ボゴタの天気(気温/降水量)と気候|旅行時の服装と準備のポイント

ボゴタの気候と地理概要

  • 都市:コロンビア共和国 ボゴタ
  • 気候:西岸海洋性気候(Cfb)
  • 緯度:北緯4.70度
  • 経度:西経74.15度
  • 高度:標高2,547m

ボゴタの天気(気温と降水量)

ボゴタの気温

ボゴタはほぼ赤道直下にあたりますが、標高が非常に高いため、熱帯エリアのように気温が高くならず、年間を通して温暖な気候で快適に過ごすことができます。

ボゴタは赤道の少し北側に位置していますので、夏冬の気温差はほとんどなく、年間を通してほぼ一定の気温になります。ボゴタでは平均最高気温は19度~20度程度で、最低気温でも7度~10度程度と冷涼です。

コロンビアでの平均湿度は年間を通して約75%前後です。一年間に雨季が二回あり、3月~5月と10月~11月になりますが、降水量はそれ程多くないですが、降水日は比較的多いのが特徴です。また、標高が高いため早朝は霧がかかることが多くなります。

ボゴタの降水量

ボゴタの年間の天気のまとめ

  • 年間を通して平均最高気温は19度~20度と一定
  • 年間を通して平均最低気温は7度~10度と一定
  • 日中と朝晩の気温差は10度~13度程度と日較差が大きい
  • 年間を通して最も降水量が多いのは3月~5月、10月~11月

ボゴタの気温と降水量の統計データ

 最高気温平均気温最低気温降水量
1月20.213.47.132
2月19.013.58.061
3月19.713.89.395
4月19.014.19.8140
5月19.514.010.198
6月18.613.89.365
7月18.613.69.356
8月19.013.69.150
9月18.813.58.253
10月19.413.58.8120
11月18.913.68.9130
12月19.713.48.071

ボゴタへの旅行前のチェックポイントと服装

ボゴタへの旅行の場合は、気温は年間を通じて一定ですが、日中と朝晩との一日の気温の日較差が大きいのが特徴ですので、昼と夜の服装に注意しましょう。

コロンビアのボゴタの気候は日本の季節では4月頃の爽やかな涼しい春の時期、あるいは晩秋が始まる10月下旬から11月上旬頃の過ごしやすい季節が一年間続くイメージです。

そのため、一年を通して、春物か秋物の服装で問題ありません。日中は20度程度まで気温が上がりますが、一時的に25度程度まで上がることもありますので脱いだり着たりしやすい服装が良いでしょう。朝晩は涼しくなる日が多いですので、パーカーや薄手のダウンジャケットがあると安心です。

赤道直下の都市のため紫外線対策と日焼け対策は必須です。帽子、サングラス、日焼け止めクリームなど必要最低限の準備は必要でしょう。

ここまで、ご覧頂きありがとうございます。 最後に、海外旅行を予定している方へ向けてですが、持ち物の準備は進んでいますか? もし、まだ旅行の準備が終わっていないようでしたら… コンパクトに海外旅行で必要なものだけに絞って、持ち物リストを作ってみましたので、ご覧ください。

海外旅行の持ち物
海外旅行の際の機内持ち込み手荷物とスーツケース(受託手荷物)に分けて、必要なもの、持って行くと便利なもの、持って行かなくてもよいものを紹介します。海外旅行の準備で持っていくべきか迷わないように詳しく解説します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする