広州の7月の気温は何℃?天気や気候に適した服装は?

広州の7月の気温と服装について、気象データを参考に現地事情を詳しく解説します。

観光やビジネスで中国各都市への乗り継ぎなどで、広州への旅行を予定していますか?

7月の広州への出発前には、現地の状況が気になるのではないでしょうか。

  1. 広州の7月の気温は何℃くらい?
  2. 広州の7月の天気は良い?悪い?
  3. 広州の7月は雨が多い?少ない?
  4. 7月の広州の気候は暑い?涼しい?
  5. 7月の広州旅行の服装はどう?
  6. 7月の広州旅行での注意点は何?

7月に広州への旅行を検討している方は、上記のような疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?

そこで、以下では気象データをもとに、7月の広州の気温、天気、気候、天候、旅行時の服装、この時期の広州における祝日や旅行情報をご紹介します。

最初にポイントだけを挙げておくと、下記の3つになります。

  1. 広州の7月の気温は26℃~34℃
  2. 広州の7月の天気について、雨が非常に多い
  3. 広州の7月の服装は夏服に薄手の上着の準備を

 

広州の7月の気候

  • 広州:温帯夏雨気候(Cwa)

広州の気候区分は、温帯夏雨気候となります。

広州は、緯度が沖縄本島よりも低く、内陸部に位置しています。

このような地理的条件により、広州の気候は、夏季は高温となり、雨も多いため、高温多湿となり、非常に蒸し暑くなります。

一方、冬季は温暖冷涼で、降水量も少なく、大気が乾燥するため、過ごしやすいのが特徴です。

広州の季節について、春夏秋冬の四季は、下記のようになります。

  • 春:3月〜4月
  • 夏:5月〜9月
  • 秋:10月〜11月
  • 冬:12月〜2月

ただし、東京の気温などの気象状況を基準に区分すると、実質的に寒い冬は存在しません。

広州の気候は、東京と比較すると、年間を通して、温暖であるのが特徴です。

そして、春と夏の到来は東京より早く、秋の到来は遅くなり、日本のような寒い冬の季節はほとんどありません。

広州の7月の気候は、どのような季節感なのでしょうか?

広州の7月の気候は、真夏の季節にあたり、気温が高く、雨が多いため、高温多湿で蒸し暑い時期です。

広州の気温の年間推移

広州の気温の年間推移 広州の月別平均気温 最高気温 最低気温 広州と東京の気温の比較

広州の気温(℃)の年間推移

以下では、広州の7月の気温が、どれくらいなのかを東京の平均気温と比較して解説します。

上のグラフは気象統計データをもとにした広州の気温の年間推移です。

上のグラフは月平均最高気温(赤色)、月平均気温(オレンジ色)、月平均最低気温(青色)の各気温を示しています。

また、広州と日本の気温の違いがよく分かるように、東京の月平均気温(黒色)とも比較しています。

グラフの通り、年間気温の推移を見ると、広州の気温は通年では、東京よりも随分と高く推移していることを示しています。

特に、夏季は期間が長く、東京よりはるかに、高温となる傾向です。

 

広州の7月の気温

広州の7月の気温は何℃?

広州の7月の気温は何℃くらいなのか?

7月の広州では、暑いのでしょうか?涼しいのでしょうか?

  • 最高気温:33.5℃
  • 平均気温:29.0℃
  • 最低気温:25.8℃

※上記の気温は広州の7月の月平均最高気温(℃)、月平均気温(℃)、月平均最低気温(℃)を示しています。

 

広州の7月の気温の特徴

広州の7月の気温 日ごとの気温は何℃? 平均気温 最高気温 最低気温

広州の7月の気温(℃)

上のグラフは広州の7月の日ごとの気温の推移を示しています。

当月の日ごとの平均気温(℃)、最高気温(℃)、最低気温(℃)と併せて、東京の最高気温と最低気温の平年値と比較しています。

広州の7月の上旬・中旬・下旬の気温

広州の7月の上旬・中旬・下旬の気温について、月内の気温は、おおむね25℃〜38℃の範囲で推移しています。

週ごとの気温について、緩やかに上がったり下がったりを繰り返し、徐々に上昇します。

その気温差は10℃程度のため、変動幅はやや大きく、上旬と下旬では気温差は大きくなります。

広州の7月の日較差

日較差とは、気温が最も高くなる日中と気温が最も低くなる朝晩の気温差です。

7月の広州では、一日の気温差に関して、最高気温と最低気温では5℃〜10℃程度の気温差があります。

日中は非常に暑くなり、朝晩も雨が多いため、体感温度は高くなる傾向です。

広州と東京の気温差

広州と東京とは、5℃程度の気温差があり、広州の方が気温がやや高いため、東京から広州に到着した際には、とても暑く感じることでしょう。

 

広州の7月の天気

広州への出発前には、現地の天気の良し悪しが気になりますね。

特に、現地の雨の状況が心配ではないでしょうか?

そこで、以下では、広州の7月の雨の状況を降水量の気象データで解説します。

広州の降水量の年間推移

広州の降水量の年間推移 広州の月別降水量 広州と東京の降水量の比較

広州の降水量(mm)の年間推移

以下では、広州の7月の降水量について詳しく紹介します。

上のグラフの青色の線の推移は広州の月別の降水量の年間推移を示しています。

そして、日本との降水量の違いがよく分かるように、東京の降水量と比較しています。

通年では、広州では季節による降水量は、夏は非常に多く、冬は比較的少ない傾向です。

以下で、広州と東京の7月の降水量を詳しくまとめておきますので、旅行時の天候の予測にお役立てください。

広州の7月の降水量

  • 広州の7月の降水量:223mm/月
  • 東京の7月の降水量:154mm/月

広州の7月の天候

7月の広州での降水日数について、下記の通りです。

  • 11日/31日(2022年7月実績)
  • 12日/31日(2021年7月実績)
  • 8日/31日(2020年7月実績)

7月の広州では、年により若干異なりますが、雨になる日が10日前後は予想されますので、雨対策の準備が必要でしょう。

 

広州の7月の服装

以下では、旅行出発前に注意したいことを含め、現地の気候に適した服装を詳しく紹介します。

広州の7月の服装選びのポイント

広州の7月の服装は、どのような感じなのか?

服装選びのポイントは、紫外線対策と虫刺され対策、雨対策になります。

紫外線対策

広州での夏季の紫外線指数(UVインデックス)は「12」と非常に高い傾向です。

天気の良い日は太陽の光線が強くなり、曇りの日でさえも紫外線は容赦なく皮膚を襲います。

特に晴れている時には、30分程度、外を歩くだけでも日焼けして、肌が弱い人はヒリヒリし始めます。

外出する時には紫外線対策が必要になります。

紫外線対策グッズ

  • 帽子(UVカット)
  • サングラス
  • 日傘(雨晴れ兼用が便利)
  • UVカットクリーム

虫刺され対策

一般的に、蚊の吸血活動は26℃から31℃くらいが最も盛んで、15℃以下にならないと活動を停止しないとされています。

特に、近くに淀んだ池や水溜りなどがある場所には蚊が多く潜んでいます。

蚊などの虫刺されを媒介として感染する伝染病にも注意が必要でしょう。

そのため、旅行前には虫刺され対策の準備をしておくと安心です。

虫刺されグッズ

  • 虫除けスプレー
  • 虫刺され薬
  • 薄手の羽織もの

雨対策

この時期は雨が多いため、出発前には、それなりの準備が必要になります。

現地では、雨が降る日は大雨になることもあり、その際は足元が悪くなることもあります。

このような事情を考慮すると、スニーカー以外にもサンダルかビーチサンダルを持っていくと便利でしょう。

そして、雨の日はボトムスは裾が濡れにくい、七分丈パンツやショートパンツがおすすめです。

また、レインコートや折りたたみ傘を持っていくことも忘れずに!

広州の7月の服装の目安

アウター

  • パーカー
  • カーディガン
  • ラッシュガード
【レディース】

※商品詳細、在庫、価格は画像タップ(クリック)で公式ショップへ

【メンズ】

※商品詳細、在庫、価格は画像タップ(クリック)で公式ショップへ

トップス

  • Tシャツ
  • 半袖シャツ
  • ポロシャツ
【レディース】

※商品詳細、在庫、価格は画像タップ(クリック)で公式ショップへ

【メンズ】

※商品詳細、在庫、価格は画像タップ(クリック)で公式ショップへ

ボトムス

  • ロングパンツ
  • デニム
  • 七分丈パンツ
【レディース】

※商品詳細、在庫、価格は画像タップ(クリック)で公式ショップへ

【メンズ】

※商品詳細、在庫、価格は画像タップ(クリック)で公式ショップへ

  • スニーカー
  • ローファー
  • サンダル

※商品詳細、在庫、価格は画像タップ(クリック)で公式ショップへ

その他

  • 帽子
  • サングラス
  • 折り畳み傘
  • レインコート

※商品詳細、在庫、価格は画像タップ(クリック)で公式ショップへ

バッグ

  • バックパック
  • ボディーバッグ
  • トラベルポーチ

※商品詳細、在庫、価格は画像タップ(クリック)で公式ショップへ

関連≫≫ スーツケースのサイズを旅行日数を基準に選ぶ

 

まとめ

広州旅行前のチェックポイント

広州への出発前に気になる現地の気象状況と服装を中心に紹介しました。

現地の気象と旅行時の服装に関するポイントをまとめておきますので参考にしてみてください。

  • 広州の7月の気温は26℃~34℃
  • 広州の7月は気温が高く、雨が非常に多いため、蒸し暑い
  • 7月の天気について、降水量も降水日数も非常に多くなる時期
  • 7月の気候について、真夏の季節にあたり、高温多湿
  • 7月の広州旅行の服装は夏服に薄手の上着の準備を
  • 7月の広州旅行の注意点は紫外線対策と虫刺され対策

 

広州の7月のイベント

広州の7月の祝日やイベントは、下記の通りです。

  • 学校は夏休み期間中

広州の7月には、上記の通り、祝日はないものの、夏休みのため、現地では通常とは異なる状況が想定されます。

ホテルについて、大きなイベント期間中には、現地ではホテルは繁忙期となるため、宿泊料金が高くなったり、手配が難しくなることもあります。早めの予約をお勧めします。

交通機関について、イベントなどによる人の往来により、混雑することが予測されますので、遅延などを考慮して早めの行動が必要でしょう。

日本からの航空券について、夏休み期間のため繁忙期になりますので、値段が高騰したり、手配が難しくなる傾向です。出来るだけ早めの予約をオススメします。

飛行機の航空券は、たった数日、旅程が違うだけで、料金が大きく異なりますので、上手にお得な旅行を探してみてください。

この記事が広州旅行の計画の一助となり、みなさまの広州旅行が充実した楽しい旅行になることを心より願っています!

ここまで、ご覧頂きありがとうございます。

海外への航空券はもう手配済みですか? 下記より格安航空券の料金をご確認してみてください。

≫≫ 海外格安航空券の最安値比較はココ

最後に、海外旅行を予定している方へ向けてですが、持ち物の準備は進んでいますか? もし、まだ旅行の準備が終わっていないようでしたら… コンパクトに海外旅行で必要なものだけに絞って、持ち物リストを作ってみましたので、ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました