77.7147
8月19.613.28.4114
9月20.714.69.077
10月24.416.611.036
11月27.619.713.528
12月30.222.115.68

パースへの旅行前のチェックポイントと服装

オーストラリアは南半球になりますので北半球の日本とは季節が真逆になります。パースを旅行する場合、旅行に最適なベストシーズンは秋から春にかけての4月~11月です。真夏の時期(12月~2月)は気温が非常に高くなり、日差しも非常に強くなります。

夏の時期は直射日光が強いため、晴天の場合に外出時間が長くなる場合は紫外線対策や日焼け対策が必要です。薄手の長袖シャツや帽子などで首や腕を日焼けから守りましょう。肌が弱い方などは日焼け止めクリームなどを利用すると良いでしょう。

冬の時期(12月~2月)はインド洋の海流の影響で、氷点下になることは少なく、比較的温暖です。冬の時期は気温はそれ程低くならず快適に過ごせますが、降雨が少し多くなります。

パースを旅行する場合の服装

9月~11月

春の時期の平均気温は東京と似ており、日中は暖かい日が続いたとしても、朝晩は気温が下がり、気温の日較差は10度以上ありますので、パーカーやジャケットなどの温度調節がしやすい服装を持っていくとよいでしょう。

  • アウター:春物ジャケット、パーカー、カーディガン
  • トップス:長袖シャツ、長袖Tシャツ、長袖ニット
  • ボトムス:コットンパンツ、ジーンズ
  • その他:帽子、サングラス

12月~2月

12月になると更に気温が上昇し、本格的な真夏のシーズンになります。パースの夏の時期は降雨が非常に少ないため、気温は高くてもジメジメとした蒸し暑さはありません。そのため、夏の時期は半袖とハーフパンツあるいはショートパンツなど風通しの良い服装で快適に過ごせます。

上述した通り、晴天の日の直射日光は非常に強くなります。そのため、紫外線対策や日焼け対策として、薄手の長袖シャツや帽子などを使用して、出来るだけ皮膚へのダメージを抑えるように工夫しましょう。

  • アウター:長袖シャツ(日焼け防止用)
  • トップス:半袖Tシャツ、半袖シャツ
  • ボトムス:ハーフパンツ、ショートパンツ
  • その他:帽子、サングラス、日傘

3月~5月

3月から5月までが秋の時期とされていますが、比較的暖かいため5月頃になって漸く秋の気配を感じます。気温の日較差が大きいため、日中との寒暖差があり朝晩は涼しく感じます。

3月は長袖シャツに薄手のパーカーがあれば問題ないですが、5月以降は肌寒く感じる日もありますのでジャケットなどを持っていくと安心です。特に、この時期は暑い夏の時期から一気に気温が下がる時期ですので、日中と朝晩の気温の日較差に気をつけましょう。

  • アウター:ジャケット、ライトダウンジャケット
  • トップス:長袖シャツ、長袖Tシャツ、セーター
  • ボトムス:コットンパンツ、ジーンズ
  • その他:帽子、サングラス

6月~8月

パースでは冬季でも企画的温暖な気候ですので、防寒具を用意する必要はないでしょう。日本の晩秋の季節と同じような服装で問題ありません。

  • アウター:秋物ジャケット、ダウンベスト、ダウンジャケット
  • トップス:長袖シャツ、長袖トレーナー、長袖ニット、パーカー、セーター
  • ボトムス:コットンパンツ、ジーンズ、レギンス
  • その他:帽子、サングラス

ここまで、ご覧頂きありがとうございます。 最後に、海外旅行を予定している方へ向けてですが、持ち物の準備は進んでいますか? もし、まだ旅行の準備が終わっていないようでしたら… コンパクトに海外旅行で必要なものだけに絞って、持ち物リストを作ってみましたので、ご覧ください。

海外旅行の持ち物
海外旅行の際の機内持ち込み手荷物とスーツケース(受託手荷物)に分けて、必要なもの、持って行くと便利なもの、持って行かなくてもよいものを紹介します。海外旅行の準備で持っていくべきか迷わないように詳しく解説します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする