ブリスベンの天気(気温/降水量)と気候|服装と旅行準備をCheck

ブリスベンの気候と地理概要

  • 都市:オーストラリア連邦 ブリスベン
  • 気候:温暖湿潤気候(Cfa)
  • 緯度:南緯27.38度
  • 経度:東経153.12度
  • 高度:標高4m

ブリスベンの天気(気温と降水量)

ブリスベンの気温

  • 春:9月~11月
  • 夏:12月~3月
  • 秋:4月~5月
  • 冬:6月~8月

ブリスベンは南北の方向は反対になりますが沖縄の北にある徳之島とほぼ同緯度に当たり、冬の時期でも寒さなく、非常に温暖な温暖湿潤気候です。ブリスベンはオーストラリアの東海岸に位置するクイーンズランド州の州都です。ちなみに、車か電車で南に1時間~1時間半程度いったところにゴールドコーストがあります。

ブリスベンの気候の特徴は、夏は平均最高気温が28度~29度程度で、降雨量が少し多くなるため、蒸し暑くなる日も多くなります。冬の時期は気温は下がるものの非常に温暖で、最も寒くなる真夏の時期の平均最低気温は10度程度となっています。

年間を通して、雨季や乾季などの季節区分はありませんが、6月~9月頃までの冬期は比較的降雨は少なく、春夏秋は比較的降雨量が多くなります。湿度は季節毎に少しづつ異なりますが45%から60%程度と低めです。

ブリスベンの降水量

ブリスベンの年間の天気のまとめ

  • 一年で最も気温が高い時期は1月と2月で平均最高気温は29度
  • 一年で最も気温が低い時期は6月~8月で平均最低気温は10度~11度程度
  • ブリスベンでは夏は温暖で冬も寒くなく比較的温暖なのが特徴
  • ブリスベンは一年中温暖ですが特に4月~10月は降雨が少なく快適に過ごせます
  • 年間を通して降水量は標準的で、年間降水量は1,111mm
  • 真冬の時期(12月~2月)でも10度を下回ることは少なく温暖

ブリスベンの気温と降水量の統計データ

 最高気温平均気温最低気温降水量
1月28.925.021.5109
2月28.724.821.1140
3月27.923.519.8110
4月26.121.116.5102
5月23.718.313.1115
6月21.115.611.265
7月20.814.89.546
8月22.115.610.041
9月24.118.213.234
10月25.620.515.683
11月27.222.319.087
12月28.124.020.3133

ブリスベンへの旅行前のチェックポイントと服装

ブリスベンでは夏は温暖で冬も比較的温暖な気候のため、一年中、それぞれの季節を楽しむことが出来るため旅行シーズンと言えます。

冬の時期(6月~8月)でも気温が低くないため、春か秋頃の季節をイメージしたら分かりやすいでしょう。そのため、冬の時期でもライトダウンジャケットやジャンバーを準備しておけば問題ありません。

夏の時期は平均最高気温は29度程度と酷暑という暑さはなく、ブリスベンの夏は気温も高くなり、雨も降りますが、海外沿いのロケーションのため、比較的爽やかで快適に過ごせます。ただし、年によっては内陸部(砂漠地帯)のフェーン現象により酷暑になる場合もあります。

ブリスベンを旅行する場合の服装

9月~11月

年間を通して、ブリスベンと日本では南半球と北半球の違いにより季節は180度正反対になります。ブリスベンの春の時期は9月~11月とされていますが、一年の内でも最も快適に過ごすことができる季節です。この時期の服装は長袖シャツに薄手のジャケットがあれば丁度よいでしょう。

12月~3月

12月になると日中は暖かく感じられる日が多くなり、時には暑く感じられる日も多くなります。そして1月と2月は本格的な夏の時期になるためTシャツとショートパンツで快適に過ごせます。朝晩や降雨が続く日は少し涼しくなる日がありますので、長袖シャツかパーカーがあれば安心でしょう。

ブリスベンでは夏の時期は直射日光の日差しが強くなりますので、紫外線対策や日焼け対策も必要でしょう。外出が多くなる場合は、帽子、サングラス、日焼け止めクリームなどの用意をして行くことをお勧めします。

4月~5月

ブリスベンでは4月になると秋の時期になり、徐々に気温が下がり始め、特に日中の最高気温が下がるため、涼しく感じ快適に過ごすことができる日が多くなります。また、朝晩は更に涼しく感じられる日が多くなりますので、体温調整がしやすい脱ぎ着がしやすい服が便利です。5月は日によっては寒さを体感で感じる日も多くなりますので、薄手のダウンジャケットやコートを用意して行くと安心です。

6月~8月

ブリスベンは季節風や海流の影響などで日本の冬期の時期と比べるとかなり温暖に感じます。過去にも氷点下になったことはないため、マフラーなどの防寒具は必要ないでしょう。冬期の服装は日本の秋頃の時期の服装で問題ありません。

ここまで、ご覧頂きありがとうございます。 最後に、海外旅行を予定している方へ向けてですが、持ち物の準備は進んでいますか? もし、まだ旅行の準備が終わっていないようでしたら… コンパクトに海外旅行で必要なものだけに絞って、持ち物リストを作ってみましたので、ご覧ください。

海外旅行の持ち物
海外旅行の際の機内持ち込み手荷物とスーツケース(受託手荷物)に分けて、必要なもの、持って行くと便利なもの、持って行かなくてもよいものを紹介します。海外旅行の準備で持っていくべきか迷わないように詳しく解説します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする