オーストラリアの7月の【気温】と【服装】を豪州旅行出発前に確認

7月は海の日の祝日があり3連休の休みが一回だけありますね。海の日は毎年変わり、日付は7月の第3月曜日と決められています。

また、学生の場合は2ヶ月程度の長期の夏季休暇になり、海外旅行へ出かける方もいることでしょう。

7月は、一般的には、オーストラリアでは冬期にあたりますが、中部エリア以南は文字通り冬の時期にあたりますが、オーストラリア大陸の北部エリアではとても温暖な季節になります。

  1. オーストラリアの7月の気温は何度?
  2. オーストラリアの7月の天気は良いの?悪いの?
  3. オーストラリアの7月の気候は暑いの?寒いの?
  4. 7月のオーストラリアの雨の状況はどう?
  5. 7月のオーストラリア旅行の服装はどうしたらいい?
  6. 7月のオーストラリア旅行での注意点は何?

7月にオーストラリアへ旅行をする予定の方は、上記のような疑問を持っている方もいるでしょう。

そこで、以下では7月のオーストラリアの気温、天気、気候、天候、旅行時の服装と準備、この時期のオーストラリアのイベントや旅行情報をご紹介します。

 

オーストラリアの7月の気候

  • シドニー :温暖湿潤気候
  • ケアンズ :熱帯モンスーン気候
  • パース  :地中海性気候
  • タスマニア:西岸海洋性気候

上記がオーストラリアの各都市の気候区分です。さらに、中央部では砂漠気候に属するエリアもあります。

オーストラリア大陸は東西に広いだけではなく、南北にも広いため、上記のように多種多様な気候に分かれます。

オーストラリア大陸の最北端は赤道の直ぐ南に位置しており、最南端の緯度は南北の違いはありますが東北地方に相当するほど緯度は高くなっています。

例えば、冬でもオーストラリアの最北端では海水浴が楽しめる都市もあれば、緯度の高い南部エリアでは積雪がありスキーが楽しめたりします。

季節に関係なく、旅行をする都市により季節感が異なり、バラエティに富んだ楽しみ方が出来るのがオーストラリアの魅力でしょう。

オーストラリアの7月の気候は、どんな感じなのか?

7月のオーストラリアの気候の特徴は冬の時期にあたり、年間を通して考えると、気温が比較的低くなる季節です。

ただし、上記で述べたように、南部エリアでは真冬の寒さが特徴である一方、北部エリアでは比較的温暖な春のような季節感が特徴です。

 

オーストラリアの7月の気温

7月にオーストラリアに旅行へ向かわれる方にとって、現地の気温と服装は旅行前に最低限知っておきたいですよね。

以下では、オーストラリアの東西南北の主要な都市の気温(最高気温/平均気温/最低気温)と降水量に関する気象統計データをもとにグラフと表にまとめましたので参考にしてみてください。

オーストラリアの年間の平均気温

上のグラフはシドニー、ブリスベン、メルボルン、ケアンズ、パースの各都市の月別の平均気温(℃)の一年間の推移を示しています。

また、オーストラリアと日本の気温の違いが一目で分かるように、東京の平均気温との比較をしています。

グラフをご覧の通り、東京とオーストラリアの各都市の気温は全く逆の推移をしていることが分かりますね。

オーストラリアの年間の降水量

上のグラフはシドニー、ブリスベン、メルボルン、ケアンズ、パースの月別の降水量(mm/月)の一年間の推移を示しています。

また、オーストラリアと日本の降水量の違いが分かりやすいように、東京の降水量と比較しています。

グラフが示しているように、東京と比べると年間を通してオーストラリアでは雨は比較的少ないことが分かりますね。ただし、ケアンズは熱帯モンスーンの影響を受けて、大雨になる時期があります。

オーストラリアの7月の最高気温・平均気温・最低気温と降水量の統計データ

7月シドニーブリスベンメルボルンケアンズパース東京
最高気温17.820.813.426.318.529.2
平均気温12.514.89.321.212.725.0
最低気温8.79.55.917.57.721.8
降水量70463230147154

オーストラリアの7月の気温と降水量の特徴

  • オーストラリアの7月の最高気温は13度~27度程度
  • オーストラリアの7月の最低気温は6度~18度程度
  • 南半球では7月は真冬のため各都市では気温が低い
  • 7月でも北部エリアのケアンズでは気温が比較的高い
  • オーストラリアの7月の降水量は30~147mm/月
  • オーストラリアの7月の降水量は各都市により異なる
  • 西部エリアのパースなどでは降水量が比較的多い

 

オーストラリアの7月の気温の推移

実は、豪州の7月の気温は同じ都市でも、日によって気温差がかなり異なる都市もあります。

そこで、以下では観光地として人気が高い「シドニー」と「ケアンズ」について、オーストラリアの7月の1ヶ月間の気温の推移(2018年実績)を紹介します。

下記の気温は7月1日~31日までの日ごとの過去の最高気温と最低気温の平均値です。

オーストラリアと日本では、気温差がどれくらい違うのか分かりやすいように、東京の最高気温と最低気温で比較しています。

シドニーの7月の気温の推移

シドニーの7月の気温の推移グラフ

シドニーの7月の気温の推移

シドニーの7月の日ごとの気温の推移

シドニーの7月の上旬・中旬・下旬の最高気温と最低気温

下表はシドニーの7月の上旬、中旬、下旬の最高気温と最低気温で、(カッコ)内は東京との気温差を示しています。

シドニー最高気温最低気温
7月上旬19.7 (-8.0)9.6 (-10.8)
7月中旬19.9 (-9.2)7.2 (-14.6)
7月下旬22.0 (-8.4)8.7 (-14.2)
上旬・中旬・下旬の気温差

シドニーでは7月の上旬と下旬では年によっては2度程度の気温差があることが分かりますね。シドニーでは特に上旬と下旬では寒暖差はありません。

最高気温と最低気温の気温差

シドニーでは寒暖差が大きくなる時期で、最高気温と最低気温では10度~13度の気温差があります。最低気温は10度を下回り、朝晩は冷え込みますので注意。

シドニーと東京の気温差

東京とシドニーの気温を比べると、8度~15度の気温差がありますので、7月にシドニーへ到着すると、東京との気温の違いにより非常に寒く感じることでしょう。

ケアンズの7月の気温の推移

ケアンズの7月の気温の推移のグラフ

ケアンズの7月の気温の推移

ケアンズの7月の日ごとの気温の推移

ケアンズの7月の上旬・中旬・下旬の最高気温と最低気温

下表はケアンズの7月の上旬、中旬、下旬の最高気温と最低気温で、(カッコ)内は東京との気温差を示しています。

ケアンズ最高気温最低気温
7月上旬26.5 (-1.2)19.0 (-1.4)
7月中旬26.6 (-2.5)17.2 (-4.6)
7月下旬27.4 (-3.0)15.8 (-7.1)
上旬・中旬・下旬の気温差

ケアンズでは7月の上旬と下旬では1度~3度の気温差があり、日によって若干の気温の変動があり、上旬よりも下旬の方がやや涼しく感じるでしょう。

最高気温と最低気温の気温差

ケアンズでは7月には最高気温と最低気温では8度~9度の気温差があり、日中と朝晩では寒暖差を感じ涼しく感じる日もあります。

ケアンズと東京の気温差

ケアンズは東京と比べると、1度~7度の気温差があるため、真夏の日本から春のような季節のケアンズに到着時には時期や時間帯によってはやや涼しく感じることでしょう。

 

オーストラリアの7月の服装

オーストラリアの7月の服装は、どんな感じ?

オーストラリア各都市で緯度が異なり気候が異うため、気温差や降水量も大きく異なります。

この時期の服装は各都市で気温などの気象状況が異なるため、どの都市を中心に旅行をするかにより服装選びをすることになります。

以下では、オーストラリアの7月の服装選びのポイント、服装の目安、現地の気候に合ったコーデを画像を交えながら紹介します。

オーストラリアの7月の服装選びのポイント

季節の違い

オーストラリアの7月は一般的には冬の時期ですので、各都市で一年の内で最も気温が下がる時期になります。

ところが、シドニーなどの中部エリアでは東京の春先または秋の時期に相当するような季節感で、冬とは言え比較的温暖なのが特徴。

もし7月の豪州旅行の際、服装で迷った場合は初春か晩秋頃の服装をイメージしてみてください。また、上着を選ぶ時には旅行中はポケットが多いほうが便利ですよ。

目的地による違い

オーストラリア旅行の目的地は決まっていますか?

オーストラリアは国土が広いため都市により気象状況が全く異なりますので、どの都市を訪問するのかにより服装選びは変わります。

例えば、南部エリアであれば真冬の服装の用意が必要である一方、北部エリアであれば春のような温暖な季節の装いでも問題ありません。

雨の状況

オーストラリアの7月の雨の状況はどんな感じ?

先述した通り、7月のオーストラリアの雨の状況は降水量は比較的少ない時期にあたりますので、あまり心配する必要はないでしょう。

ただし、パースなどの西部エリアでは、年間を通して雨が多い地区のため、7月でも降水量は多めですので、雨対策として雨傘やポンチョなどを準備しておくと安心ですね。

オーストラリアの7月の服装の目安

アウター

  • ライトダウンジャケット
  • マウンテンパーカー
  • 秋物コート

トップス

  • 長袖シャツ&秋物セーター
  • 長袖Tシャツ&フリース

ボトムス

  • コットンパンツ
  • ジーンズ
  • ワンピース
  • レギンス

  • スニーカー
  • ショートブーツ
  • サンダル(ケアンズなど)

その他

  • 帽子
  • サングラス
  • マフラー

 

オーストラリアの7月の行事と旅行情報

オーストラリアの7月の行事・イベント

  • ゴールドコースト・マラソン(7月)
  • メルボルン国際映画祭(7月)
  • ダーウィン ビア レガッタ(7月)
  • アウトバック マラソン(7月、場所:ウルル)

オーストラリアの7月の旅行情報

7月からは観光シーズンになりますので、日本からの航空券の値段は比較的高くなる時期です。

また、7月のオーストラリアでは上記のようなイベントが開催されるため、イベントがある時期の前後はホテルなどが繁忙期になりますので、ホテルの宿泊料金が高くなる傾向にあります。

特に、本格的な夏休み期間になる7月下旬以降は、日本→オーストラリアの格安航空券の値段は比較的高くなる時期です。

そのため、韓国や香港や中国など経由のオーストラリア行きの航空チケットなどを検討してみると、比較的安く入手できるかもしれません。

このように、飛行機での移動費用を節約しながら、浮いた費用で現地でアクティビティやグルメを楽しむなどお得に旅行する方法を検討してみてください。

みなさまのオーストラリア旅行が楽しいものになることを願っています!

 

その他の時期のオーストラリアの気候と服装を確認

ここまで、ご覧頂きありがとうございます。 最後に、海外旅行を予定している方へ向けてですが、持ち物の準備は進んでいますか? もし、まだ旅行の準備が終わっていないようでしたら… コンパクトに海外旅行で必要なものだけに絞って、持ち物リストを作ってみましたので、ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました