ベトナムの2月の気温と服装は?天気と気候はどう?雨は大丈夫?

ベトナムの2月の気温と服装について、気象データをもとにグラフと表で詳しく紹介します。

2月11日は建国記念の日があり、年によっては日並びにより3連休になり、海外旅行を考えている方もいることでしょう。

近年、LCCなどの航空便の増加でベトナム旅行の人気も急上昇中ですので、ベトナムへの旅行を考えている方もいることでしょう。

そこで、2月のベトナムでの現地の状況はどんな感じなのか…

  1. ベトナムの2月の気温は何度?
  2. ベトナムの2月の天気は良い?悪い?
  3. ベトナムの2月には雨は多い?少ない?
  4. ベトナムの2月の湿度は高い?低い?
  5. ベトナムの2月の気候は暑い?温暖?
  6. 2月のベトナムでは服装はどんな感じ?
  7. 2月のベトナム旅行での注意点は何?

2月にベトナムへの旅行を考えている方は、上記のような疑問を持っている方も多いことでしょう。

そこで、以下では気象データをもとにした気温、天気、気候、雨の状況(降水量)、湿度、日照時間などについて、分かりやすいグラフや表で詳しく紹介します。

 

ベトナムの2月の気温

2月ハノイダナンホーチミン東京
最高気温21.3℃25.9℃32.9℃10.4℃
平均気温18.1℃22.3℃26.8℃5.7℃
最低気温16.1℃20.1℃22.5℃1.7℃

上表はベトナム北部、中部、南部の3つの主要な都市である、ハノイ、ダナン、ホーチミンの2月の月平均最高気温(℃)、月平均気温(℃)、月平均最低気温(℃)を示しています。

また、ベトナムと日本の気温の違いが分かりやすいように、東京の気温を併せて比較しています。

一般的な2月の気温を参考にすると、ベトナムの2月の気温からは、下記の季節感をイメージできますね。

  • ベトナム北部の2月の気温:東京の春の時期と同じ程度
  • ベトナム中部の2月の気温:東京の初夏の時期と同じ程度
  • ベトナム南部の2月の気温:東京の真夏の時期と同じ程度

ベトナムの2月の気温は比較的温暖ですが、南部へ行けば行くほど気温が高くなります。そのため、短期間でも縦断することが出来れば、ハノイとダナンとホーチミンの季節の違いを肌感覚で実感できることでしょう。

 

ベトナムの2月の天気

ベトナムの2月の天気は良いのでしょうか?悪いのでしょうか?

旅行が楽しくなるのか、残念な旅になってしまうのか?現地での天気に影響されるのではないでしょうか?

そこで、以下では、ベトナムの2月の天気の良し悪しを降水量、降水日数、日照時間などの気象データのグラフで見てみることにしましょう。

雨の状況

結論を最初に挙げておくと、下記の通りになります。

  1. 年間を通して、どの都市も最も雨(降水量)が少ない季節
  2. ただし、中部の都市・ダナンでは雨が降る日がやや多い
  3. ベトナム南部へ行くほど日照時間は長くなる
  4. 天気が心配なら、ホーチミンを中心に日程を組むとよい

ベトナムの2月の降水量

ベトナムの降水量の年間推移

ベトナムの降水量の年間推移

グラフはハノイ、ダナン、ホーチミン(H.C.M)の各都市の2月の降水量(mm/月)を示しています。比較のために、東京の降水量も挙げています。

  • ハノイの降水量:19mm
  • ダナンの降水量:17mm
  • H.C.Mの降水量:4mm
  • 東京の降水量 :56mm

上記の通り、ベトナムの降水量は少なく、東京と比べても、雨が少ない都市が多いですね。と言うのも、2月はベトナムでは乾季にあたり、最も雨が少ない季節になるからなんです。

ベトナムの2月の降水日数

ベトナムの降水日数の年間推移

ベトナムの降水日数の年間推移

グラフはベトナム北部、中部、南部の各主要な都市の平均降水日数を示しています。

  • ハノイの降水日数:11.3日/月
  • ダナンの降水日数:6.9日/月
  • H.C.Mの降水日数:1.0日/月

上記の通り、ベトナムの2月の降水日数は、一年を通して見てみると、最も少ない季節になります。南へ行くほど雨の日が少なくなっていることがよく分かりますね。

特に、ベトナム南部の都市・ホーチミン市はほとんど雨が降らないため、毎日晴天の旅行を楽しめることでしょう。

ベトナムの2月の日照時間

ベトナムの日照時間の年間推移

ベトナムの日照時間の年間推移

グラフはハノイ、ダナン、ホーチミンの2月の月間の過去の平均日照時間(時間/月)を示しています。比較のために、東京の日照時間も併記しています。

  • ハノイの日照時間:56.0h/月
  • ダナンの日照時間:152.6h/月
  • H.C.Mの日照時間:246.0h/月
  • 東京の日照時間 :165.8h/月

上記の通り、ホーチミンの日照時間はとても長いですが、ハノイでは東京の1/3くらいの日照時間となり、晴れ間の時間が短いことが分かりますね。

つまり、2月のハノイでは曇り空の日が多く、ホーチミンでは晴れの日が多いということになりますね。

どうしても、2月の旅行中に天気が良い日に恵まれたいという方は、ベトナム旅行は快晴の日が多いホーチミンを中心にスケジュールを組むと良いでしょう。

 

ベトナムの2月の気候

ベトナムの気候は、ケッペンの気候区分では下記の通りとされています。

  • ベトナム北部:温暖冬季少雨気候
  • ベトナム中部:熱帯モンスーン気候
  • ベトナム南部:サバナ気候

上記の通り、ベトナムは南北に細長い国土の地理的条件のため、北部、中部、南部とそれぞれ気候が異なるのが特徴です。

また、上記の降水量や降水日数を見て分かる通り、ベトナム中部以外の都市では、雨季と乾季の2つの季節があり、おおむね下記のような季節区分になります。

  • 雨季:5月~10月
  • 乾季:11月~4月

ベトナムの年間の気温

ベトナムの平均気温の年間推移

ベトナムの平均気温の年間推移

グラフはハノイ、ダナン、ホーチミンの平均気温の一年間の推移を示しています。また、ベトナムと日本の気温の違いが分かりやすいように、東京の平均気温を併せて比較しています。

年間を通して東京と比べると、ベトナムの気温が非常に高いことが一目で分かりますね。同時に、ベトナムでは同時期でも都市によって気温差がかなりあることを示しています。

5月~10月までの6ヶ月間はベトナムではあまり気温差がないですが、11月~翌4月までの6ヶ月間はベトナム北部、中部、南部では気温が異なることがよく分かりますね。

ベトナムの国土は日本のように南北と細長い形状をしていますので、南国とは言っても、季節感は都市により違い、気候もやや異なるということですね。

ベトナムの2月の湿度

ベトナムの湿度の年間推移

ベトナムの湿度の年間推移

グラフは、ハノイ、ダナン、ホーチミンの月別の湿度の一年間の推移を示しています。また、ベトナムと日本の湿度の違いが分かりやすいように、東京の湿度を併せて比較しています。

  • ハノイの湿度:82.0%
  • ダナンの湿度:83.0%
  • H.C.Mの湿度:70.0%
  • 東京の湿度 :53.0%

上記の通り、雨の日が比較的多いベトナム中部や北部では湿度が高く、ベトナム南部の湿度は比較的低いことが分かりますね。

やはり、旅行をする時には汗でベタベタする季節はあまり嬉しくないですよね。比較的爽やかな気候の都市を旅行したいのであれば、2月にはベトナム南部がよさそうです。

 

ベトナムの2月の服装

2月のベトナムでの服装はどのような感じなのか?

以下では、ベトナムでの2月の気温や気候に適した服装選びのポイントと2月のベトナムの服装の目安やコーデを画像を交えながら詳しく紹介します。

2月の服装選びのポイント

季節感

服装選びの基準となる季節感について、上記で述べたことを再度掲載します。

  • ベトナム北部の2月の気温:東京の春の時期と同じ程度
  • ベトナム中部の2月の気温:東京の初夏の時期と同じ程度
  • ベトナム南部の2月の気温:東京の真夏の時期と同じ程度

ベトナムでは都市や地域により、気候が異なるため、2月の季節感は上記を参考にされると分かりやすいでしょう。つまり、ベトナム北部では春向けまたは秋向けの服装が必要で、時にはグッと気温が下がる日があるため、ジャンバーが必要なこともあります。ベトナム中部や南部では夏向けの服装で問題ないでしょう。

湿度

ベトナムの気候は、湿度の高さが特徴的ですが、北部や中部の都市では2月でも湿度が高くなるため、体感温度がやや高くなります。そのため、気温以上に暑く感じることがあるでしょう。汗をかきやすくなりますので、サラッとした素材の服がおすすめです。

降雨

2月のベトナムでは雨が多い時期ではなく、乾季にあたりますが、ベトナム北部から中部の都市では大雨にはならないものの雨や曇りの日が多いです。そのため、降雨後には足元が悪くなることもありますので、スニーカー以外にもサンダルかビーチサンダルを持っていくと便利でしょう。

ベトナムの2月の服装の目安

アウター

  • カーディガン
  • パーカー
  • ジャンバー
  • ジャケット

トップス

  • Tシャツ
  • 長袖Tシャツ
  • カットソー

ボトムス

  • ハーフパンツ
  • ロングパンツ
  • ジーンズ

  • スニーカー
  • サンダル
  • ビーチサンダル

その他

  • 帽子
  • サングラス
  • ショール
  • 折り畳み傘

 

2月のベトナム旅行の注意点

2月のベトナム旅行の際の注意点について、4つのポイントを紹介しますので、旅行の際の参考にしてみてください。

紫外線対策

ベトナムは緯度が低いため、一年中、紫外線が強くなります。天気の良い日は太陽の日差しが強いですが、曇りの日でも日焼けしてしまいます。特に晴れている時には、たった30分でも屋外を歩くと日焼けをして、肌が弱い人はヒリヒリし始めます。ベトナムでは外出時には紫外線対策が必要になります。

紫外線対策グッズ

  • 帽子(UVカット)
  • サングラス
  • 日傘(雨晴れ兼用が便利)
  • UVカットクリーム

雨対策

ベトナムでは2月は雨が比較的少ない季節ですが、ベトナム中部などでは雨がパラつくような日が多いですので、ダナンやハノイを訪問する場合は雨対策もしておいたほうが良いでしょう。

雨対策グッズ

  • 折り畳み傘
  • 雨合羽、ポンチョ
  • サンダル、ビーチサンダル

冷房対策

ショッピングセンターやレストランでは冷房が強烈に効いていることがあり、このような屋内では長時間いると、やや寒さを感じることが多いです。また、ホテルでもエアコンが強すぎることがありますので注意。

そのため、特に冷え性の方や冷房の寒さが苦手な方はカーディガンなどの羽織ものが必要になります。

冷房対策グッズ

  • カーディガン、パーカー
  • ショール、ストール

虫刺され対策

一般的に、蚊の吸血活動は26度から31度くらいが最も盛んで、15度以下にならないと活動を停止しないとされています。

ベトナムは、一年中、気温が高いため、蚊が発生します。特に、近くに淀んだ池や水溜りなどがある場所には蚊が多く潜んでいます。

蚊などの虫刺されを媒介として感染する伝染病として、ベトナムではデング熱や日本脳炎などが報告されています。そのため、現地では常に虫刺されには注意する必要があります。

虫刺され対策

  • 虫除けスプレー
  • 虫刺され薬

 

ベトナムの2月の行事と旅行情報

2月のベトナムでの行事やイベントは下記の通りです。

  • テト正月/旧正月(2月上旬~中旬)

ベトナムでのお正月は旧暦に沿ってお祝いしますので、毎年、旧暦の正月の日にちは異なり、2月上旬~中旬頃になることが多いです。

テトの時期の前後では、バスや電車などの公共交通機関が非常に混雑しますので、もしテト期間中に旅行をされる方は事前にチケットなどの予約が必須となります。

また、2月は日本からの航空券は比較的取りやすいかもしれませんが、テトの期間中あるいは前後の時期はベトナム発の航空便は予約が難しくなる傾向です。

さらに、現地ではホテルなどが混雑して、予約し難くなることもありますので、2月のベトナム旅行の際にはテト正月を考慮してスケジュールを組むとよいでしょう。

2月の休暇を上手に利用して、航空券やホテルを安く予約して、旅行のスケジュールを上手に組んでみてください。

この記事がベトナム旅行の計画の一助になり、みなさまのベトナム旅行が充実した楽しい旅になることを願っています!

 

ここまで、ご覧頂きありがとうございます。

海外への航空券はもう手配済みですか? 下記より格安航空券の料金をご確認してみてください。

≫≫ 海外格安航空券の最安値比較はココ

最後に、海外旅行を予定している方へ向けてですが、持ち物の準備は進んでいますか? もし、まだ旅行の準備が終わっていないようでしたら… コンパクトに海外旅行で必要なものだけに絞って、持ち物リストを作ってみましたので、ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました