サンタマリアの天気(気温/降水量)と気候|旅行の服装と準備をCheck

サンタマリアの気候と地理概要

  • 都市:アメリカ合衆国 カリフォルニア州 サンタマリア
  • 気候:地中海性気候(Csb)
  • 緯度:北緯34.57度
  • 経度:西経120.26度
  • 高度:標高79m

サンタマリアの天気(気温と降水量)と季節

サンタマリアの気温

サンタマリアの降水量

サンタマリアの季節

  • 春:3月~5月
  • 夏:6月~10月中旬
  • 秋~冬:10月中旬~2月

サンタマリアの年間の天気のまとめ

  • 季節としては夏期はあっても、夏の暑さを伴う夏季は存在しない珍しい気候
  • 一年で気温が最も低い時期は12月~1月で平均最低気温は4度~5度程度
  • サンタマリアは夏季は温暖冷涼で、冬季も比較的温暖な気候が特徴
  • サンタマリアは標高が低く、北太平洋の海流の影響を受け夏は冷涼で冬は温暖
  • 年間を通して気温の年較差が小さく、気温の日較差が大きい
  • 降雨は冬期に比較的多く夏期はほとんどなく、年間降水量は350mm

サンタマリアの気温と降水量の統計データ

 最高気温平均気温最低気温降水量
1月19.311.04.874
2月19.111.85.674
3月20.312.46.760
4月20.913.47.324
5月21.014.89.010
6月22.116.210.92
7月23.017.612.80
8月23.317.812.81
9月24.617.712.14
10月24.416.310.615
11月21.613.57.033
12月17.610.94.556

サンタマリアへの旅行前のチェックポイントと服装

サンタマリアは北太平洋の海流の影響を受けて、年間を通して非常に安定しており、夏は涼しく、冬は温暖な気候です。また、夏期の気温が低く抑えられているため、一年を通して快適に過ごすことができます。

ただし、夏の時期は日照時間が長く直射日光が強いため、晴天の場合に外出時間が長くなる場合は紫外線対策や日焼け対策が必要です。薄手の長袖シャツや帽子などで首や腕を日焼けから守りましょう。肌が弱い方などは日焼け止めクリームなどを利用すると良いでしょう。

冬の時期(12月~2月)は緯度が高い割には北太平洋の海流の影響で、氷点下になることは少なく、比較的温暖です。冬季でも最高気温が20度近くあるため日中は暖かいですが、朝晩は10度以下に下がることが多いため服装に注意しましょう

サンタマリアを旅行する場合の服装

6月~10月

春から夏までの季節でも平均最高気温が25度を上回ることが少ないため、日中は半袖でも大丈夫ですが、常に薄手の上着が必要です。そして、この時期でも最低気温は10度程度まで下がることがあるため、ジャケットやパーカーなど必要になります。7月や8月でも半袖シャツとハーフパンツのスタイルでは寒さを感じるでしょう。

  • アウター:春物ジャケット、パーカー、カーディガン
  • トップス:長袖シャツ、長袖Tシャツ、長袖ニット
  • ボトムス:コットンパンツ、ジーンズ
  • その他:帽子、サングラス

11月~5月

11月から翌2月頃までは朝晩は少し冷え込むこともあり、涼しい季節が続きます。そのため、日中は長袖シャツにパーカーなどのスタイルでも大丈夫ですが、朝晩はライトダウンジャケットやダウンジャケットなどの上着が必要になります。冬期でも降雪は過去にもほとんどないため防寒具は必要ないでしょう。

  • アウター:ジャケット、ライトダウンジャケット、ダウンジャケット
  • トップス:長袖シャツ、長袖Tシャツ、長袖ニット、セーター
  • ボトムス:コットンパンツ、ジーンズ
  • その他:帽子、サングラス

ここまで、ご覧頂きありがとうございます。 最後に、海外旅行を予定している方へ向けてですが、持ち物の準備は進んでいますか? もし、まだ旅行の準備が終わっていないようでしたら… コンパクトに海外旅行で必要なものだけに絞って、持ち物リストを作ってみましたので、ご覧ください。

海外旅行の持ち物
海外旅行の際の機内持ち込み手荷物とスーツケース(受託手荷物)に分けて、必要なもの、持って行くと便利なもの、持って行かなくてもよいものを紹介します。海外旅行の準備で持っていくべきか迷わないように詳しく解説します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする