セビリアの天気と気候(気温/降水量)|旅行の服装をCheck

セビリアの気候と地理概要

  • 都市:スペイン王国 セビリア
  • 気候:地中海性気候 (Csa)
  • 緯度:北緯37.22度
  • 経度:西経5.59度
  • 高度:標高34m

セビリアの天気(気温と降水量)

セビリアの気温(最高気温/平均気温/最低気温)

セビリアの降水量(mm/月)

セビリアの季節

  • 春:3月~5月
  • 夏:6月~9月
  • 秋:10月~11月
  • 冬:12月~2月

セビリア(セビリヤ、セビーリャ)はスペイン南西部に位置しており、気候区分(ケッペン気候区分)は地中海性気候に属しています。気候の特徴は夏季には気温が高くなりますが降雨がほとんどなく乾燥した気候になります。一方、冬季は地中海の海流の影響を受け、比較的温暖な気候で、降雨が比較的多くなるのが特徴です。

セビリアの年間の天気のまとめと気象統計データ

  • 最暖月最高気温:36.6度(7月・8月)
  • 最寒月最低気温:6.8度(1月)
  • 年間平均気温:19.7度
  • 年間降水量(mm/年):547mm
  • 降雨は冬季に多く、夏季には少ない

セビリアの気温と降水量の統計データ

 最高気温平均気温最低気温降水量
1月16.511.26.869
2月17.813.07.351
3月21.016.19.238
4月23.917.912.148
5月28.521.515.037
6月33.125.718.69
7月36.628.621.00
8月36.628.421.34
9月31.624.718.933
10月26.920.515.576
11月20.215.210.074
12月17.112.07.2110

セビリアへの旅行前のチェックポイントと服装

セビリアを旅行する場合、旅行に最適なベストシーズンは3月~5月および10月~11月で、この時期は一年の内でも気温が温暖で過ごしやすくなる時期です。6月から9月に掛けて気温は30度以上に高くなる日が多く、ヨーロッパでも最も気温が高くなる都市の一つとして有名です。

セビリアを旅行する場合の服装

3月~5月

セビリアは地中海の海流の影響で冬季でも十分温暖ですが3月頃からの冬の涼しさから徐々に季節が移り変わり、少しづつ春の陽気に包まれ始めます。そして4月になると、季節の節目を感じさせるくらい気温が上がり春本番の時期が始まります。この時期は日本の春物の服装で快適に過ごすことができます。

6月~9月

6月になると最高気温が30度を超える日が多くなり、本格的な夏のシーズンが始まります。セビリアの夏の時期は、日中は気温が非常に高くなりますが、降雨がほとんどないため日陰に入れば比較的暑さを凌げるため観光はしやすいでしょう、。夏季には夜9時頃まで明るいため、夕方以降のアクティビティが多いのが特徴です。

そのため、夏の時期は半袖とハーフパンツあるいはショートパンツなど風通しの良い服装が理想ですが、直射日光が非常に強いため外出時間が長くなる場合は日焼け防止のために薄手の長袖シャツやロングパンツで出かけられることをお勧めします。

10月~11月

10月になっても、まだまだ気温が高い日が多いですが、10月頃になると徐々に気温が下がってきます。そして、漸く秋の気配を感じる季節になります。この時期はセビリアでは最も過ごしやすい時期になり、旅行のベストシーズンになります。

11月頃でも日本の10月くらいの季節に相当しますので、この時期の服装は長袖シャツあるいはパーカーだけで十分でしょう。ただし、朝晩は少し涼しく感じる日もありますのでジャケットやフリースなどが一着あるとよいでしょう。

12月~2月

セビリアの冬の時期は比較的短く、あるいは冬季でも温暖なため冬季が存在しないとも言えます。服装は日本での秋物の服装で問題ありません。コンパクトに折り畳め持ち運びが便利なライトダウンジャケットを持っていくとよいでしょう。

ここまで、ご覧頂きありがとうございます。 最後に、海外旅行を予定している方へ向けてですが、持ち物の準備は進んでいますか? もし、まだ旅行の準備が終わっていないようでしたら… コンパクトに海外旅行で必要なものだけに絞って、持ち物リストを作ってみましたので、ご覧ください。

海外旅行の持ち物
海外旅行の際の機内持ち込み手荷物とスーツケース(受託手荷物)に分けて、必要なもの、持って行くと便利なもの、持って行かなくてもよいものを紹介します。海外旅行の準備で持っていくべきか迷わないように詳しく解説します。

シェアする

フォローする