ブエノスアイレスの天気と気候(気温/降水量)|旅行の服装をCheck

ブエノスアイレスの気候と地理概要

  • 都市:アルゼンチン共和国 ブエノスアイレス
  • 気候:温暖湿潤気候(Cfa)
  • 緯度:南緯34.36度
  • 経度:西経58.22度
  • 高度:標高20m

ブエノスアイレスの天気(気温と降水量)

ブエノスアイレスの気温

ブエノスアイレスの降水量

ブエノスアイレスの季節

  • 春:8月~11月
  • 夏:12月~1月
  • 秋:2月~5月
  • 冬:6月~7月

ブエノスアイレスはアルゼンチンの東岸に位置し、季節は四季がハッキリとあり、年間を通して比較的温暖な気候が特徴です。気候区分は日本と同じ温暖湿潤気候です。

ブエノスアイレスの気候の特徴は、夏季には降雨量がやや多くなり、夏の時期の平均最高気温は30度程度まで上がります。冬季には降雨はやや少なくなり、気温は最も低くなる6月と7月でも平均最低気温は5度程度と比較的温暖な気候です。

ブエノスアイレスの年間の天気のまとめ

  • 最暖月最高気温:30.7度(1月)
  • 最寒月最低気温:4.9度(7月)
  • 年間平均気温:17.1度
  • 年間降水量(mm/年):990mm
  • 降雨は夏季に多く、冬季は比較的少ない

ブエノスアイレスの気温と降水量の統計データ

 最高気温平均気温最低気温降水量
1月30.724.018.2100
2月29.322.718.0115
3月26.520.815.1109
4月23.116.711.789
5月18.913.38.776
6月15.810.45.146
7月15.19.74.947
8月17.511.56.650
9月19.313.48.756
10月22.216.711.3107
11月26.519.614.2103
12月29.722.116.693

ブエノスアイレスへの旅行前のチェックポイントと服装

ブエノスアイレスは南大西洋に流れ込むラプラタ川の沿岸に位置しているため、南大西洋の海流の影響を受け、夏季は猛暑になり難く、冬季でも比較的温暖な気候で過ごしやすい都市です。

夏季は日本の本州と同じような季節で、冬季は冬の時期にしては温暖な気候で東京よりも温暖です。

ブエノスアイレスを旅行する場合の服装

年間を通して、ブエノスアイレスと日本では南半球と北半球の違いにより季節は180度正反対になりますが、日本と同じようにブエノスアイレスでは一年を通して四季の区別があります。

また、ブエノスアイレスでは特に夏の時期は直射日光の日差しが強くなりますので、紫外線対策や日焼け対策も必要でしょう。外出が多くなる場合は、帽子、サングラス、日焼け止めクリームなどの用意をして行くことをお勧めします。

春:8月~11月

8月になると気温が少しずつ上昇すると同時に、降雨量も増えます。この時期の服装は、日本の春物の衣服で丁度良いでしょう。11月頃からは雨の日が多くなりますので、履物は足元を気にしなくても良いように、靴よりもサンダルが便利です。

夏:12月~1月

夏の時期は気温が高くなり降雨も多くなるため少し蒸し暑く感じることも多いでしょう。そのため、半袖とハーフパンツなどの服装が快適です。また、屋内はエアコンが効いていることが多く肌寒く感じますので、カーディガンなどの上着が一枚あると助かります。

秋:2月~5月

ブエノスアイレス(アルゼンチン)では2月から5月頃までが秋の時期にあたり、日本の秋の時期と比べるとこの季節の期間は少し長くなります。日本の秋の時期とよく似ており、服装も秋物の衣料で丁度良いでしょう。

冬:6月~7月

ブエノスアイレス(アルゼンチン)の冬は6月~7月の2ヶ月間くらいですが、冬の時期の割には、温暖な気候が特徴です。冬季でも最高気温は15度ほどありますが、山間部ほど気温の日較差が大きくなく、最低気温は5度程度と比較的温暖です。ブエノスアイレスの冬季の服装は日本での冬物衣料で問題ないでしょう。

ここまで、ご覧頂きありがとうございます。 最後に、海外旅行を予定している方へ向けてですが、持ち物の準備は進んでいますか? もし、まだ旅行の準備が終わっていないようでしたら… コンパクトに海外旅行で必要なものだけに絞って、持ち物リストを作ってみましたので、ご覧ください。

海外旅行の持ち物
海外旅行の際の機内持ち込み手荷物とスーツケース(受託手荷物)に分けて、必要なもの、持って行くと便利なもの、持って行かなくてもよいものを紹介します。海外旅行の準備で持っていくべきか迷わないように詳しく解説します。

シェアする

フォローする