ドイツの7月と8月の気温・気候と服装を夏休みの旅行出発前に確認

7月と8月は、学生であれば夏休みになり約2ヶ月間程度の期間は休みになるため、海外旅行の予定を検討している方もいることでしょう。また、お盆休み期間中は1週間から10日間程度と比較的長い休みが取れる会社もあるでしょう。夏のドイツへの旅行はいかがでしょうか。

そこで、7月と8月のドイツの主要都市(ベルリン、ハンブルク、ケルン、ミュンヘン)の天気と気温、旅行時の服装と準備、この時期のドイツのイベントや、ちょっとした旅行情報をご紹介します。

ドイツの下記の4つの主要都市を取り上げて、7月と8月の気温と降水量の気象統計データで、現地の気候や天気を解説します。

  • ベルリン :ドイツ東部の首都
  • ハンブルク:ドイツ北部の沿岸部の都市
  • ケルン  :ドイツ西部の内陸部の都市
  • ミュンヘン:ドイツ南部の内陸部の都市

ドイツの7月と8月の天気と気温

ドイツは東京などと比べると緯度が高いため、日本の本州と気温を比べるとやや低く、涼しく感じるかもしれません。ドイツでは冬の時期は海流の影響を受け、内陸部の都市よりも北部沿岸都市の方が気温が低いのが一般的ですが、夏になると、その都市間の気温の差はほとんどなくなります。

それでも、7月や8月に日本からドイツに到着すると、日本とドイツの気温差を感じるくらい涼しく爽やかに感じることもありますので、旅行時の服装も日本とは少し異なります。

年間の平均気温に関するドイツ各都市と東京の比較

年間の降水量に関するドイツ各都市と東京の比較

ドイツの7月と8月の気温と降水量

ドイツの7月の最高気温・平均気温・最低気温と降水量の統計データ

7月ベルリンハンブルクケルンミュンヘン東京
最高気温25.523.424.724.829.2
平均気温20.218.119.019.525.0
最低気温14.713.413.212.921.8
降水量84779399154
ドイツの7月の気温と降水量の特徴とまとめ
  • ドイツ各都市の最高気温は23度~26度程度で、最低気温は13度~15度程度と比較的冷涼
  • ドイツの7月の最高気温は東京と比較すると、3度~6度程度低い
  • ドイツの7月の最低気温は東京と比較すると、7度~9度程度低い
  • 降水量は各都市とも東京と比較すると少なく爽やか

ドイツの8月の最高気温・平均気温・最低気温、降水量の統計データ

8月ベルリンハンブルクケルンミュンヘン東京
最高気温24.522.424.024.330.8
平均気温19.017.618.318.126.4
最低気温13.712.812.612.123.0
降水量517810184168
ドイツの8月の気温と降水量の特徴とまとめ
  • ドイツ各都市の最高気温は22度~24度程度で、最低気温は12度~14度程度と比較的温暖冷涼
  • ドイツの8月の最高気温は東京と比較すると、7度~9度程度低い
  • ドイツの8月の最低気温は東京と比較すると、9度~11度程度低い
  • 降水量は各都市とも東京と比較すると少なく爽やか

ドイツの7月と8月の服装と準備

夏期のドイツ各都市では気温はそれ程高くなく、湿度もそれ程高くないため、爽やかな気候が特徴です。特に、山間部などの都市では朝晩は涼しさを感じることもあるため、服装には注意しましょう。

例えば、ドイツの7月と8月の気温や湿度は東京の梅雨入り前の5月下旬頃あるいは6月上旬頃の気候に似ています。それでは、ドイツの7月と8月の服装、コーデはどのようにすればよいのでしょうか。

アウター

  • 薄手のカーディガン
  • 薄手のパーカー
  • 春物ジャンパー

トップス

  • ニットカットソー
  • 半袖Tシャツ
  • 半袖シャツ

ボトムス

  • ハーフパンツ
  • ジーンズ
  • ワンピース

履物

  • スニーカー
  • パンプス

その他

  • 帽子
  • サングラス

ドイツの7月と8月のイベントとお勧め観光スポット

  • 射撃祭(7月上旬、ハノーバー)
  • ラブ・パレード(7月上旬、ベルリン)
  • テンツェルフェスト子供祭り(7月中旬~下旬、バイエルン)
  • ラインの花火祭り(8月中旬、ボッパルト)
  • 竜退治野外劇とパレード(8月中旬、フルト・イム・ヴァルト)
  • ワイン祭り(8月中旬~下旬、リューデスハイム)

上記の通り、ドイツの7月と8月は、歴史にちなんだフェスティバルが多く開催されるシーズンです。

7月と8月のドイツの旅行にあたり注意したいことは、5月下旬頃から10月下旬まで7ヶ月間はサマータイム制により、時間が1時間早まりますので、日本への帰国時は時間を間違えないようにしたいものです。

ドイツの7月と8月のお得な旅行

夏休み期間となる7月下旬以降、特にお盆休みの期間となる8月中旬頃は、日本からの海外への航空チケットは高騰します。当然ですが、ドイツでも夏休み期間となるため、ホテルは繁忙期に当たりますので、旅行を計画する場合は出来るだけ早く予約をすることをお勧めします。

お盆休みの大型連休を避けて、旅行スケジュールを組むことが出来れば、航空券は若干安く予約できるでしょう。特に、お盆休み明けは航空券が比較的安くなる時期ですので狙い目でしょう。

夏のドイツの気候は、観光目的の旅行をするには、降水量も少ないため爽やかで、快適な時期でしょう。繁忙期から旅行期間を少しだけずらしたりすると、航空券やホテルも比較的安く手配が出来ることもありますので、ドイツへのお得な海外旅行にチャレンジしてみてください。

その他の時期のドイツの気候と服装を確認

ここまで、ご覧頂きありがとうございます。 最後に、海外旅行を予定している方へ向けてですが、持ち物の準備は進んでいますか? もし、まだ旅行の準備が終わっていないようでしたら… コンパクトに海外旅行で必要なものだけに絞って、持ち物リストを作ってみましたので、ご覧ください。

海外旅行の持ち物
海外旅行の際の機内持ち込み手荷物とスーツケース(受託手荷物)に分けて、必要なもの、持って行くと便利なもの、持って行かなくてもよいものを紹介します。海外旅行の準備で持っていくべきか迷わないように詳しく解説します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする