クロアチアの7月の気温と服装。天気と気候も夏休み旅行前に確認!

クロアチアの7月の気温と服装について、気象データを参考に詳しく解説します。

クロアチアは教会や大聖堂や美しい大自然などが魅力な観光地として知られています。

7月のクロアチア旅行前には現地の状況が気になりますね。

  1. クロアチアの7月の気温は何度くらい?
  2. クロアチアの7月の天気は良い?悪い?
  3. 7月にはクロアチアでは雨は多い?少ない?
  4. クロアチアの7月の気候は暑い?涼しい?
  5. 7月のクロアチア旅行の服装はどう?
  6. 7月のクロアチア旅行での注意点は何?

7月にクロアチアへ出発する予定の際には、上記のような疑問を持っている方もいるのではないでしょうか?

そこで、以下では気象データをもとに、7月のクロアチアの気温、天気、気候、天候、現地の服装、この時期の行事などの旅行情報を紹介します。

 

クロアチアの7月の気温

7月ザグレブスプリト東京
最高気温29.4℃30.4℃29.2℃
平均気温22.2℃25.3℃25.0℃
最低気温18.9℃20.3℃21.8℃

クロアチアの7月の気温は何度くらいなのか?

7月のクロアチアではもう暖かいのか?まだ寒さが残るのか?

上表はザグレブとスプリトの7月の月平均最高気温(℃)、平均気温(℃)、月平均最低気温(℃)を示しています。

  • ザグレブ:クロアチアの首都で内陸部の都市
  • スプリト:クロアチア第二の都市で沿岸都市

7月のクロアチアの気温は東京と同じ程度に温暖冷涼なのが特徴。

以下では、気象統計データにより、クロアチアの平均気温の年間推移について、7月の気温がどれくらいなのかをグラフや表で詳しく解説します。

クロアチアの平均気温の年間推移

クロアチアの平均気温の年間推移

クロアチアの平均気温(℃)の月別の年間推移

上のグラフはザグレブとスプリトの月別の平均気温の一年間の推移を示しています。

また、クロアチアと日本の気温の違いが分かるように、東京の月別平均気温も併せて、クロアチアの各都市と東京の気温を比較しています。

クロアチアは国土が南北に長いなど地理的条件が異なるため、各都市では若干気温差があることを示しています。

クロアチアの7月の気温の特徴

  • クロアチア・ザグレブの7月の最高気温は29.4℃
  • クロアチア・ザグレブの7月の平均気温は22.2℃
  • クロアチア・ザグレブの7月の最低気温は18.9℃
  • クロアチアの気温は内陸部ではやや低く、沿岸部では比較的高い

※上記は月平均最高気温、日ごと平均気温、月平均最低気温を示しています。

クロアチアの7月の気温の推移

クロアチアの7月の上旬、中旬、下旬の気温の推移について、グラフと表で詳しく紹介します。

下のグラフで示している通り、クロアチアの7月の気温は上旬~下旬に向けて、一週間間隔で緩やかな変動を繰り返します。

そのため、7月の上旬と下旬では気温が少し異なるため、一週間以上の旅行の場合は現地では、日によって気温の違いを肌で感じることもあるかもしれません。

そこで、以下では観光地として人気が高いザグレブについて、クロアチアの7月の1ヶ月間の日ごとの最高気温と最低気温の推移を紹介します。

また、クロアチアと日本では、気温差がどれくらい違うのか分かりやすいように、東京の最高気温と最低気温で比較しています。

ザグレブの7月の気温の推移

ザグレブの7月の気温の推移

ザグレブの7月の気温の推移

ザグレブの7月の上旬・中旬・下旬の最高気温と最低気温
ザグレブ最高気温最低気温
7月上旬28.0 (+0.3)16.4 (-4.0)
7月中旬27.1 (-2.0)14.1 (-7.7)
7月下旬32.3 (+1.9)19.0 (-3.9)

上表はザグレブの7月の上旬、中旬、下旬の最高気温と最低気温で、(カッコ)内は東京との気温差を示しています。

上旬・中旬・下旬の気温差

ザグレブでは7月の上旬、中旬、下旬では平均すると数℃程度の気温差しかありませんが、実際には一週間間隔で変動し、徐々に気温は上がります。週によっては最大で10℃程度の気温差があります。

最高気温と最低気温の気温差

ザグレブの最高気温と最低気温について、数℃前後の気温差がありますが、一日の内の寒暖差を示す日較差については最大で15℃くらいあり、寒暖差を感じますので、日中の暖かさと朝晩の冷え込みの落差に注意。

ザグレブと東京の気温差

東京とザグレブを比べると、-8℃~+2℃の気温差があり、ザグレブの空港到着時には寒暖差を若干感じるかもしれませんが気になるほどではないでしょう。

 

クロアチアの7月の天気

クロアチアの7月の天気は良い?悪い?

海外旅行が充実したものになるかどうかは、現地の天気の良し悪しに左右されることが多いですね。

そこで、以下では、クロアチアの7月の雨の状況を降水量、降水日数、日照時間の気象データで解説します。

クロアチアの雨の状況

クロアチアの降水量の年間推移

クロアチアの降水量(mm/月)の年間推移

海外旅行の際には現地での雨が心配ではないでしょうか?

クロアチアの主要都市の降水量について紹介します。

グラフはザグレブとスプリトの月別の降水量の年間推移を示しており、日本との雨の状況の違いが分かりやすいように、東京の降水量と比較しています。

通年では、クロアチアの主要都市の降水量は東京と比べ少ないことがよく分かりますね。ところが、降水日数はやや多くなります。

以下で各都市の天気を詳しくまとめておきますので、旅行時の訪問都市の天候の予測にお役立てください。

クロアチアの7月の降水量

  • ザグレブの7月の降水量:79mm/月
  • スプリトの7月の降水量:35mm/月
  • 東京の7月の降水量:154mm/月

上記の通り、クロアチアの7月の降水量は非常に少ないのが特徴です。それでは、雨の日数はどれくらいでしょうか?

クロアチアの7月の降水日数

クロアチアの降水日数の年間推移

クロアチアの降水日数(平均日数/月)の年間推移

  • ザグレブの7月の降水日数:10.9日/月
  • スプリトの7月の降水日数:6.0日/月
  • 東京の7月の降水日数:10.3日/月

7月のクロアチアでは降水日数は都市によって異なり内陸部はやや多く、沿岸部は少ないのが特徴です。クロアチア旅行の際には、現地では雨に降られることもありますので、日傘にもなる折り畳み傘を一本持って行くと安心です。

クロアチアの7月の日照時間

クロアチアの日照時間の年間推移

クロアチアの日照時間(時間/月)の年間推移

7月のクロアチアでは緯度がやや高いため、季節的に日照時間が最も長くなる時期にあたります。日照時間は東京と比べて、かなり長くなりますので、充分に観光を楽しむことができるでしょう。

 

クロアチアの7月の気候

  • クロアチアの気候:地中海性気候(Cs)

クロアチアの気候区分は国土の大半は地中海性気候(Cs)です。

クロアチアの気候の特徴はアドリア海沿岸部は冬でも比較的温暖ですが、乾燥した大気で冷たい「ボーラ」と呼ばれる局地風が吹き込みます。

また、内陸部では夏季と冬季の寒暖差が大きい大陸性気候の地域もあります。

クロアチアの7月の気候はどのような感じなのか?

年間を通して温暖で過ごしやすいクロアチアですが、7月は暑い夏の季節にあたり、快適に過ごすことができますが、気温や天候が変わりやすいため出発前には服装選びが重要でしょう。

以下では、旅行出発前に注意したいことを含め、現地の気候に合った服装を詳しく紹介します。

 

クロアチアの7月の服装

クロアチアの7月の服装はどのような感じなのか?

この時期に日本からクロアチアへ旅行へ行く際には、どのような服装を準備すればよいのか、旅行時の注意点を含め、7月のクロアチアの旅行時の服装が気になるところですね。

7月のクロアチアは日本での夏の服装を基準に考えるとよいでしょう。

以下では、クロアチアの7月の服装選びのポイント、クロアチアの現地事情に合った服装の目安気候や天候に適したコーデについて画像を交えて詳しく紹介します。

クロアチアの7月の服装選びのポイント

クロアチアの7月の服装選びのポイントは寒暖差への対応と紫外線対策

寒暖差の対応

朝晩は都市によってはやや肌寒く感じることがありますので、ウインドブレーカーやカーディガンなど上着は必要です。

また、日中と朝晩では寒暖差が大きいため、脱ぎ着のしやすく重ね着がしやすい服なら体温調整がしやすいでしょう。

朝晩は肌寒く感じる日もありますので、ストールなどもあると安心でしょう。

  1. 東京での晩春~夏の服装でOK
  2. トップスは「薄い羽織もの+Tシャツ」など
  3. ボトムスはロングパンツやワンピースがおすすめ
  4. 履き物は歩きやすいスニーカーが◎

紫外線対策

この時期のクロアチア旅行での注意点は外出時の紫外線の強さです。特に、天気もが良い日には強い紫外線を浴びることになります。紫外線対策として、UVカット帽子、UVカットカーディガン、UVカット日傘、UVカットクリームなどの準備を。

クロアチアの7月の服装の目安

アウター

  • カーディガン
  • パーカー
  • ウインドブレーカー

トップス

  • Tシャツ
  • カットソー
  • プルオーバー

ボトムス

  • 七分丈パンツ
  • デニム
  • ワンピース

  • スニーカー
  • ウォーキングシューズ
  • サンダル

その他

  • 帽子
  • ストール
  • サングラス
  • 雨傘

 

クロアチアの7月の旅行情報

クロアチアの7月の祝日は下記の通りです。

  • クロアチアでは7月に祝日はなし
  • 学校は夏休み期間中

7月のクロアチアでは上記の通り、祝日はありませんが、学校は夏休みの期間になりますので、国内外からの観光客で賑わいます。

そのため、都市によって、あるいは週によってはホテルの手配が難しくなったり、宿泊料金が高くなる時期ですので、できるだけ早めの予約をおすすめします。

7月下旬から日本からの海外旅行は超繁忙期に入り、飛行機の人気路線の航空券は手配が難しくなったり、料金が高騰することが予想されますので、こちらも早めの予約を!

飛行機の航空券は、たった数日、旅程が違うだけで料金が大きく異なりますので、上手にお得な旅行を探してみてください。

この記事がクロアチア旅行の計画の一助となり、皆さまのクロアチア旅行が充実した楽しい旅行になることを心より願っています!

ここまで、ご覧頂きありがとうございます。

海外への航空券はもう手配済みですか? 下記より格安航空券の料金をご確認してみてください。

≫≫ 海外格安航空券の最安値比較はココ

最後に、海外旅行を予定している方へ向けてですが、持ち物の準備は進んでいますか? もし、まだ旅行の準備が終わっていないようでしたら… コンパクトに海外旅行で必要なものだけに絞って、持ち物リストを作ってみましたので、ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました