香港の11月の服装と気温はどう?天気と気候に合ったコーデを紹介

11月には祝日が二回もありますので、ちょっと旅行にでも出かけてみたい気分になりませんか?

11月の祝日は下記の通りです。年によっては、3連休になることもよくありますね。

  • 文化の日(11月3日)
  • 勤労感謝の日(11月23日)

短期間の連休の場合は安近短の旅行先に限られてしまいますが、香港であれば距離的に比較的近いため、海外旅行先の候補にしてもよいのでは…?

11月に香港旅行へ行きたい!そう思われた方もいるのではないでしょうか?

秋の時期の香港旅行はおすすめですよ!

  1. 香港の11月気温は何度くらいかな?
  2. 香港の11月の天気は、どんな感じかな?
  3. 香港の11月の気候は暑いの?寒いの?
  4. 11月の香港旅行の服装は、どうしたらいいの?
  5. 11月の香港旅行で注意すべきことは何かある?

香港旅行を予定している方は上記のような疑問を持たれた方もいるのではないでしょうか?

この記事で伝えたいことを最初に3つにまとめると下記の通りです。

  1. 香港の11月の気温は19度~25度
  2. 香港の11月の服装は秋の装い
  3. 現地に合わせた持ち物にも注目

以下では、上記のことを中心にグラフや画像を交えて、香港の11月の服装の目安、現地の気温や天気や気候も詳しく紹介します。

香港の11月の気候

香港の11月の気候はどのような感じなのか?

香港は南にある暑い観光地のイメージを強く持っている方もいるかもしれませんね。

香港は気候の面では亜熱帯気候のエリアに位置していますので、年間を通して暑い時期が長くなります。

ところが、実は香港も、穏やかな四季の移り変わりがあるんですよ。

香港の気候の特徴は、春の時期から夏の時期は季節風と太平洋側からの熱帯低気圧の影響で高温多湿なこと。

一方、秋の時期から冬の時期は比較的温暖で、大気がやや乾燥するのが気候の特徴です。

  1. 香港の気候は亜熱帯気候
  2. 年間を通して夏の暑い時期が長い
  3. 香港にも四季があり季節の節目がある
  4. 春から夏には季節風と熱帯低気圧が影響する
  5. そのため春~夏は高温多湿なのが特徴
  6. 秋~冬の時期は比較的温暖、大気がやや乾燥する

香港の11月の気温

香港の11月の平均気温は21.6℃。

年間を通して暑い気候の香港ですが、11月になると暑さも癒えて、やや涼しくなり始めます。

11月は香港では最も過ごしやすい時期で、天気のよい昼間の場合は25℃くらいになります。

また、早朝や夕方以降は20℃以下まで下がり、やや涼しく感じる日もあります。

気温だけに注目すると、香港はやっぱり暖かいんだなあと思ってしまいがちですが…、ちょっと注意も必要。

香港の年間の平均気温

(引用元: 香港の天気(気温/降水量)と気候|旅行時の服装と準備をCheck

グラフは香港の年間の平均気温を表しており、東京との比較を示しています。

香港は長い夏の時期と短い春と秋の季節の間に、僅かな期間の冬の時期があることが分かりますね。

年間を通してみると、東京よりも気温がかなり高いことがうかがえます。

香港の11月の気温と湿度

  • 最高気温:24.8℃ (+8.5℃)
  • 平均気温:21.6℃ (+9.5℃)
  • 最低気温:19.4℃ (+11.1℃)
  • 相対湿度:71% (-10%)

※(カッコ)内は東京との比較

香港の11月の気温の推移

香港の11月の気温の推移

香港の11月の気温の推移

香港の11月の上旬・中旬・下旬の最高気温と最低気温

下表は香港の11月の上旬、中旬、下旬の最高気温と最低気温です。

日本との違いが分かるように、(カッコ)内は東京との気温差を示しています。

香港最高気温最低気温
11月上旬24.6 (+6.4)19.7 (+9.4)
11月中旬23.4 (+7.2)18.4 (+10.1)
11月下旬22.3 (+7.8)17.3 (+10.9)
上旬・中旬・下旬の気温差

香港では11月の上旬と下旬では2度~3度程度しか気温差がないことが分かりますね。

最高気温と最低気温の気温差

香港では、最高気温と最低気温では5度ほど気温差があり、一日の内では昼間と朝晩での気温差は小さいことを示しています。

香港と東京の気温差

香港と東京を比べると、日中で6度~8度程度の気温差、朝晩は10度前後は気温が高くなり、香港の11月は温暖で、まだ初秋の季節そのものです。

香港の11月の服装

11月の香港では上着を着ると暑いの?半袖では寒いの?

11月の香港は一年で最も過ごしやすい時期ですので、観光にはおすすめの季節ですよ。

香港の11月の服装の目安

香港の11月は日本のような晩秋の寒さを感じないため、現地の香港人は半袖の人も多く目にしますが、長袖も持って行ったほうがよいでしょう。

昼間は天気が良い日は日差しが強く、20度を超えますので、とても過ごしやすい時期です。

ところが、朝晩はかなり涼しくなる日も多くなり始めます。

そのため、外出する時は、日中は暑くても、上着を持って出かけましょう。

例えば、ビクトリアピークという山の上や風が吹き抜ける海沿いへ観光に出かける場合は、体感温度は低く感じます。

そのため、夜景を見るために夜間に出かける時などは羽織ものを忘れずに持って出かけるようにしましょう。

半袖だけでは肌寒い日もあるかもしれませんので、重ね着できる長袖を着られるようにして、薄手のジャケットかカーディガンなどの上着があれば安心です。

11月の香港の気候に合った服装をまとめると、下記のようになります。

  1. 日本の初秋とほぼ同じ服装のイメージでOK
  2. 具体的には半袖Tシャツ+上着
  3. 夜間の外出は長袖+上着
  4. 上着は持ち運びがしやすく脱ぎ着がしやすいもの
  5. 日中と夕方以降の寒暖差に対応できる服がおすすめ

11月の香港旅行のコーデ

アウター

  • カーディガン
  • 薄手のパーカー
  • ウィンドブレーカー

トップス

  • Tシャツ
  • ポロシャツ
  • カットソー

ボトムス

  • ロングパンツ
  • ジーンズ
  • ワンピース

  • スニーカー
  • パンプス

その他

  • 帽子
  • サングラス
  • ストール

ちなみに、現地の香港人の男性の場合はTシャツにウィンドブレーカー、ジーンズとスニーカーという服装のスタイルをよく目にします。

11月の香港旅行の注意点

11月の香港旅行では雨は大丈夫なのかな?

グラフは香港の年間の降水量と東京との比較です。

(引用元: 香港の天気(気温/降水量)と気候|旅行時の服装と準備をCheck

  • 香港の11月の降水量:32mm/月

香港の11月の時期は一年の内でも最も降水量が少ない時期です。

雨の心配はあまりしなくてもよさそうですが、心配な方は折り畳み傘を1本持っていくとよいでしょう。

紫外線

11月の香港での紫外線は強いのかな?

WHOのガイドによると、紫外線量(UV)が6UV~7UVで紫外線が強いとされ、8UV以上で非常に強いレベルとされています。

11月の香港は雨の日が少なく、天気も良いため、日照時間が比較的長くなります。そのため、日中の紫外線も強くなる傾向にあります。

快晴の日は8UV以上になる日もあるため、紫外線対策にも注意を払いたいところです。

台風

香港では11月に台風が上陸することがあるのかな?

香港では台風のシーズンは6月~11月くらいまで可能性はあります。

ところが、11月に台風が接近したり上陸するようなことは少ないです。

そのため、11月の香港旅行で台風を心配する必要はなさそうです。

11月の行事と香港旅行

11月の香港で開催されるイベントや行事は下記の通りです。

  • アート・イン・ザ・パーク(渣打藝趣嘉年華):11月上旬、ビクトリア公園
  • ジャパン・ストリートカーニバル(日本秋祭):11月中旬、ランカイフォン
  • 香港ゲイパレード(香港同志遊行):11月中旬、ビクトリア公園など
  • ルミエール香港(LUMIERES HONHKONG):11月下旬~、中環など

このような比較的大きなイベントが開催される時期に香港を旅行される場合は、是非、足を運んでみてはいかがでしょうか?

逆に、大きなイベントがない時期に旅行をする場合は、ホテルや航空券などが予約しやすく、宿泊料金や飛行機代は比較的リーズナブルに旅行ができることでしょう。

香港旅行を11月するメリットは何と言っても過ごしやすい気候です。蒸し暑い香港の気候が苦手な方は寒くなく暑くない11月に香港旅行を予定してみてはいかがでしょうか?

ここまで、ご覧頂きありがとうございます。 最後に、海外旅行を予定している方へ向けてですが、持ち物の準備は進んでいますか? もし、まだ旅行の準備が終わっていないようでしたら… コンパクトに海外旅行で必要なものだけに絞って、持ち物リストを作ってみましたので、ご覧ください。

海外旅行の持ち物
海外旅行の際の機内持ち込み手荷物とスーツケース(受託手荷物)に分けて、必要なもの、持って行くと便利なもの、持って行かなくてもよいものを紹介します。海外旅行の準備で持っていくべきか迷わないように詳しく解説します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする