ラパス(ボリビア)の天気と気候(気温/降水量)|旅行の服装と準備をCheck

ラパスの気候と地理概要

  • 都市:ボリビア多民族国 ラパス
  • 気候:高山気候
  • 緯度:南緯16.30度
  • 経度:西経68.09度
  • 高度:標高3,593m

ラパスの天気(気温と降水量)

ラパスの気温

ラパスの降水量

ラパスの季節

ラパスはボリビア西部の山岳地帯に位置しています。ボリビアの首都は形式的にはスクレとされていますが、実質的な政治上の首都機能はラパスにあり、世界で最も標高が高い首都として知られています。

ラパスの気候は緯度が低いのに対して、標高が4,000m以上にもなるエリアもあり、季節に関係なく気温の年較差は小さく、5月~9月の間は最低気温が氷点下になり気温の日較差が大きくなるのが特徴です。

ラパスでは降雨は5月~9月にはほとんど雨が降らず、10月~3月頃までは一定の降水量が見られ、特に12月~2月までは降水量が比較的多くなります。

ラパスの年間の天気のまとめ

  • 最暖月最高気温:17.3度(11月)
  • 最寒月最低気温:-4度(7月)
  • 年間平均気温:7.9度
  • 年間降水量(mm/年):577mm
  • 降雨は夏季に比較的多く、冬季は非常に少ない

ラパスの気温と降水量の統計データ

 最高気温平均気温最低気温降水量
1月14.59.34.2112
2月14.49.34.2116
3月15.39.33.264
4月15.58.21.028
5月15.16.3-2.57
6月14.75.3-3.89
7月14.65.0-4.07
8月15.55.9-3.78
9月15.97.6-0.819
10月16.69.11.645
11月17.310.12.949
12月15.69.73.8113

ラパスへの旅行前のチェックポイントと服装

ラパスは緯度が低く内陸部の山間部の標高が高い場所に位置しているため、季節の変化に乏しく、大きく区分すると、5月~9月の冬季と10月~4月までの夏季に分けられます。

冬季は月別の平均最低気温が氷点下になり、降雨がほとんどないため乾燥した季節になります。一方、夏季は10月~4月までの時期とされますが、標高が高いため最高気温は最暖月(11月)でも17度程度までしか上がらず、最低気温も4度程度と低温なのが特徴です。

ラパスを旅行する場合の服装

年間を通して、ラパスと日本では南半球と北半球の違いにより季節は180度正反対になりますが、日本とは異なりラパスでは一年を通して四季の区別がほとんどありません。

また、ラパスでは緯度が低く標高が高いため、年間を通して直射日光の日差しが強くなりますので、紫外線対策や日焼け対策も必要でしょう。外出が多くなる場合は、帽子、サングラス、日焼け止めクリームなどの用意をして行くことをお勧めします。

冬季

緯度が低いため冬季でも、最高気温は15度程度まであがりますが、最低気温はマイナス4度程度まで下がりますので、気温の日較差が20度程度あることになります。

そのため、ラパスを旅行する場合は春・秋物の服装と冬物の防寒着が必要になります。この時期にラパスに行く場合はマフラー、ニット帽、手袋、冬物ブーツなどの防寒着が必要になります。

冬季以外の時期

上記の冬季以外の時期にラパスを旅行する場合は、比較過ごしやすい季節になります。この時期のラパスは最高気温が15度~17度程度と安定しており、特に11月~3月頃までは最低気温も氷点下になる日が少なくなりますので、冬物ジャケットやダウンジャケットなどの服装で対応できるでしょう。

ここまで、ご覧頂きありがとうございます。 最後に、海外旅行を予定している方へ向けてですが、持ち物の準備は進んでいますか? もし、まだ旅行の準備が終わっていないようでしたら… コンパクトに海外旅行で必要なものだけに絞って、持ち物リストを作ってみましたので、ご覧ください。

海外旅行の持ち物
海外旅行の際の機内持ち込み手荷物とスーツケース(受託手荷物)に分けて、必要なもの、持って行くと便利なもの、持って行かなくてもよいものを紹介します。海外旅行の準備で持っていくべきか迷わないように詳しく解説します。

シェアする

フォローする