敦煌(甘粛省)の天気(気温/降水量)と気候|旅行の服装をCheck

敦煌の気候と地理概要

  • 都市:中華人民共和国甘粛省 敦煌
  • 気候:砂漠気候 (BWk)
  • 緯度:北緯40.15度
  • 経度:東経94.68度
  • 高度:標高1,140m

敦煌は北海道の秋田県とほぼ同緯度にあたり、気候区分は夏季は気温が高く暑く、冬季は低温で寒冷になるため、気温の年較差が非常に大きくなります。気候(ケッペン気候区分)は砂漠気候です。敦煌はモンゴル南部の内陸部に位置しています。

敦煌の天気(気温と降水量)

敦煌の気温(最高気温/平均気温/最低気温)

敦煌の降水量(mm/月)

敦煌の季節

  • 春:4月~5月
  • 夏:6月~8月
  • 秋:9月~10月
  • 冬:11月~3月

敦煌の年間の天気のまとめと気象統計データ

  • 最暖月最高気温:33.8度(7月)
  • 最寒月最低気温:-14.7度(1月)
  • 年間平均気温:10.6度
  • 年間降水量(mm/年):40mm
  • 内陸の砂漠のため年間を通して降雨はほとんどない

敦煌の気温と降水量の統計データ

 最高気温平均気温最低気温降水量
1月-0.8-8.0-14.71
2月5.8-2.5-9.00
3月14.95.0-1.12
4月22.712.95.83
5月28.119.111.15
6月32.223.416.47
7月33.825.118.511
8月32.423.416.35
9月27.117.310.33
10月19.99.02.11
11月9.40.9-4.91
12月1.1-6.1-11.71

敦煌への旅行前のチェックポイントと服装

敦煌を旅行する場合、旅行に最適なベストシーズンは4月~5月または9月で、11月から3月までの冬季は気温が氷点下に下がり非常に寒さが厳しくなります。

夏季は緯度の割には気温が比較的高くなり、温暖な季節になりますが、冬季は期間が長く、シベリア気団の影響で気温が氷点下まで下がります。そして、内陸部のため気温が上がらず非常に寒さが厳しくなりますので、防寒具を含め服装には注意が必要です。

砂漠地帯のため、降雨はほとんどありませんので、大気が非常に乾燥しています。そのため、皮膚の乾燥を防ぐために保湿クリーム、喉や気管を守るためにマスクやのど飴を持っていくとよいでしょう。

敦煌を旅行する場合の服装

4月~5月

3月頃から極寒の季節から寒さが緩み始める季節に移り変わり、少しづつ寒さが和らいできます。そして4月になると、季節の節目を感じさせるくらい気温が上がり春の時期が始まります。

また、5月になると平均気温が20度を越える日が多くなりますが、日中と朝晩の寒暖差は15度以上あります。そのため、5月には日中は長袖シャツ一枚でも過ごせる日があるかもしれませんが、朝晩は冷え込むことがありますのでフリースかパーカーがあると安心でしょう。

6月~8月

6月になると平均最高気温は30度を超える日が多くなり、本格的な夏のシーズンが始まります。敦煌の夏の時期は、日中は気温が高くなり砂漠タイの影響もあり猛烈な暑さになります。

夏の時期は半袖とハーフパンツあるいはショートパンツなど風通しの良い服装が理想ですが、日較差も大きいため朝晩は気温が低くなりますので、薄手のジャケットかパーカー、ロングパンツなどがあると安心です。

9月~10月

9月になると急激に気温が下がり、秋の気配を感じる季節になります。そして、敦煌では最も過ごしやすい時期になり、旅行のベストシーズンになります。10月は寒さが更に増しますので、冬物ジャケットかダウンジャケットが必要になります。特に、この時期は暑い夏の時期から一気に気温が下がる時期ですので、気温差に気をつけましょう。

11月~3月

敦煌の冬の時期は東京よりも1ヶ月半くらい早く訪れ、11月には氷点下になる日が多くなります。12月以降には更に寒さが増して3月頃までは、底冷えする極寒の季節になりますので、マフラー、手袋、ニット製の帽子、ブーツなどのあらゆる防寒具が必要になります。

ここまで、ご覧頂きありがとうございます。 最後に、海外旅行を予定している方へ向けてですが、持ち物の準備は進んでいますか? もし、まだ旅行の準備が終わっていないようでしたら… コンパクトに海外旅行で必要なものだけに絞って、持ち物リストを作ってみましたので、ご覧ください。

海外旅行の持ち物
海外旅行の際の機内持ち込み手荷物とスーツケース(受託手荷物)に分けて、必要なもの、持って行くと便利なもの、持って行かなくてもよいものを紹介します。海外旅行の準備で持っていくべきか迷わないように詳しく解説します。

シェアする

フォローする