チュニジア(チュニス)の天気(気温/降水量)と気候|旅行時の服装と準備をCheck

チュニスの気候と地理概要

  • 都市:チュニジア共和国 チュニス
  • 気候:地中海性気候(Csa)
  • 緯度:北緯36.83度
  • 経度:東経10.23度
  • 高度:標高4m

チュニスの天気(気温と降水量)

チュニスの気温

  • 春:3月~5月
  • 夏:6月~9月
  • 秋:10月~11月
  • 冬:12月~2月

チュニスは福島県とほぼ同緯度にあたりますが、夏の時期は雨が少なく待機が乾燥し、冬の時期は降雨が多く温暖な地中海性気候です。チュニスは北アフリカ最北のチュニジアの首都で地中海沿岸部に位置しています。

地中海の温暖な海流の影響を受けて、夏は降雨が少なく待機が乾燥し、冬には降雨が多く、気温が比較的高い温暖な気候です。

チュニスの降水量

チュニスの年間の天気のまとめ

  • 一年で気温が最も高い時期は8月で平均最高気温は35度程度
  • 一年で気温が最も低い時期は1月と2月で平均最低気温は9度と温暖
  • チュニスは気温の年較差が小さく、夏は暑く冬は温暖冷涼なのが特徴
  • 気温の面で最も過ごしやすい時期は10月~翌5月の秋から春の時期
  • 降水量は夏は少なく、冬は多い。年間降水量は833mm
  • 真冬の時期(12月~2月)の気温は温暖で降水が比較的多い

チュニスの気温と降水量の統計データ

 最高気温平均気温最低気温降水量
1月17.111.89.058
2月16.912.28.550
3月19.214.010.141
4月22.816.612.937
5月26.620.415.926
6月31.024.519.613
7月34.527.622.75
8月34.628.223.18
9月30.825.221.246
10月26.921.618.051
11月21.916.713.258
12月17.813.19.775

チュニスへの旅行前のチェックポイントと服装

チュニスを旅行する場合、旅行に最適なベストシーズンは秋から春の温暖な時期ですが、観光客が最も多い時期は7月と8月です。

冬から春にかけての時期(12月~3月)は東京のように氷点下になるようなことはなく、年間を通して温暖な気候のため、冬でも軽装で快適に過ごすことができます。

冬の時期でもダウンジャケットが必要になるほど気温が下がることは少なく、薄手のジャケットで快適に過ごすことができます。

チュニスを旅行する場合の服装

3月~5月

チュニスの春の時期は3月~5月とされていますが、温暖冷涼な冬の時期からゆっくりと気温が上がり、快適に過ごすことができる季節です。この時期は長袖シャツに薄手のジャケットかパーカーが一枚あれば十分快適に過ごすことができます。

6月~9月

6月になると日中は暖かく感じられる日が多くなり、暑く感じられる日も多くなります。そのため、通常はTシャツ一枚でもよいくらいの暑さになります。チュニスでは7月と8月の夏の時期は非常に暑くなり35度を越す日も多くなり、降雨はほとんどないため回帰は乾燥しており、日陰に入れば比較的快適に過ごせます。

チュニスでは夏の時期は直射日光の日差しが強くなりますので、紫外線対策や日焼け対策が必要です。外出が多くなる場合は、帽子、サングラス、日焼け止めクリームなどの用意をして行くことをお勧めします。

10月~11月

チュニスでは9月になると少しづつ気温が下がり始め、特に10月になると日中の最低気温が20度を下回るため、涼しく感じることも多くなります。また同時に、9月頃からは降雨が多くなるため、体感温度は気温以上に涼しく感じることも多くなります。そのため、パーカーや薄手のジャケットを用意して行くと安心です。

この時期は日中と朝晩の寒暖差が体感温度として強く感じられる時期でありますので、体温調整がしやすい脱ぎ着がしやすい服が便利です。

12月~2月

チュニスは日本の東京よりも高い緯度に位置していますが、季節風や海流の影響で高い緯度の割には冬期でも気温が比較的高く、東京の春先や秋の季節と同じくらい温暖で過ごしやすい日が多くなります。

日によっては冷え込む時もありますので、冬期のチュニスへ旅行をする場合はコンパクトに折り畳みが出来るライトダウンジャケットを一着持っていけば十分でしょう。

ここまで、ご覧頂きありがとうございます。 最後に、海外旅行を予定している方へ向けてですが、持ち物の準備は進んでいますか? もし、まだ旅行の準備が終わっていないようでしたら… コンパクトに海外旅行で必要なものだけに絞って、持ち物リストを作ってみましたので、ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました