武漢(湖北省)の天気(気温/降水量)と気候|旅行の服装をCheck

武漢の気候と地理概要

  • 都市:中華人民共和国 湖北省 武漢
  • 気候:温暖湿潤気候 (Cfa)(
  • 緯度:北緯30.60度
  • 経度:東経114.05度
  • 高度:標高24m

武漢は鹿児島の南にある種子島の最北端と同緯度にあたり、湖北省の東部に位置しています。気候(ケッペン気候区分)は夏季は非常に暑く冬季は比較的温暖な温暖湿潤気候です。

武漢の天気(気温と降水量)

武漢の気温(最高気温/平均気温/最低気温)

武漢の降水量(mm/月)

武漢の季節

  • 春:3月~5月
  • 夏:6月~9月
  • 秋:10月~11月
  • 冬:12月~2月

武漢の年間の天気のまとめと気象統計データ

  • 最暖月最高気温:33.1度(7月)
  • 最寒月最低気温:0.3度(1月)
  • 年間平均気温:17.1度
  • 年間降水量(mm/年):1,351mm
  • 降雨は春季から夏季に多く、秋季から冬季には比較的少ない

武漢の気温と降水量の統計データ

 最高気温平均気温最低気温降水量
1月8.64.00.347
2月11.36.73.172
3月17.110.87.890
4月22.717.513.3136
5月27.522.718.4169
6月30.226.122.5225
7月33.129.026.0236
8月32.928.525.1127
9月28.924.120.777
10月23.618.414.882
11月16.612.17.763
12月11.26.21.929

武漢への旅行前のチェックポイントと服装

武漢を旅行する場合、旅行に最適なベストシーズンは3月~5月と10月~11月は温暖な季節のため快適に旅行が出来るでしょう。武漢は南京と重慶と並んで中国の三大ボイラー(三大火炉)と称せられるほど夏季には気温が上がり蒸し暑くなる都市として知られています。そのため、この時期に武漢に旅行へ行く場合は暑さを覚悟しておきましょう。

一方、冬季は緯度が低いため比較的温暖ですが、シベリア寒気団が南下した場合などは、過去にはマイナス10度以下になったこともあります。通常は冬季には東京と同じくらいの季節だと考えて置けば問題ないでしょう。

武漢を旅行する場合の服装

3月~5月

3月頃から冬の季節から春の季節に移り変わり、少しづつ寒さが和らいできます。そして4月になると、季節の節目を感じさせるくらい気温が上がり春の陽気に包まれます。東京の春の時期と比べると、半月ほど春の訪れは早く来ます。

また、5月になると平均気温は20度を超えますが、日中と朝晩の寒暖差は10度近くあります。そのため、朝晩は冷え込むことがありますので、薄手のカーディガンやパーカーがあると安心でしょう。

6月~8月

6月になると最高気温は30度を超えてきますので、夏のシーズンの始まる季節です。この時期から最も降雨が多くなる時期と重なり、非常に蒸し暑くなるのが夏季の特徴です。武漢での蒸し暑い夏季の季節は8月まで続きます。

そのため、武漢での夏季の服装はTシャツにハーフパンツやショートパンツのようなスタイルがよいでしょう。ただし、晴天の日は直射日光が非常に強くなりますので、紫外線防止や日焼けが気になる場合は、虫刺され防止も兼ねて麻パンツなどの風通しの良いロングパンツでもよいでしょう。

9月~11月

9月になると気温が下がり始めますが東京と同じように残暑が厳しいのが実際のところです。10月頃になると秋らしくなり始め、武漢では最も過ごしやすい時期になります。そして、秋のシーズンに入り、旅行のベストシーズンになります。

9月はまだまだ夏の装いでも問題ありませんが、10月は長袖シャツに秋物ジャケットやジャンパー、11月頃になるとライトダウンジャケットや秋物コートで快適に過ごすことができます。特に、この時期は暑い夏の時期から一気に気温が下がる時期ですので、日中と朝晩の気温差に気をつけましょう。

12月~2月

12月には東京の冬季と同じくらいの気温になり、冬物コートやダウンジャケットが必要な時期になります。ところが、通常は比較的マイルドな冬季の季節になります。そのため、東京の冬の装いでも問題ありません。ただし、シベリア寒気団が南下して寒波が襲来した時には日本と同様に、気温が下がりますのでマフラーなどの防寒具が必要になります。

ここまで、ご覧頂きありがとうございます。 最後に、海外旅行を予定している方へ向けてですが、持ち物の準備は進んでいますか? もし、まだ旅行の準備が終わっていないようでしたら… コンパクトに海外旅行で必要なものだけに絞って、持ち物リストを作ってみましたので、ご覧ください。

海外旅行の持ち物
海外旅行の際の機内持ち込み手荷物とスーツケース(受託手荷物)に分けて、必要なもの、持って行くと便利なもの、持って行かなくてもよいものを紹介します。海外旅行の準備で持っていくべきか迷わないように詳しく解説します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする