ダーウィンの天気(気温/降水量)と気候|服装と旅行準備をCheck

ダーウィンの気候と地理概要

  • 都市:オーストラリア連邦 ダーウィン
  • 気候:サバナ気候(Aw)
  • 緯度:南緯12.42度
  • 経度:東経130.88度
  • 高度:標高31m

ダーウィンの天気(気温と降水量)

ダーウィンの気温

  • 雨季:10月~4月
  • 乾季:5月~9月

ダーウィンは南北の方向は反対になりますがバンコクとほぼ同緯度に当たり、季節は気温が高く降水量が多い雨季と気温が温暖で降水量が少ない乾季があり、ケッペン気候区分ではサバナ気候です。ダーウィンはオーストラリアの北部の準州ノーザンテリトリーの最北部のティモール海に面しています。

ダーウィンの気候の特徴は、雨季にはサイクロンと季節風により降雨量が非常に多くなり、平均最高気温は34度まで上がるため、蒸し暑くなります。乾季の時期には降雨が非常に少なくなり、気温が最も低くなる7月と8月でも平均最低気温は19度~20度と非常に温暖な気候です。

年間を通した降水量は1,789mmと多く、一般的にオーストラリア大陸は内陸が砂漠地帯のため大気が乾燥していますが、ダーウィンに関しては他都市とは異なり、湿度は乾季が40%から50%程度と非常に低く、雨季は60%~70%と少し高くなります。

ダーウィンの降水量

ダーウィンの年間の天気のまとめ

  • 一年で最も気温が高い時期は9月~12月で平均最高気温は32度~33度
  • 一年で最も気温が低い時期は6月~8月で平均最低気温は19度~20度
  • ダーウィンでは年間を通して気温が高いが雨季と乾季では降水が全く異なるのが特徴
  • ダーウィンは熱帯性気候ですが特に乾季の5月~9月は快適に過ごせます
  • 年間を通して降水量は多く、年間降水量は1,789mm
  • 気温が最も低い時期(12月~2月)でも19度を下回ることは少なく温暖

ダーウィンの気温と降水量の統計データ

 最高気温平均気温最低気温降水量
1月32.128.225.2450
2月31.928.025.0387
3月32.428.125.0311
4月33.128.224.1113
5月32.427.022.523
6月31.125.120.01
7月31.224.719.30
8月32.025.619.45
9月33.327.722.814
10月34.029.024.568
11月33.729.225.2138
12月32.928.825.4282

ダーウィンへの旅行前のチェックポイントと服装

ダーウィンでは一年中、気温が高いため、マリーンスポーツなどのアクティビティが目的の場合は、一年中が旅行シーズンと言えます。ただし、雨季にあたる10月~4月の時期は降水量が多くなります。

乾季の時期(6月~8月)でも暖かい気候のため、半袖シャツとショートパンツで快適に過ごすことができます。屋内はエアコンが強く効いている場合がありますので、長袖シャツやパーカーが一枚あれば安心でしょう。

ダーウィンを旅行する場合の服装

年間を通して、ダーウィンと日本では南半球と北半球の違いにより季節は180度正反対になります。ところが、ダーウィンでは一年を通して四季の区別はほとんどなく、雨季と乾季の違いだけしかありません。

年間を通して、日中は半袖シャツと短パンなどの風通しが良い服装であれば快適に過ごすことができます。

また、ダーウィンでは年間を通して直射日光の日差しが強くなりますので、紫外線対策や日焼け対策も必要でしょう。外出が多くなる場合は、帽子、サングラス、日焼け止めクリームなどの用意をして行くことをお勧めします。

雨季:11月~4月

雨季の時期は熱帯特有のスコールにより頻繁に豪雨になり、降雨量が非常に多くなります。また、熱帯気候のため気温が高く湿度も高くなります。そのため、汗をかくことが多くなりますので着替えを多めに持っていきましょう。雨の日が多くなりますので、履物は足元を気にしなくても良いように、靴よりもサンダルが便利です。

乾季:5月~10月

乾季の時期でも18度を下回るようなことは少なく、ごく稀に15度を下回るような日がありますので、長袖シャツかパーカーなどを持参しましょう。また屋内はエアコンがガンガン効いているため肌寒く感じますので、カーディガンなどの上着が一枚あると助かります。

ここまで、ご覧頂きありがとうございます。 最後に、海外旅行を予定している方へ向けてですが、持ち物の準備は進んでいますか? もし、まだ旅行の準備が終わっていないようでしたら… コンパクトに海外旅行で必要なものだけに絞って、持ち物リストを作ってみましたので、ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました