バミューダの天気(気温/降水量)と気候|旅行の服装と準備をCheck

バミューダの気候と地理概要

  • 都市:イギリス領バミューダ諸島 バミューダ
  • 気候:亜熱帯の海洋性気候
  • 緯度:北緯32.37度
  • 経度:西経64.67度
  • 高度:標高130m

バミューダの天気(気温と降水量)

バミューダの気温(最高/平均/最低)

バミューダの降水量(mm/月)

バミューダの季節

  • 春:4月~6月
  • 夏:7月~9月
  • 秋:10月~12月
  • 冬:1月~3月

バミューダ諸島はアメリカの東側の北大西洋にポツンと孤島のように位置しています。バミューダは英領とされていますが一つの国のように自治権が強い島国のようなものです。

バミューダの気候の特徴は南国の島でありながら、ハッキリとした四季はありませんが、年間を通して季節の区別があります。

各季節の特徴は北大西洋の南からの海流と季節風に強く影響し、年間を通して降雨が比較的多く、気温の年較差は小さいのが特徴です。

バミューダの年間の天気のまとめ

  • 一年で最も暑い時期は7月~8月で月別平均最高気温は30度程度
  • 一年で気温が最も低い時期は1月~3月で月別平均最低気温は15度~16度程度
  • 北大西洋の海流とで気温の年較差が小さく、気温が高いのが特徴
  • 年間を通して旅行シーズンと言えるが夏季は雨が比較的多い
  • 降雨は夏季の7月~9月が最も多く、年間降水量は1,424mm

バミューダの気温と降水量の統計データ

 最高気温平均気温最低気温降水量
1月20.718.516.1118
2月20.117.915.4134
3月20.618.316.0102
4月21.819.617.664
5月23.821.719.865
6月26.924.622.6112
7月29.427.125.0116
8月29.727.525.2167
9月28.826.624.4187
10月26.624.622.5173
11月23.421.519.399
12月21.719.717.491

バミューダへの旅行前のチェックポイントと服装

基本的に、バミューダの季節には、日本の冬に相当する寒冷な季節がないため、一年中どの時期でも春から夏のような季節が続きます。ただし、1月から3月までは冬季とされており、一年の中でも最も気温が下がり、温暖冷涼な時期になります。

そして、バミューダでは緯度が低くて直射日光が非常に強いため、外出時間が長くなる場合は紫外線対策や日焼け対策が必要です。薄手の長袖シャツや帽子などで首や腕を日焼けから守りましょう。肌が弱い方などは日焼け止めクリームなどを利用すると良いでしょう。

バミューダを旅行する場合の服装

6月~10月

6月~10月頃までは気温が少し高くなり、月別平均最高気温は30度程度で夏の季節になります。日本の季節に例えると夏の時期に相当する気候にあたります。この時期にはしばしば熱帯低気圧やハリケーンが発生し大雨をもたらすこともありますので注意しましょう。

この時期は半袖とハーフパンツあるいはショートパンツなど風通しの良い服装が快適でしょう。気温の日較差も小さいため日中と朝晩の寒暖差も小さいですが、沿岸では風が強いこともあるためウィンドブレーカーか薄手のパーカーなどが一着あれば十分でしょう。

上述した通り、直射日光は非常に強くなります。そのため、紫外線対策や日焼け対策として、薄手の長袖シャツや帽子などを使用して、出来るだけ皮膚へのダメージを抑えるように工夫しましょう。

  • トップス:Tシャツ、タンクトップ、半袖シャツ、半袖ポロシャツ
  • ボトムス:ハーフパンツ、ショートパンツ
  • その他:帽子、サングラス、ビーチサンダル、日焼け止め

11月~5月

11月から5月頃までは比較的温暖冷涼な時期になります。この時期は非常にマイルドな気機構になるため、快適に過ごすことが出来るでしょう。

服装は日本の春頃の装いで問題ないでしょう。つまり、長袖シャツや長袖Tシャツ一枚でも快適に過ごせます。

  • アウター:長袖シャツ、薄手パーカー、ウィンドブレーカー
  • トップス:Tシャツ、タンクトップ、半袖シャツ、半袖ポロシャツ
  • ボトムス:コットンパンツ、麻ロングパンツ
  • その他:帽子、サングラス、ビーチサンダル、日焼け止め

ここまで、ご覧頂きありがとうございます。 最後に、海外旅行を予定している方へ向けてですが、持ち物の準備は進んでいますか? もし、まだ旅行の準備が終わっていないようでしたら… コンパクトに海外旅行で必要なものだけに絞って、持ち物リストを作ってみましたので、ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました