インドの9月と10月と11月の気温と服装を旅行出発前に確認

9月は敬老の日と秋分の日の組み合わせによりシルバーウィーク(SW)として大型連休になる年もあります。このような秋の時期の休みを上手に利用して海外旅行へ出かける機会もあるかもしれませんね。

その一つの選択肢として、インドへの旅行はいかがでしょうか。ちょっと現実逃避をして、神秘的な国・インドの旅行を計画してみるのも楽しいでしょう。

そこで、9月と10月と11月の秋の時期のインドの各都市の天気と気温、旅行時の服装と準備、この時期のインドのイベントや、ちょっとした旅行情報をご紹介します。

インドの9月と10月と11月の天気と気温

インドと聞くと暑い国というイメージを持つかもしれませんね。実際、インドは日本より、はるかに低い緯度に位置していますので暑いというのは事実ですが、都市によっては気温が下がることも多くあります。

インドは緯度が低いため四季がないと思っている方もいるかもしれませんね。実は、インドにも都市によってはハッキリとした四季があり、冬は雪が降ったりして防寒具が必要なところもあります。ここではインドの9月から11月までのインドの首都ニューデリー、インド最大の都市・ムンバイ、東の主要都市・コルカタ、インド南部最大の都市・チェンナイの4つの都市を取り上げます。

東京から北インドへ旅行へ向かう場合は、どのような服装を用意していけばよいのか分からないかもしれませんね。そこで、旅行時に注意したいことを含め、9月と10月と11月のインド各都市の気温と降水量、それに旅行時の服装を簡単に案内しましょう。

インド各都市の年間の平均気温

インドの9月と10月と11月の気温と降水量

インドの9月の最高気温・平均気温・最低気温と降水量の統計データ

9月Nデリームンバイコルカタチェンナイ東京
最高気温35.330.633.034.326.9
平均気温29.627.829.229.822.8
最低気温25.425.226.425.319.7
降水量mm118315318152210

インドの9月の気温と降水量の特徴とまとめ

  • インドの各都市のの最高気温は33度~35度程度、最低気温は25度~26度程度と概ね同じ
  • 東京と比べると、インドの各都市では最高気温、平均気温、最低気温において東京よりも気温が非常に高い
  • 9月の降水量は東海岸沿いのコルカタやチェンナイでは雨季のため雨が非常に多い

インドの10月の最高気温・平均気温・最低気温、降水量の統計データ

10月Nデリームンバイコルカタチェンナイ東京
最高気温33.733.032.533.321.5
平均気温26.028.928.128.417.5
最低気温20.525.424.424.714.2
降水量mm1682165298198

インドの10月の気温と降水量の特徴とまとめ

  • 各都市の最高気温は33度~34度程度で、最低気温は20度~25度前後と概ね同じ
  • 内陸のニューデリーでは日中と朝晩の気温の日較差が大きくなる
  • 10月の降水量は東海岸沿いの都市では多く、特にチェンナイでは雨季のため雨が非常に多い

インドの11月の最高気温・平均気温・最低気温、降水量の統計データ

11月Nデリームンバイコルカタチェンナイ東京
最高気温28.733.030.430.816.3
平均気温20.528.425.026.512.1
最低気温13.023.920.123.08.3
降水量mm7123638293

インドの11月の気温と降水量の特徴とまとめ

  • 各都市の最高気温は29度~33度程度で、最低気温は13度~24度程度と各都市で異なる
  • 内陸のニューデリーでは気温が極端に低くなり、11月下旬には10度以下になる日もある
  • 11月の降水量はチェンナイでは雨季のため非常に多くなるが、他の都市では非常に少なく大気は乾燥する

インドの9月と10月と11月の服装と準備

9月、10月、11月の秋の時期はインドでは東海岸沿いの都市(コルカタ、チェンナイ)と、それ以外の都市で気候が異なるため、どの都市を中心に旅行するかにより、持って行く衣服などが若干異なります。

特に、インド南部のチェンナイは、他の各都市とは異なり、秋の時期でも夏の時期と同じくらいの気温で、雨季のためモンスーンの影響を受け豪雨に見舞われますので、特別なこだわりがなければ、この時期は旅行を控えたほうがよさそうです。

一方、ニューデリーを含めた北インドの都市は10月から11月になり秋が深まるにつれ、朝晩は冷え込むことも多くなり、それなりの服装が必要になります。北インドと沿岸沿いの都市を同時に観光する場合は、準備する服装に少しだけ注意しましょう。

インドの9月~10月の服装

9月~11月のインドを旅行する場合の服装は日本の真夏の服装と同じ程度と考えればイメージしやすいでしょう。ただし、ニューデリーをはじめとした北インドを旅行する場合は、10月以降は日中と朝晩の気温差が大きく、寒暖差を感じ涼しく感じることもありますので、朝晩はダウンジャケットや秋用コートなどがあると安心です。

アウター(11月以降の北インドのみ必要)

  • パーカー
  • ライトダウンジャケット

トップス

  • 半袖Tシャツ
  • 半袖ポロシャツ

ボトムス

  • コットンパンツ/麻パンツ
  • ハーフパンツ

履物

  • スニーカー
  • サンダル
  • ビーチサンダル

その他

  • 帽子
  • サングラス
  • 雨具(東海岸沿い都市のみ)

季節に関係なくインドを旅行している人はバックパッカーが多く、彼らは独特のスタイルで旅を続けているため、着晒した服を着てヒッピーのような服装で旅行をしています。

もちろんこのような服装で旅行をしても問題ありませんが、ホテルやレストランでは清潔な服装で利用すると、それなりの御もてなしをしてもらえますので、カジュアルな服装でも清潔感のある服装を一着くらいは持って行くとよいでしょう。

インドは緯度が低いため直射日光が非常に強くなりますので、紫外線防止と日焼け防止の対策が必須です。特に外出時間が長くなる場合は、帽子や長袖シャツなどで直射日光を避けるようにしましょう。あるいは、皮膚が弱い方は日焼け止めクリームなどを塗るなどの準備も必要でしょう。

インドの9月と10月と11月のイベントとお勧め観光スポット

  • ガンディー生誕日(10月2日、場所:デリー)
  • ダシャラー(10月上旬~中旬)
  • ディーワーリー(10月末から11月初)
  • キャメルフェア(11月中旬~下旬、場所:プシュカール)

インドの9月と10月と11月のお得な旅行

9月は8月までの長い夏休みが終わり、インドでは新学期が始まる時期ですので、観光客が少なく、ゆっくりとした旅行を楽しみたい方はお勧めの時期になります。

10月はインドでは一年の内でもお祭りが多い時期です。例えば、ダジャラーはインド三大祭りの中では最大級のヒンドゥー教のお祭りです。同様に、ディーワーリーもヒンデゥー教のお祭りになります。

この時期にインドへ旅行をする場合は、シルバーウィークの大型連休の時期を除けば、航空券は比較的安くなる傾向にあります。インドのホテルの宿泊料金は5つ星ホテル以外は非常に安く宿泊することができます。

また、航空チケットはたった1週間違うだけで格安航空券の料金はかなり異なりますので、上手にお得な旅行を探してみてください。

その他の時期のインドの気候と服装を確認

ここまで、ご覧頂きありがとうございます。 最後に、海外旅行を予定している方へ向けてですが、持ち物の準備は進んでいますか? もし、まだ旅行の準備が終わっていないようでしたら… コンパクトに海外旅行で必要なものだけに絞って、持ち物リストを作ってみましたので、ご覧ください。

海外旅行の持ち物
海外旅行の際の機内持ち込み手荷物とスーツケース(受託手荷物)に分けて、必要なもの、持って行くと便利なもの、持って行かなくてもよいものを紹介します。海外旅行の準備で持っていくべきか迷わないように詳しく解説します。

シェアする

フォローする