中国の6月の気温・気候と服装を旅行出発前に確認|梅雨の時期はいつ

6月と言えば、雨がシトシト降り続き梅雨の時期が始まる鬱陶しい時期ですね。このような不快な天候の日本を離れて観光目的の海外旅行へ行く方もいることでしょう。飛行時間もそれ程長くなく、旅行費用も比較的安く楽しめる中国旅行へ行かれる方も多いでしょう。

そこで、6月の中国の主要都市(北京、上海、大連、広州)の天気と気温、旅行時の服装と準備、この時期の中国のイベントやちょっとした旅行情報をご紹介します。

中国の6月の気候(気温・降水量)

実は、中国大陸は各都市により地理的な条件や自然環境が異なるため、それぞれの都市の季節毎の天気や気候も各地で大きく異なります。例えば、中国北部に位置する北京や大連などの都市は北海道や東北地方と似た気候になり、中国沿岸部の上海などの都市は日本の本州と同じような温暖湿潤気候になります。

一般的に、中国は夏期には暑く、冬期は非常に寒さが厳しいとされています。冬期の中国の各都市では氷点下になることが多く、積雪になる都市もあります。その一方で、沿岸沿いの都市は冬でも比較的暖かく、防寒具が必要ないくらい気温が高めで過ごしやすい都市もあります。

年間の平均気温に関する中国各都市と東京の比較

年間の降水量に関する中国各都市と東京の比較

中国の6月の天気

中国でも地域によっては梅雨の時期があります。特に、沿岸部の都市は日本と同じように梅雨入りと梅雨明けがありますが、梅雨前線は南から北へ北上するため、中国南部の都市では比較的早く梅雨入りします。

例えば、中国南部最大の都市である広州では3月頃から梅雨入りする年があり、4月~5月には梅雨本番になり、梅雨明けする流れになります。ただし、広州では梅雨明け後も、6月には南国のようなスコールが多発するため、降水量が非常に多くなります。

また、中国沿岸部最大の都市である上海では、概ね日本の本州南部と同じような時期に梅雨入りします。つまり、6月中旬に梅雨入りして、7月中旬頃まで梅雨の時期が続くことが多くなります。

そのため、広州や上海に6月に旅行へ向かわれる場合は、雨の対策と準備が必要でしょう。

中国の6月の最高気温・平均気温・最低気温、降水量の統計データ

6月北京上海大連広州東京
最高気温30.427.624.532.025.5
平均気温24.924.520.627.821.4
最低気温20.121.817.725.118.0
降水量7216177317168

中国の6月の気温と降水量の特徴とまとめ

  • 6月の中国の各都市(大連除く)の最高気温は28度~32度程度で、最低気温は20度~25度程度と温暖
  • 6月の大連では最高気温が25度と他都市と比べ低めで、最低気温も18度程度
  • 降水量は中国でも梅雨の時期のため広州と上海で東京よりも多くなる

中国の6月の服装と準備

アウター

  • 薄手のパーカー
  • 薄手のカーディガン

トップス

  • 半袖Tシャツ
  • 長袖Tシャツ
  • 春物長袖シャツ・ブラウス

ボトムス

  • コットンパンツ
  • ハーフパンツ
  • ショートパンツ&ストッキング

履物

  • スニーカー
  • パンプス

その他

  • 帽子
  • サングラス
  • 折り畳み傘

中国の6月のイベントとお勧め観光スポット

  • 端午節(5月下旬または6月上旬[旧暦による]、ドラゴンボートレース)

中国の6月の旅行情報

6月は日本でも中国でも大きな国家的イベントはありません。そのため、航空料金やホテル料金が高騰するようなことはありませんが、近場の海外旅行ということで中国へ向かう日本人だけではなく、中国から日本へ向かう中国人も多いため、出国の際は時間に余裕を持って空港へ向かいましょう。

ただし、6月下旬頃になると中国の大学は夏休みが始まる時期にあたりますので、列車での中国の国内移動は混雑することがあるかもしれません。

6月は祝日や大型連休などがないため、航空券は比較的予約が取り易く、航空チケットの運賃も値下がりし、比較的安くなる時期でもあります。雨に降られない都市であれば、中国旅行をするには狙い目の時期でもあります。

同時に、この頃から夏の暑さが見え隠れする季節が始まります。日焼けなどが気になる方は、紫外線対策として、夏用ストールや長袖カーディガン、あるいは日焼け止めクリームなども忘れずに!

その他の時期の中国の気候と服装を確認

ここまで、ご覧頂きありがとうございます。 最後に、海外旅行を予定している方へ向けてですが、持ち物の準備は進んでいますか? もし、まだ旅行の準備が終わっていないようでしたら… コンパクトに海外旅行で必要なものだけに絞って、持ち物リストを作ってみましたので、ご覧ください。

海外旅行の持ち物
海外旅行の際の機内持ち込み手荷物とスーツケース(受託手荷物)に分けて、必要なもの、持って行くと便利なもの、持って行かなくてもよいものを紹介します。海外旅行の準備で持っていくべきか迷わないように詳しく解説します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする