マレーシアの1月の気温と雨-天気と気候に適した服装を旅行前に確認

1月と言えば、心機一転新しいことをする時期、一年の始まりで初詣や初日の出を拝みに出かける方もいるでしょう。

1月は年末年始の大型連休になりますね。みなさんは、自宅でのんびり過ごす派ですか、旅行や帰省をされる派ですか?

新年を迎え、大型連休を利用して、1月に旅行に行く人もいることでしょう。

1月に海外旅行をするのであれば、寒い日本を離れて、直行便で7時間程度で行けるマレーシアへの旅行はいかがでしょうか?

そこで、1月のマレーシアの主要都市(クアラルンプール、ペナン、コタキナバル)の天気と気温、旅行時の服装と準備、この時期のマレーシアのイベントや、ちょっとした旅行情報をご紹介します。

以下では、マレーシアの下記の3つの観光都市について、1月の気温と降水量の気象統計データで、現地の気候や天気を解説していきます。

  • クアラルンプール: マレーシアの首都
  • ペナン: マレーシアのペナン島の観光都市
  • コタキナバル: ボルネオ島北部の観光都市

マレーシアの1月の気候

マレーシアは日本と比べ、緯度が低いため、気候の面では通年で、気温が非常に高く、常夏の熱帯雨林気候になります。

マレーシアは赤道のやや北側の南国ですので、通年で気温が高く、日本のように四季があるわけではありません。

また、季節風の関係で地域により気候が多少異なり、雨季の時期も異なります。一年中、雨が多い都市もあれば、雨が比較的少ない都市もあります。

1月の時期に日本からマレーシアに行くと、空港で飛行機から出た瞬間に、日本とのあまりの気温と湿度の高さと蒸し暑さに驚くかもしれません。そのため、マレーシアへの旅行時には服装や紫外線対策にも注意しましょう。

以下では、1月のマレーシア各地の気温、雨の状況、服装を詳しく紹介しています。

マレーシアの1月の気温

グラフはマレーシアの観光都市として人気があるクアラルンプール、ペナン、コタキナバルの平均気温と東京の平均気温の比較を示しています。

マレーシアの1月の雨(降水量)

グラフはマレーシアの主要都市でもあるクアラルンプール、ペナン、コタキナバルと東京の月別の降水量の比較を示しています。

マレーシアの1月の気象データとまとめ

マレーシアの1月の気象データ

1月KLペナンKキナバル東京
最高気温32.631.831.310.6
平均気温27.427.826.95.2
最低気温24.224.723.81.8
降水量227.477.4215.352.3

(単位: 気温=℃(月平均)、降水量=mm/月)

マレーシアの1月の天候の特徴とまとめ

  • マレーシア各都市の最高気温(月平均)は31度~33度程度で、最低気温(月平均)は24度~25度程度
  • マレーシアの1月の最高気温(月平均)は東京と比較すると、21度~22度程度高い
  • マレーシアの1月の最低気温(月平均)は東京と比較すると、22度~23度程度高い
  • マレーシアの1月の降水量は比較的多い時期(ただしペナンは少ない)

マレーシアの1月の服装

日本と比較すると、マレーシアは山間部を除いて、1月でも常夏の暑さです。

気温が高い上に、クアラルンプールやコタキナバルでは雨が多いため、蒸し暑く感じることでしょう。

マレーシアの1月の服装、コーデはどのような準備をすればよいのでしょうか?

アウター

  • 薄手のパーカー
  • 薄手のカーディガン

トップス

  • Tシャツ
  • 半袖シャツ
  • ワンピース

ボトムス

  • ハーフパンツ
  • ショートパンツ
  • 薄手の麻ロングパンツ

※ 日焼けをしたくない方は薄手の長袖とロングパンツがおすすめ。

履物

  • ビーチサンダル
  • サンダル
  • スニーカー

その他

  • 帽子
  • サングラス
  • 折り畳み傘
  • 日焼け止めクリーム

上記の通り、1月のマレーシアの旅行の際の服装は、日本の夏の装いでOKです。ただし、海岸沿いの都市、標高が高い都市では少し涼しく感じることもあるため、薄手のカーディガンなどの上着を持っていきましょう。

また、その他の都市でも、屋内はエアコンが効いていることが多く、外出時には紫外線が強いため日焼け防止としても、薄手生地の長袖の羽織ものを一着持って行きましょう。

外出で外を歩くことが多くなる場合は、蚊などの虫刺されも気になることですので、虫除けスプレーなどを持っていくことをおすすめします。

また、雨の多い地域へ行く場合は、折り畳み傘や雨がっぱを持っていくとよいでしょう。それと、履き物は雨が多いためサンダルやビーチサンダルが便利です。

太陽の強い日差しを遮るためにも、帽子を持って行くと、熱中症の防止にもなりますし、サングラスを持っていくと、目の保護にも役立ちますよ。

マレーシアの1月のイベントと観光スポット

  • 1月1日: 新年(New Year’s Day)
  • 1月下旬: タイプーサム・フェスティバル – バツーケイブ・セランゴール州

マレーシアの1月の旅行

マレーシアでは1月には元旦とタイプーサム・フェスティバルがあり、この時期の前後は人の往来が多くなるため、ホテル料金が高くなったり、交通機関が混雑することがあるでしょう。

日本では年末年始の大型連休の時期には航空運賃が急騰する傾向にあります。連休を外して旅程を計画すれば、比較的安く旅行が出来るでしょう。

1月のマレーシアは、クアラルンプール、コタキナバルなどでは雨が多く、観光地として人気の高いペナンでは雨が少ないためおすすめです。

1月の大型連休を上手に利用して、忙しい仕事や学業などの現実を忘れて、家族や友人と一緒にマレーシア旅行を計画してみてはいかがでしょうか?

ここまで、ご覧頂きありがとうございます。 最後に、海外旅行を予定している方へ向けてですが、持ち物の準備は進んでいますか? もし、まだ旅行の準備が終わっていないようでしたら… コンパクトに海外旅行で必要なものだけに絞って、持ち物リストを作ってみましたので、ご覧ください。

海外旅行の持ち物
海外旅行の際の機内持ち込み手荷物とスーツケース(受託手荷物)に分けて、必要なもの、持って行くと便利なもの、持って行かなくてもよいものを紹介します。海外旅行の準備で持っていくべきか迷わないように詳しく解説します。

シェアする

フォローする