オーストラリアの12月の気温と服装は?天気と気候は?雨は大丈夫?

12月下旬からはお正月休みになる方も多いことでしょう。皆さまは年末からの連休の予定はもう決まりましたか?

一年に数回の大型連休のため、この時期に海外旅行へ出かける方も多いことでしょうね。

せっかくですので寒い冬の時期の日本を離れて、真夏の時期にあたる南半球のオーストラリアへの海外旅行を考えてみてはいかがでしょうか?

  1. オーストラリアの12月の気温は何度くらい?
  2. オーストラリアの12月の天気は良い?悪い?
  3. オーストラリアの12月の気候は暑い?寒い?
  4. 12月のオーストラリアでは雨は大丈夫?
  5. 12月のオーストラリアでの服装はどんな格好?
  6. 12月の豪州旅行で注意すべきことは何?

12月にオーストラリアへ旅行を考えている方は、上記のような疑問を持っている方も多いことでしょう。

そこで、以下では12月のオーストラリアの気温、天気、気候、天候、旅行時の服装と準備、この時期のオーストラリア現地のイベントや旅行情報をご紹介します。

 

オーストラリアの12月の気候

  • シドニー :温暖湿潤気候
  • ケアンズ :熱帯モンスーン気候
  • パース  :地中海性気候
  • タスマニア:西岸海洋性気候

オーストラリアの気候区分は、各地で地理的条件が違うため、上記のように都市により異なります。

ご存知の通り、オーストラリア大陸は東西に広いだけではなく、南北にも広いのが地理的な特徴です。

オーストラリア大陸の最北端は赤道のすぐ南に位置していますが、最南端はどうでしょうか?

オーストラリア最南端の緯度は南北の違いはありますが、日本に例えると東北地方に相当するほど南緯の緯度は高くなっています。

そのため、オーストラリア大陸では最北端の都市と最南端の都市では地理的条件が全く異なるため、それぞれの都市で様々な気候を形成しており、同時期でも季節が全く異なります。

例えば、冬でもオーストラリアの最北端では海水浴が楽しめる都市もあれば、緯度の高い南部エリアでは積雪がありスキーが楽しめたりします。

オーストラリアでは旅行をする都市により様々な自然を体感でき、バラエティに富んだ楽しみ方が出来るのがオーストラリアの魅力でしょう。

それでは、オーストラリアの12月の気候は、どんな感じなのでしょうか?

オーストラリアは南半球のため、北半球の日本とは全く反対の季節になります。

12月のオーストラリアは夏の時期の真っ最中となり、各都市とも12月下旬以降は一年で最も気温が高い時期にあたります。

ただし、上述した通り、地理的な条件により、北部エリアと南部エリアでは異なる季節になるため、オーストラリア大陸全土で暑いわけではありません。

以下では、具体的にオーストラリアの12月の気温や雨の状況を分かりやすいグラフや表を交えながら詳しく紹介します。

 

オーストラリアの12月の気温

オーストラリアへ12月に旅行をする予定の方にとって、現地の気温や天気は旅行前に最低限知っておきたいことですよね。

以下では、オーストラリアの東西南北の主要な各都市の気温(最高気温/平均気温/最低気温)に関する気象統計データをもとにグラフと表にまとめましたので参考にしてみてください。

オーストラリアの年間の平均気温

上のグラフはオーストラリアの主要都市である、シドニー、ブリスベン、メルボルン、ケアンズ、パースの各都市の月別の平均気温の一年間の推移を示しています。

また、日本との比較がしやすいように、東京の月別の平均気温との対比で気温の違いが一目で分かるようにしてあります。

オーストラリアと日本の気温は南半球と北半球では全く反対になっていることがよく分かりますね。

オーストラリアの年間の降水量

上のグラフはオーストラリアのシドニー、ブリスベン、メルボルン、ケアンズ、パースの各都市の月別の降水量について、一年間の推移を示しています。

オーストラリア各都市と日本との雨の状況の違いが分かりやすいように、東京の降水量を併せて表示しています。

年間を通して、東京と比べると、ケアンズ以外の都市では降水量が比較的少ないことが分かりますね。

オーストラリアの12月の最高気温・平均気温・最低気温と降水量の統計データ

12月シドニーブリスベンメルボルンケアンズパース東京
最高気温26.528.125.432.030.211.9
平均気温21.824.017.827.322.17.6
最低気温18.620.312.523.715.63.5
降水量7113355181851

オーストラリアの12月の気温と降水量の特徴

  • 豪州の12月の最高気温は25度~32度程度
  • 豪州の12月の最低気温は13度~24度程度
  • 南半球の豪州では12月は夏のため気温が高い
  • 南部のメルボルンなどの都市では夏でも温暖冷涼
  • 豪州の12月の降水量は8~181mm/月
  • 北部エリアの都市では降水量が比較的多い

 

オーストラリアの12月の気温の推移

みなさん、豪州旅行にはいつ頃出発されるか、もう決めましたか?

実は、豪州の12月の気温は同じ都市でも上旬と中旬と下旬では気温が少し異なり、気温差が大きくなる都市もあります。

そこで、以下では観光地として人気が高い「シドニー」と「ケアンズ」について、オーストラリアの12月の1ヶ月間の気温の推移を紹介します。

下記の気温は12月1日~31日までの日ごとの過去の最高気温と最低気温の平均値です。

オーストラリアと日本では、気温差がどれくらい違うのか分かりやすいように、東京の最高気温と最低気温で比較しています。

シドニーの12月の気温の推移

シドニーの12月の気温の推移グラフ

シドニーの12月の気温の推移

シドニーの12月の日ごとの気温の推移

シドニーの12月の上旬・中旬・下旬の最高気温と最低気温

下表はシドニーの12月の上旬、中旬、下旬の最高気温と最低気温で、(カッコ)内は東京との気温差を示しています。

シドニー最高気温最低気温
12月上旬24.0 (+10.8)16.5 (+11.5)
12月中旬24.5 (+12.7)17.0 (+13.5)
12月下旬25.0 (+14.2)17.1 (+14.9)
上旬・中旬・下旬の気温差

シドニーでは12月の上旬と下旬では1度程度の気温差しかないことが分かりますね。

最高気温と最低気温の気温差

シドニーでは寒暖差が大きくなる時期で、最高気温と最低気温では7.5度~8.5度の気温差があります。日中と朝晩との寒暖差も次第に縮まる時期です。

シドニーと東京の気温差

東京とシドニーを比べると11℃~15度の気温差がありますので、特に12月下旬にオーストラリアへ到着すると、東京との気温差によりやや暑く感じるかもしれませんね。

ケアンズの12月の気温の推移

ケアンズの12月の気温の推移のグラフ

ケアンズの12月の気温の推移

ケアンズの12月の日ごとの気温の推移

ケアンズの12月の上旬・中旬・下旬の最高気温と最低気温

下表はケアンズの12月の上旬、中旬、下旬の最高気温と最低気温で、(カッコ)内は東京との気温差を示しています。

ケアンズ最高気温最低気温
12月上旬31.0 (+17.8)23.0 (+18.0)
12月中旬31.0 (+19.2)23.0 (+19.5)
12月下旬31.0 (+20.2)23.1 (+20.9)
上旬・中旬・下旬の気温差

ケアンズでは12月の上旬と下旬では気温差がないため、上旬と下旬ではほとんど寒暖差を感じないでしょう。

最高気温と最低気温の気温差

ケアンズでは12月には最高気温と最低気温では8度の気温差がありますが、日中と朝晩では寒暖差を感じる日が少なくなります。

ケアンズと東京の気温差

ケアンズは東京と比べると、18度~21度もの気温差があるため、冬の日本から常夏のケアンズに到着時には非常に暑く感じることでしょう。

 

オーストラリアの12月の服装

オーストラリアの12月の服装は、どんな感じの格好なのか?

オーストラリアでは各都市で緯度が異なり気候が違うため、気温差や降雨量が異なる時期です。

この時期の服装は各都市で気温などの気象状況が異なるため、どの都市を中心に旅行をするかにより服装も異なるため注意が必要です。

以下では、オーストラリアの12月の服装選びのヒントとなるポイント、現地の気候に適した服装の目安、現地の天候に合ったコーデを紹介します。

豪州の12月の服装選びのポイント

季節感

日本の12月の季節感との比較をすれば、オーストラリアの12月は夏期にあたり、真夏の時期にあたります。また、日本の夏の時期よりも、豪州では湿度が低く、気温もやや低めの都市が多いため、一年の内でも温暖で最も過ごしやすい時期です。

そのため、服装は夏向けの装いで問題ありませんが、都市によっては薄手の上着が必要になります。

目的地

ケアンズなどの北部エリアとメルボルンやアデレードなどの南部エリアとでは気候も気温も全く異なるため、旅行する都市により服装も異なりますので注意しましょう。

例えば、ケアンズでは12月には真夏の暑さになりマリンスポーツのアクティビティで賑わう時期ですが、一方、メルボルンでは温暖冷涼な季節が夏の特徴です。

そのため、豪州北部エリアでは真夏の服装で問題ありませんが、豪州南部エリアを旅行する場合は春・秋向けの装いが必要になります。

紫外線・日焼け対策

夏の時期は豪州でも紫外線が強くなる傾向です。特に、ケアンズなどの北部エリアの緯度が低い都市では紫外線量が多くなりますので、紫外線対策・日焼け対策が必要でしょう。

具体的には、UVカットの帽子やカーディガンなどの羽織ものが必要でしょう。また、必要に応じて、日傘やUVカットクリームなどの準備があると安心ですね。

雨の状況

オーストラリアの12月の雨の状況はどう?

ケアンズなどの北部エリアの都市では次第に雨が多くなる時期です。また、パースなどの西部エリアでもやや雨が多くなる時期になります。

そのため、上記のような都市を旅行する場合は雨対策として、雨傘や雨合羽を持参することをおすすめします。また、足元が悪くなるため、雨に濡れても問題ないサンダルがあると便利。

豪州の12月の服装の目安

アウター

  • 薄手のカーディガン
  • 薄手のパーカー

トップス

  • 半袖シャツ
  • 半袖Tシャツ
  • 半袖ポロシャツ

ボトムス

  • ハーフパンツ
  • ショートパンツ
  • スカート

  • スニーカー
  • パンプス
  • サンダル
  • ビーチサンダル

その他

  • 帽子
  • サングラス
  • 日焼け止め
  • 折り畳み傘

 

オーストラリアの12月の行事と旅行情報

オーストラリアの12月の行事・イベント

  • クリスマスイベント各種(12月)
  • シドニー・ホ バート ヨットレース(12月)
  • ボクシング・デー/祝日(12月26日)
  • ハッピーニューイヤー・カウントダウン(12月31日、場所:シドニー他)

オーストラリアの12月の旅行情報

12月の時期は日本からの海外への航空券は年末となり、一年の内でも最も高くなる時期です。

また、この時期にオーストラリアでは上記のようなイベントが開催されます。イベントがある時期の前後はホテルなどが繁忙期になりますので、宿泊料金が高くなる傾向にあります。

年末を除いた時期で、大きなイベントの開催が重ならなければ、航空券やホテルの宿泊料金は比較的リーズナブルに予約できるでしょう。

できるだけ飛行機代などの移動費用を節約して、現地でアクティビティやグルメにお金を使うなど、上手にお得な旅行を検討してみてください。

この記事がオーストラリア旅行の計画の一助となり、皆さまのオーストラリア旅行が充実した楽しいものになることを願っています!

 

その他の時期のオーストラリアの気候と服装を確認

ここまで、ご覧頂きありがとうございます。 最後に、海外旅行を予定している方へ向けてですが、持ち物の準備は進んでいますか? もし、まだ旅行の準備が終わっていないようでしたら… コンパクトに海外旅行で必要なものだけに絞って、持ち物リストを作ってみましたので、ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました