フランクフルトの天気(気温/降水量)と気候|服装と旅行準備をCheck

フランクフルトの気候と地理概要

  • 都市:ドイツ フランクフルト
  • 気候:西岸海洋性気候(Cfb)
  • 緯度:北緯50.03度
  • 経度:東経8.58度
  • 高度:標高112m

フランクフルトの天気(気温と降水量)

フランクフルトの気温

  • 春:3月~5月
  • 夏:6月~8月
  • 秋:9月~10月
  • 冬:11月~2月

フランクフルトは北海道の北に位置する樺太島の中部地方とほぼ同緯度に当たりますが、冬の時期でも高緯度の割には、そこまで寒さは厳しくない西岸海洋性気候です。フランクフルトのロケーションは地理的にはドイツの中心部辺りに位置しています。

フランクフルトの気候の特徴としては、夏には平均最高気温が26度程度までしか上がらず、比較的涼しいため過ごしやすいでしょう。特に夏期は日中と朝晩の一日の気温差が10度以上になりますので、服装には注意したほうがよいでしょう。

フランクフルトの降水量

フランクフルトの年間の天気のまとめ

  • 一年で最も気温が高い時期は7月で平均最高気温は26度
  • 一年で最も気温が低い時期は12月~2月で平均最低気温は0度程度
  • フランクフルトでは夏は比較的涼しく、高緯度の割には冬は比較t系温暖なのが特徴
  • 気温の面で最も過ごしやすい時期は4月~10月の春から秋の時期
  • 年間を通して降水量は比較的少なく、年間降水量は611mm
  • 真冬の時期(12月~2月)は氷点下になる日も多い

フランクフルトの気温と降水量の統計データ

 最高気温平均気温最低気温降水量
1月5.21.4-0.339
2月6.32.5-0.345
3月11.46.31.843
4月17.310.35.735
5月20.514.89.367
6月23.517.912.853
7月26.019.814.978
8月25.219.414.262
9月20.715.210.750
10月14.710.76.452
11月9.35.63.751
12月5.62.40.448

フランクフルトへの旅行前のチェックポイントと服装

フランクフルトを旅行する場合、旅行に最適なベストシーズンは春、夏、秋の時期ですが、観光客が最も多い時期は7月と8月です。

冬の時期(12月~2月)は氷点下になる日もあり、北海道のように積雪するほど寒くなることはないため極寒になることは稀です。冬期には底冷えするような日は稀ですが、しばしば降雪もありますので防寒具の準備も必要です。

そのため、冬期以外の時期の服装は日本と同じような装いで問題ありません。逆に、夏の時期は東京と比べるとそれ程湿度が高くなく暑さが厳しくないため、快適に過ごすことができます。

フランクフルトを旅行する場合の服装

4月~5月

年間を通して、フランクフルトと東京では服装に関しては同じような装いで問題ありません。フランクフルトの春の時期は4月~5月とされていますが、この時期は東京よりも気温の上がり方は穏やかですので5月くらいでも涼しく感じられる日も多いでしょう。この時期は長袖シャツに薄手のジャケットかパーカーが一枚あれば十分快適に過ごすことができます。

6月~8月

6月になると日中は暖かく感じられる日が多くなり、長袖シャツ一枚の装いでも快適に過ごすことができるようになります。フランクフルトでは7月や8月の夏の時期でも暑さが厳しくなることは少なく、半袖シャツで快適に過ごせます。緯度が高いため、夏は日照時間が長く、夜8時くらいまで観光が出来ますが、夕方以降は涼しくなりますので、上に羽織るものがあると安心です。

フランクフルトでも夏の時期は直射日光の日差しが強くなりますので、紫外線対策や日焼け対策が必要です。外出が多くなる場合は、帽子、サングラス、日焼け止めクリームなどの用意をして行くことをお勧めします。

9月~10月

フランクフルトでは緯度が高いため、8月になると既に気温が下がり始め、秋の時期は東京の秋よりも1ヶ月間程度早く訪れるイメージです。9月になると気温が急激に下がり始め、特に朝晩は涼しく感じられる日が多くなります。

そのため、この時期の服装は長袖シャツやパーカーを用意して行くと安心です。この時期は日中と朝晩の寒暖差が体感温度として強く感じられる時期ですので、体温調整がしやすい脱ぎ着がしやすい服が便利です。10月になると寒さを体感するようになりますので、コートやジャケットが必要な日が多くなります。

11月~3月

フランクフルトは樺太の中部地区とほぼ同じくらいの高い緯度に位置していますが、12月から2月を除いて最低気温は氷点下になる日は稀ですが、しばしば降雪もありますので防寒対策が必要です。

冬期のフランクフルトへ旅行をする場合は、長時間の外出を予定している場合は、ボトムスの下にタイツやパッチなどの対策をすると底冷えを防げます。また、一年で最も寒くなる1月~2月は氷点下になる日も多く底冷えしますので、マフラー、ニット帽、手袋などの防寒具が必要になります。

ここまで、ご覧頂きありがとうございます。 最後に、海外旅行を予定している方へ向けてですが、持ち物の準備は進んでいますか? もし、まだ旅行の準備が終わっていないようでしたら… コンパクトに海外旅行で必要なものだけに絞って、持ち物リストを作ってみましたので、ご覧ください。

海外旅行の持ち物
海外旅行の際の機内持ち込み手荷物とスーツケース(受託手荷物)に分けて、必要なもの、持って行くと便利なもの、持って行かなくてもよいものを紹介します。海外旅行の準備で持っていくべきか迷わないように詳しく解説します。

シェアする

フォローする