ドイツの6月の気温・気候と服装を旅行出発前に確認

ドイツの6月の気温と服装について、気象データを参考に詳しく解説します。

6月と言えば、雨がシトシト降り続き梅雨の時期が始まる鬱陶しい時期ですね。

このような不快な天候の日本を離れて、海外旅行へ行く方もいることでしょう。

少しまとまった時間が取れるようであれば、ドイツへの旅行を考えてみてはいかがでしょうか?

そこで、6月のドイツの主要都市(ベルリン、ハンブルク、ケルン、ミュンヘン)の天気と気温、旅行時の服装と準備、この時期のドイツのイベントやちょっとした旅行情報をご紹介します。

ドイツの下記の4つの主要都市を取り上げて、6月の気温と降水量の気象統計データで、現地の気候や天気を確認していきます。

  • ベルリン :ドイツ東部の首都
  • ハンブルク:ドイツ北部の沿岸部の都市
  • ケルン  :ドイツ西部の内陸部の都市
  • ミュンヘン:ドイツ南部の内陸部の都市

 

ドイツの6月の気候

ドイツは日本と比べ緯度が高いため、東京などの本州と気温を比べると、やや低く、涼しく感じるかもしれません。

ドイツでは冬の時期は海流の影響を受け、内陸部の都市よりも北部沿岸都市の方が気温が低いのが一般的ですが、6月になると、内陸部の比較的緯度が低い都市よりも北部沿岸都市の方が若干涼しくなります。

6月に日本からドイツに到着すると、日本とドイツの気温差を感じるくらい涼しく感じ、あるいは肌寒く感じることもありますので、旅行時の服装には注意したいものです。

ドイツの6月の気温

ドイツの平均気温の年間推移

上のグラフは年間を通したドイツの主要都市の月別の平均気温を東京と比べています。

ドイツ各都市の月平均の平均気温は東京と比べて、低く推移しているのが良く分かりますね。

ドイツの6月の気温

ドイツの6月の最高気温・平均気温・最低気温

6月ベルリンハンブルクケルンミュンヘン東京
最高気温22.820.922.422.325.5
平均気温17.615.616.917.421.4
最低気温11.910.410.911.418.0

ドイツの6月の気温と降水量の特徴とまとめ

  • ドイツ各都市の最高気温は21度~23度程度で、最低気温は10度~12度程度と比較的冷涼
  • ドイツの6月の最高気温は東京と比較すると、3度~5度程度低い
  • ドイツの6月の最低気温は東京と比較すると、6度~8度程度低い

ドイツの6月の気温の推移

ベルリンの6月の気温の推移

ベルリンの6月の気温の推移

ベルリンの6月の気温の推移

ベルリンの6月の月内の日ごとの気温は上のグラフの通り、日替わりで上下に変動することが多くなります。

また、日ごとの最高気温と最低気温について、気温の日較差は小さいため、日中と朝晩の寒暖差はあまり感じないでしょう。ただし、週によっては気温が高くなることもあるため、夕方以降は肌寒く感じることもあるでしょう。

ベルリンと東京との気温差はあまり違いがないため、現地に到着時には寒暖差を感じることは少ないでしょう。

ミュンヘンの6月の気温の推移

ミュンヘンの6月の気温の推移

ミュンヘンの6月の気温の推移

ミュンヘンの6月の月内の日ごとの気温は、グラフの通り、週ごとに大きく変動することがあります。週によっては10℃以上急激に気温が変わることもありますので注意。

ミュンヘンはドイツ南部の内陸部の都市のため、日中と朝晩の日較差がやや大きくなりますので、現地滞在時には服装の準備に注意しましょう。

ミュンヘンと東京の気温差は少しだけミュンヘンの方が低くなる傾向ですので、現地到着時にはやや肌寒く感じることもあるでしょう。

 

ドイツの6月の天気

旅行が楽しく充実したものになるかどうかは現地の天気の状況に影響されますね。

そこで、以下では6月のドイツの降水量の気象データをもとに、雨の状況を紹介します。

ドイツの6月の降水量

6月ベルリンハンブルクケルンミュンヘン東京
降水量537990104168
  • ベルリンの6月の降水量:53mm/月
  • ハンブルクの6月の降水量:79mm/月
  • ケルンの6月の降水量:90mm/月
  • ミュンヘンの6月の降水量:104mm/月

上記の通り、ドイツの主要都市の降水量はやや多くなりますが、東京と比べると少ないことを示しています。

ただし、降水日数は13日~17日程度ですので、2日に一日くらいは雨が降るということになります。

6月にドイツへ向かわれる際には、雨が降ることを想定して、折り畳み傘や防水加工のウインドブレーカーなどの準備があると安心でしょう。

 

ドイツの6月の服装と準備

日本と比較するとドイツ各都市では気温がやや低く、春の訪れは東京と比べると半月~1ヶ月程度遅れて、気温が高くなり暖かくなるイメージです。

それでは、ドイツの6月の服装、コーデはどのようにすればよいのでしょうか。

アウター

※【ワンポイントアドバイス】旅行中はポケットが多い服が便利!

  • ウインドブレーカー
  • 薄手のカーディガン
  • 薄手のパーカー

トップス

  • 半袖Tシャツ
  • 長袖Tシャツ
  • 春物長袖シャツ・ブラウス

ボトムス

  • コットンパンツ
  • ジーンズ
  • ワンピース&ストッキング

履物

  • スニーカー
  • パンプス

その他

  • 帽子
  • サングラス
  • 折り畳み傘

 

ドイツの6月のイベントとお勧め観光スポット

  • 聖体の祝日(6月中旬、北ドイツの一部は除く)
  • モーツァルト音楽祭(6月)→ 詳細はこちら

ドイツの6月のお得な旅行

6月は日本でもドイツでも大きな国家的イベントはありません。そのため、航空料金やホテル料金が高騰するようなことはありませんので、旅行費用という面では比較的安く観光が出来る時期でしょう。

ただし、6月下旬頃になるとドイツの大学は夏休みが始まる時期にあたりますので、列車でのドイツの国内移動は少し混雑することがあるかもしれません。

6月は祝日や大型連休などがほとんどないため、航空券は比較的予約が取り易く、航空チケットの運賃も値下がりし、比較的安くなる時期でもあります。この時期のドイツは暑くなく寒くもないため、ドイツ旅行をするには狙い目の時期でもあります。

同時に、この頃から夏の暑さが見え隠れする季節が始まります。日焼けなどが気になる方は、紫外線対策として、夏用ストールや長袖カーディガン、あるいは日焼け止めクリームなども忘れずに!

 

その他の時期のドイツの気候と服装を確認

ここまで、ご覧頂きありがとうございます。 最後に、海外旅行を予定している方へ向けてですが、持ち物の準備は進んでいますか? もし、まだ旅行の準備が終わっていないようでしたら… コンパクトに海外旅行で必要なものだけに絞って、持ち物リストを作ってみましたので、ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました