モンペリエの天気(気温/降水量)と気候|旅行の服装と準備をCheck

モンペリエの気候と地理概要

  • 都市:フランス共和国 モンペリエ
  • 気候:地中海性気候(Csa)
  • 緯度:北緯43.57度
  • 経度:東経3.95度
  • 高度:標高5m

モンペリエは北海道の旭川とほぼ同緯度にあたり、フランスの南部の地中海沿岸に位置しています。気候(ケッペン気候区分)は夏季は気温は高いものの降雨が少なく、冬季も比較的温暖な地中海性気候です。

モンペリエの天気(気温と降水量)

モンペリエの気温(最高気温/平均気温/最低気温)

モンペリエの降水量(mm/月)

モンペリエの季節

  • 春:3月~5月
  • 夏:6月~8月
  • 秋:9月~11月
  • 冬:12月~2月

モンペリエの年間の天気のまとめと気象統計データ

  • 最暖月最高気温:29.3度(8月)
  • 最寒月最低気温:3.4度(1月・2月)
  • 年間平均気温:15.4度
  • 年間降水量(mm/年):667mm
  • 降雨は夏季に少なく冬季に比較的多い

モンペリエの気温と降水量の統計データ

 最高気温平均気温最低気温降水量
1月12.27.13.473
2月13.07.93.440
3月16.111.06.334
4月19.113.89.760
5月22.717.913.054
6月26.922.016.931
7月29.324.119.314
8月29.023.818.729
9月25.819.715.586
10月21.016.111.993
11月16.110.88.071
12月12.77.44.382

モンペリエへの旅行前のチェックポイントと服装

モンペリエを旅行する場合、旅行に最適なベストシーズンは5月~9月で、12月から2月までの期間は冬季とされていますが、地中海の暖かい海流の影響を受け、緯度が高い割には比較的温暖な気候が特徴です。

年間を通して気温の年較差は小さく、緯度は高いものの、海岸に近いため東京と比べても冬季の気温はそれ程低くならず通年では温暖なため、フランス内陸部の都市と比べると比較的気温が高いです。

モンペリエを旅行する場合の服装

3月~5月

3月頃から冬の季節から春の季節に移り変わり、少しづつ寒さが和らいできます。そして4月になると、季節の節目を感じさせるくらい気温が上がり春の陽気に包まれます。

また、5月に入ると平均最高気温が20度を超えることが多くなり、ただし日中と朝晩の寒暖差は10度程度ありますので、朝晩は冷え込むことがありますのでカーディガンやパーカーがあると安心でしょう。

モンペリエの春季は東京での服装と同じような装いで問題ありません。つまり、長袖シャツ・ブラウスに春物ジャケットやカーディガンあるいはパーカーで快適に過ごせます。

6月~8月

モンペリエの6月から8月の夏季の時期は気温は上がるものの、湿度が低く乾燥しているため蒸し暑さがないため快適に過ごせます。晴天の日の日中は、外出時間が長くなると夏の暑さを感じる日が多くなります。

夏の時期は半袖とハーフパンツなどの服装だけでも問題ありません。ただし、朝晩は涼しく感じる日もありますので、一応、上に羽織るための薄手のカーディガンかパーカーなどがあると安心です。

9月~11月

9月になると急激に気温が下がり、9月から10月中旬頃までがモンペリエでは最も過ごしやすい時期になり、秋のシーズンに入り、旅行のベストシーズンになります。10月は長袖シャツに秋物ジャケットやジャンパー、11月にはライトダウンジャケットや秋物コートで快適に過ごすことができます。特に、この時期は暑い夏の時期から一気に気温が下がる時期ですので、日中と朝晩の気温差に気をつけましょう。

12月~2月

12月には東京の冬季と同じくらいの気温になり、冬物コートやダウンジャケットが必要な時期になります。ところが、モンペリエでは地中海の温暖な海流のために、1月や2月の真冬の時期でも氷点下にまで気温が下がることは少なく、比較的マイルドな冬季の季節になります。そのため、東京の冬の装いでも問題ありません。冬季は降雨の日が比較的多くなりますので折り畳み傘などを持参しましょう。

ここまで、ご覧頂きありがとうございます。

海外への航空券はもう手配済みですか? 下記より格安航空券の料金をご確認してみてください。

≫≫ 海外格安航空券の最安値比較はココ

最後に、海外旅行を予定している方へ向けてですが、持ち物の準備は進んでいますか? もし、まだ旅行の準備が終わっていないようでしたら… コンパクトに海外旅行で必要なものだけに絞って、持ち物リストを作ってみましたので、ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました