新竹の天気(気温/降水量)と気候|旅行時の服装と準備のポイント

新竹の気候と地理概要

  • 都市:台湾 新竹
  • 気候:温暖湿潤気候(Cfa)
  • 緯度:北緯24.48度
  • 経度:東経120.58度

新竹の天気(気温と降水量)

新竹の気温

  • 春:3月~5月
  • 夏:6月~9月
  • 秋:10月~11月
  • 冬:12月~2月

新竹は台湾島の北中部に位置し、夏の時期に降雨が多く高温多湿になり、冬の時期には大気は比較的乾燥し温暖な気候の温暖湿潤気候(ケッペン気候区分)です。

新竹の主な気候の特徴は、一年の季節は長い夏の時期と比較的短い冬の時期に区分され、夏期と冬期の間に非常に短い春と秋の時期があるため、日本のようにハッキリとした四季はありませんが台湾でも四季は存在します。

春先から夏期にはスコールのような豪雨になることが多く、短時間で集中して雨が降るのが降雨の特徴です。また、6月から10月頃までは台風シーズンになりますので、この時期に旅行を考えている場合は注意が必要でしょう。

新竹で一年の内で最も気温が高いのは7月と8月で平均最高気温は33度程度まで上がります。この時期は気温が非常に高い上に、雨季の時期特有の豪雨も多いため、非常に蒸し暑くなります。

新竹の一年の内で最も気温が低くなる時期は1月と2月ですが、平均最低気温は13度前後となり、気温は比較的高く冬でも温暖な気候です。ただし、シベリア寒気圧が南下して寒波が襲来した時には日本と同じくらい冷え込むことがあります。

新竹の降水量

新竹の年間の天気のまとめ

  • 一年で気温が最も高い時期は7月と8月で平均最高気温は33度前後と高い
  • 一年で気温が最も低い時期は1月で平均最低気温は13度程度と温暖
  • 日中の気温差は概ね6度~7度程度と日中と朝晩の日較差は小さい
  • 年間を通して最も降水量が多いのは5月~9月で夏期の台風シーズンと重なる
  • 10月から3月までは蒸し暑くなく温暖なため旅行ベストシーズン

新竹の気温と降水量の統計データ

 最高気温平均気温最低気温降水量
1月18.915.512.965
2月19.415.913.4142
3月21.417.915.2168
4月25.221.718.8164
5月28.624.921.8233
6月31.027.424.4261
7月32.929.025.7141
8月32.628.725.6182
9月31.027.124.1214
10月27.824.221.662
11月24.921.218.538
12月21.217.715.048

新竹への旅行前のチェックポイントと服装

新竹では年間を通して気温が高く、特に6月から9月は平均最高気温が31度以上になり、湿度も高いため、非常に蒸し暑く感じ、体感温度は高くなります。そのため、熱中症などには十分な注意が必要でしょう。

5月から10月までは雨季の時期に当たり、スコールによる豪雨となることが多いですので注意が必要です。台風シーズンは6月から10月頃まで続きます。

新竹を旅行する場合には、気温が高いだけではなく、天気が良い日は直射日光の日差しが非常に強いため、紫外線対策と日焼け対策は必須です。帽子、サングラス、日焼け止めクリームなど必要最低限の準備をして出発しましょう。

一般的に、新竹では6月から10月頃までは夏の服装で問題ありません。また、6月から8月くらいまでは非常に気温が高く、降雨の影響もあり蒸し暑いため、半袖とショートパンツが快適ですが、雨季には虫刺され対策にも注意しましょう。また、降雨が多い時期には履物は服ではなく、サンダルやビーチサンダルが便利です。

春から夏の時期に掛けては湿度が非常に高いため、汗をかきやすくなりますので、着替えを多めに持っていくことをお勧めします。12月から翌2月頃までは新竹では冬の時期になりますが、長袖シャツかパーカーが一枚あれば問題ないでしょう。ただし、寒波が上空を覆うような日はダウンジャケットが必要になります。(現地の台湾人は冬期は常にダウンジャケットを着ています。)

一般的には、新竹は温暖で降雨が少ない10月から3月までが観光旅行のベストシーズンだとされています。春と秋の時期は日中は温暖で暖かいものの朝晩は気温が少し下がることが多いですので、ジャケットやパーカーなどで体温調整をしましょう。また、寒波が襲来すると冷え込みますので、12月から2月頃までの冬の時期はダウンジャケットなどの上着を持っていくと安心です。

季節毎の服装のまとめ

春:3月~5月

  • 3月頃までは長袖シャツ
  • 基本的に4月以降は半袖シャツでOK
  • 朝晩は涼しい日もあるため長袖シャツが必要な日もある

夏:6月~9月

  • 半袖シャツで一枚でOK
  • 外出時は日差しが強いため日焼け防止に薄手の長袖シャツか日傘の用意も
  • 屋内や車内ははエアコンが強烈なため薄手のカーディガン等が有るとよい
  • 降雨が多いため履物はサンダルかビーチサンダルがよい

秋:10月~11月

  • 10月になっても晴天の日中は暖かく半袖でもOK
  • 11月になると長袖シャツが快適で、朝晩は薄手のジャケットなどがよい

冬:12月~2月

  • 現地の台湾人はダウンジャケットを着用している
  • 寒波が来た時にはマフラー、手袋、ニット帽などの防寒具が必要

ここまで、ご覧頂きありがとうございます。 最後に、海外旅行を予定している方へ向けてですが、持ち物の準備は進んでいますか? もし、まだ旅行の準備が終わっていないようでしたら… コンパクトに海外旅行で必要なものだけに絞って、持ち物リストを作ってみましたので、ご覧ください。

海外旅行の持ち物
海外旅行の際の機内持ち込み手荷物とスーツケース(受託手荷物)に分けて、必要なもの、持って行くと便利なもの、持って行かなくてもよいものを紹介します。海外旅行の準備で持っていくべきか迷わないように詳しく解説します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする