イズミルの天気(気温/降水量)と気候|旅行の服装と準備をCheck

イズミルの気候と地理概要

  • 都市:トルコ共和国 イズミル
  • 気候:地中海性気候(Csa)
  • 緯度:北緯38.26度
  • 経度:東経27.09度
  • 高度:標高25m

イズミルの天気(気温と降水量)

イズミルの気温(最高気温/平均気温/最低気温)

イズミルの降水量(mm/月)

イズミルの季節

  • 春:3月~5月
  • 夏:6月~9月
  • 秋:10月~11月
  • 冬:12月~2月

イズミルはトルコ西部にあり、エーゲ海沿岸の港湾都市でトルコ第三の都市とされています。気候区分(ケッペン気候区分)は地中海性気候に属しています。

イズミルの気候の特徴は夏季には気温が高くなり、冬季は地中海から流れ込むエーゲ海の海流の影響を受け、比較的温暖な気候です。また、降雨は夏季には非常に少なく、冬季に降雨が多くなるという典型的な地中海性気候の影響を受けています。

イズミルの年間の天気のまとめと気象統計データ

  • 最暖月最高気温:33.8度(8月)
  • 最寒月最低気温:6.1度(1月)
  • 年間平均気温:18.6度
  • 年間降水量(mm/年):675mm
  • 降雨は夏季には少なく、冬季に多い

イズミルの気温と降水量の統計データ

 最高気温平均気温最低気温降水量
1月13.09.16.1102
2月14.59.47.1104
3月17.411.78.781
4月21.616.311.945
5月26.521.116.022
6月31.026.020.98
7月33.828.424.02
8月33.728.024.12
9月29.123.919.823
10月23.919.015.046
11月19.013.911.2112
12月14.010.57.2128

イズミルへの旅行前のチェックポイントと服装

イズミルを旅行する場合、旅行に最適なベストシーズンは4月~5月および10月~11月で、この時期は一年の内でも気温が温暖なため、快適に過ごすことができる時期です。6月から8月に掛けて気温は30度以上になり、時には35度以上になる日も多く非常に暑くなりますので、この時期は海水浴などの夏のアクティビティが盛んです。

イズミルを旅行する場合の服装

3月~5月

イズミルは冬季でも比較的温暖ですが2月頃からの冬の涼しさから徐々に季節が移り変わり、少しづつ春の陽気に包まれ始めます。そして3月になると、季節の節目を感じさせるくらい気温が上がり春本番の時期が始まります。この時期は日本と同じような春物の服装で快適に過ごすことができます。東京と比べると半月ほど春季の訪れは早くなります。

6月~9月

6月に入ると最高気温が30度を超える日も多くなり、本格的な夏のシーズンが始まります。イズミルの夏の時期は、日中は気温が非常に高くなりますが、降雨が少ないため観光旅行はしやすいでしょう。

夏の時期は半袖とハーフパンツあるいはショートパンツなど風通しの良い服装が理想ですが、直射日光が非常に強いため外出時間が長くなる場合は日焼け防止のために薄手の長袖シャツやロングパンツで出かけられることをお勧めします。

10月~11月

9月になっても、まだまだ気温が高い日が多いですが、日本とほぼ同様に、10月頃になると徐々に気温が下がり降雨も比較的少ないため、漸く秋の気配を感じる季節になります。そして、イズミルでは最も過ごしやすい時期になり、旅行のベストシーズンになります。そして、11月に入ると降雨が多くなり始め、本格的な秋の時期を迎えます。

日本の秋の時期と同様に、10月頃までであれば服装は長袖シャツにジャンパーあるいはパーカーだけで十分でしょう。ただし、11月頃になると朝晩や降雨が続く日は少し肌寒く感じる日もありますのでライトダウンジャケットや秋物コートなどが一着あるとよいでしょう。

12月~2月

イズミルの冬の時期は緯度が高い割には東京と同様に比較的温暖なため、他のヨーロッパ諸国とは異なり、服装は日本での冬物の服装で問題ありませんが、普段は秋物の服装くらいでも快適に過ごすことができるくらい温暖です。

ここまで、ご覧頂きありがとうございます。 最後に、海外旅行を予定している方へ向けてですが、持ち物の準備は進んでいますか? もし、まだ旅行の準備が終わっていないようでしたら… コンパクトに海外旅行で必要なものだけに絞って、持ち物リストを作ってみましたので、ご覧ください。

海外旅行の持ち物
海外旅行の際の機内持ち込み手荷物とスーツケース(受託手荷物)に分けて、必要なもの、持って行くと便利なもの、持って行かなくてもよいものを紹介します。海外旅行の準備で持っていくべきか迷わないように詳しく解説します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする