サンフランシスコの季節別天気(気温/降水量)|旅行時の服装と準備

サンフランシスコの気候と地理概要

  • 気候:地中海性気候(Csb)
  • 緯度:北緯37.62度
  • 経度:東経122.38度
  • 高度:標高6m

サンフランシスコの天気(気温と降水量)

サンフランシスコの気温

  • 春:3月~6月
  • 夏:7月~9月
  • 秋:9月~11月
  • 冬:12月~2月

サンフランシスコは 新潟県や福島県とほぼ同緯度に当たりますが、年間を通して温暖な気候になります。サンフランシスコは夏暑くなく、冬は寒くなく、非常に過ごしやすい気候です。特に、一年中を通してみると、寒暖差が少なく、日本の春や秋が一年中続くような気候が特徴です。

例えば、サンフランシスコでは一年間で最も暑い時期は9月になりますが、9月の平均最高気温は23.4度と比較的涼しく、平均気温が最も低いのは1月の7.0度と冬の時期でも比較的温暖な気候となっています。

サンフランシスコの降水量

サンフランシスコの年間の天気のまとめ

  • 6月~9月の夏期の平均最高気温は22度~23度程度と涼しい
  • 12月~1月の冬の時期の平均最低気温は7度~8度と温暖
  • サンフランシスコは東京と比較すると、夏期は涼しく冬期は温暖なのが大きな特徴
  • 気温の面で最も過ごしやすい時期は3月~11月
  • 年間を通して最も降水量が多いのは12月、1月、2月
  • 春から秋までの時期(4月~10月)は雨が少ない
  • 特に6月から9月までの夏の時期は雨がほとんど降らない

サンフランシスコの気温と降水量の統計データ

 最高気温平均気温最低気温降水量
1月14.210.17.0101
2月15.711.68.2106
3月17.212.79.270
4月18.413.89.832
5月19.415.311.014
6月21.416.812.33
7月21.817.513.40
8月22.318.013.91
9月23.418.213.84
10月22.016.413.023
11月17.713.29.859
12月13.810.37.2104

サンフランシスコへの旅行前のチェックポイントと服装

サンフランシスコを旅行する場合、最も良い旅行シーズンは3月から11月で、12月から2月までの冬の時期も気温は温暖ですが雨の日が少し多くなります。特に夏の時期は雨が降らない上に気温も高くなく涼しいため、アメリカ本土のみならず全世界から旅行客が来て賑わいます。

サンフランシスコの夏と言えば、霧が有名ですが、これはサンフランシスコ海流という寒流がサンフランシスコ湾に流れ込み、その冷たい海流に乗った冷えた強い西風が吹き込み、乾燥したカリフォルニアの大気とぶつかり合うことで水蒸気が発生して、毎朝のように濃霧となるとされています。この霧のおかげで、真夏でも気温の上昇が抑えられているわけです。

冬の時期(12月、1月、2月)にサンフランシスコを旅行する場合は、日本とは反対に雨が降る日が多くなりますので、旅行中に雨に降られてしまうことを覚悟しておきましょう。そのため、旅行グッズとして雨具は必ず準備しておきましょう。

サンフランシスコを旅行する場合の服装

3月~10月

長袖シャツと長ズボンで快適に過ごせます。特に7月から9月までは日中は半袖Tシャツでも快適に過ごせる日が多いですが、朝晩は涼しくなりますので長袖シャツが必要でしょう。

真夏でも海外沿いの都市のため大西洋からの風が爽やかに感じられますが、朝晩は肌寒く感じることもありますので、紫外線対策も兼ねて薄手のウィンドブレーカーなどの準備もしておきましょう。

11月~2月

長袖シャツに上着(ジャケット、ジャンバー)があれば十分でしょう。一日の気温差も少ないため過ごしやすく、冬の時期でも最低気温が0度を下回るような寒さはないため、厚手のコートなどは必要ありません。

ここまで、ご覧頂きありがとうございます。 最後に、海外旅行を予定している方へ向けてですが、持ち物の準備は進んでいますか? もし、まだ旅行の準備が終わっていないようでしたら… コンパクトに海外旅行で必要なものだけに絞って、持ち物リストを作ってみましたので、ご覧ください。

海外旅行の持ち物
海外旅行の際の機内持ち込み手荷物とスーツケース(受託手荷物)に分けて、必要なもの、持って行くと便利なもの、持って行かなくてもよいものを紹介します。海外旅行の準備で持っていくべきか迷わないように詳しく解説します。

シェアする

フォローする